FC2ブログ

広告の勧誘

 こんにちは。


 いつもありがとうございます。


 昨日は、創刊40年というファッション雑誌の編集の方からお電話を頂きました。


 専属モデルを務められた方が、次々と女優となり活躍されてる有名な雑誌です。


 名前を聞けば、知らない人はいないかも・・・・。


 そんな雑誌が、なぜ?????


 鳥取・島根の素敵なサロンを紹介したい・・・・・・とのこと。



 益々、???????。


 入口は、



 「ホームページを拝見して・・・・。」


 
 というところから始まり、色々褒めて頂きました・・・・。


 が・・・・・。


 「○○(雑誌の名前)に紹介されたということになれば、大いに集客に効果があると思います。○○に出たことを、店のウリとして今後使って頂けます・・・・・。」


 と、段々熱く熱く語られ・・・・。



 礼儀正しく、喋り方も折り目正しく上手で、嫌な感じはしませんでした。(途中までは!)



 が、


 そのうち費用の話になり・・・。


 「今回は、広告ではなく、企画記事とのタイアップということで、普段よりずっとお安くさせて頂けるんです。全国区の有名雑誌だと、1ページ数百万というのが通常ですが、今回は1/8ページ数十万円からご用意しています。」


 こんな小さなサロンで、全国区の雑誌に広告出すメリットって?????


 何より、(掲載されると)店のネームバリューになると力説されたのが、どうも納得いきませんでした。



 紹介記事なので、雑誌から白羽の矢がたったかのような見せかけですが、所詮、広告です。



 今までも、タウン誌等で、そういうのがたくさんありました。



 掲載された店舗の前に、「○○に掲載されました!」などと、大きく掲示されてるのを滑稽だと思って見てました。



 広告出したら、自慢する?



 広告出したら、凄い?




 どうもその価値観が・・・・・・。



 というわけで、


 「そういうことを吹聴することで価値が有るような振る舞いをするのを、今までも由としてこなかったので、それはこれからも変わりません。わたくし共は、全国区の雑誌にふさわしいサロンとも思えませんので、もっとそれにふさわしいサロン?を紹介してあげてください。」



 と、丁重にお断りしました。



 広告も大切ですが、私のような小さなサロンでは広告に大きなお金を使うより、一人一人のお客様に最大限行き届くようなサービスで、信頼関係を積み重ねていくことのほうが大切だと考えています。


 
 こういうお電話を頂いたことで、考え、振り返り、自分に向き合い、自分の考えを再確認出来たかもしれません(笑)。



 何一つ、無駄な経験は無いって、事ですね(^_-)-☆。



 今日も最後まで読んで下さって、ありがとうございます。



 またのお越しを、お待ちしています。





コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Aromain

Author:Aromain
ようこそ、Aromainのブログへ。
鳥取県米子市で、「一年中、元気で笑顔のお手伝い!」をモットーに活動しているアロマセラピストです。。
大地のエネルギー=クレイテラピー、植物の力=アロマテラピー、植物の魂=イドロラテラピーのほか、クラニオセイクラルセラピーのお手当ても取り入れたトリートメントをしています。
おひとりお一人の「今」に向き合い、寄り添うことを大切にしています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード