FC2ブログ

手をつなぐスキンシップ

 こんにちは。


 いつも、ご訪問ありがとうございます。


 私、最近、母のアロマトリートメントをしていません。


 理由は、色々ですが・・・・。


 それでも、不安な様子もなく


 「こんなふうに、生活出来てるって幸せだと思う・・・。」


 というのです。


 もちろん、母のケアを全くやっていないわけではありません。


 私の休みの日は、ほとんど毎週外へ連れ出して買い物や食事、たまには美術館やとっとり花回廊に足を伸ばしたり、温泉にお泊りしたり・・・・しています。


 昨年の夏から、左足の変形性膝関節症で杖をつくようになりました。


 膝の状態は、良くなったり悪くなったりを繰りかしながらも、まずまず平穏な日々を過ごしています。


 クレイのケアを始めてからも、様々な方法を試してきました。


 実は、ここ数週間は、1日2回の湿布と足浴を、週に1回しています。


 午前中、母を迎えに行った時に、クレイペーストを厚く塗って、ガーゼを被せて外出。


 外出から帰ったら、湿布を外します。


 それから、二人でしばしお茶の時間です。


 少し休んだ後で、クレイの足浴。


 その後、再びクレイの分厚い湿布です。


 お風呂に入る前か、寝る前か、とにかく湿布が乾かないうちに外すようにだけ伝えて、私は帰ります。


 以前は、足浴のあと、アロマトリートメントをしていたんですが、最近は夕暮れも早くなったのと、高齢になった母が何事にも時間がかかるようになり、私の時間の都合もあって・・・・。


 ですが、母は幸せだと言います。


 なんでだろう・・・と考えてみると、ひとつだけ思い当たることがあります。


 外出時に、よく母と手をつなぐようになりました。


 初めは、気恥ずかしいような不思議な感じでした。


 転倒予防が目的の介助ですが、手をつなぐことがスキンシップになっているような気がします。


 そういえば、私は小さかった頃、母と手をつなごうとして断られたことが、大人になってからも埋め尽くせないような心の傷になっていました。


 母と手をつなごうとすると


 「もう、大きいんだから一人で歩けるでしょ!」


 あの時の私は、歩くために手をつなぎたかったわけではなく、母のぬくもりを感じていたかったのだと思います。


 今、私が母と手をつなぐのは転倒予防だと思っていますが、母の中では温もりを感じる時間でもあるのかも・・・・と、ふと思うのです。



 手をつないだり、抱きしめたり・・・・。



 それは、心と心が通い合う大切なスキンシップなのです。



 今日も、最後まで読んで下さってありがとうございます。



 

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Aromain

Author:Aromain
ようこそ、Aromainのブログへ。
鳥取県米子市で、「一年中、元気で笑顔のお手伝い!」をモットーに活動しているアロマセラピストです。。
大地のエネルギー=クレイテラピー、植物の力=アロマテラピー、植物の魂=イドロラテラピーのほか、クラニオセイクラルセラピーのお手当ても取り入れたトリートメントをしています。
おひとりお一人の「今」に向き合い、寄り添うことを大切にしています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード