FC2ブログ

イラクサ(刺草)の生命力!

 こんにちは。


 お元気ですか?


 ハーブのお勉強をされた方ならご存知のネトル。


 学名は、Urtica dioica、和名は西洋イラクサ。


 フラボノイドや葉緑素、ビタミンやミネラルを豊富に含むハーブとして知られ、アレルギー疾患の体質改善に用いられ、とりわけ春先には「春季療法」で、注目されることの多いハーブですね。



 日頃から、なるべくフレッシュハーブに触れるよう心がけてはいますが、実際に生のものを見たことがないものは多いですね。



 実は、先日、アロマフランスのドミニック先生のところに伺った時・・・。



 先生が、その日の朝、畑から摘んでこられたというネトルが、ザルに広げてありました。



 午後、そのネトルで先生がフレッシュハーブティーを入れて下さり、初めてのネトルのフレッシュハーブティーの香りや、色、味わいに感動したのですが・・・。



 「欲しい人、持って帰ってもイイよ!」の声に、数人が手を挙げられました。


 「先生、これって挿し木でつきませんか?」


 の質問。


 「つくと思うよ。ペパーミントみたいに、根茎の匍匐でどんどん増えるから・・・。ネトルは強いよ!」


 と、先生。



 それにしても、さすがに米子までもって帰るには無理だと思いました。その時点で、帰宅時間まで5時間以上・・・。


 私は、無理・・・って顔をしてたんでしょうか?


 次の瞬間、先生と目が合って、「牧田さん、持って帰らない?大丈夫!ネトルは強いよ!」



 と、枯れ草一歩手前のようなネトルを、ティッシュにくるんで手渡されました。


 和名でイラクサ(刺草)というように、小さなトゲが葉っぱにも茎にも生えていて、直接手で触ると痛いので・・・ということで、それを更にハンカチで包んでバッグの中へ・・・。


 帰宅した頃には、押し花の2日目・・・のような姿。


 とても、復活するとは思えない姿でしたが、せっかく頂いたので水に挿しておきました。



 すると・・・・。



 NCM_0275-1.jpg



 1週間後には、新しい芽まで見えてきました。




先生が、あの日、トゲが刺さって手が痛いとおっしゃっていたのに、ついうっかり触ったら・・・。



 痛っ☆⌒(>。≪)・・・。




 さすが!ネトルの生命力、恐るべし・・・。



 根はまだ出てきていないので挿し木をするには至っていませんが、当分は水を換えながら観察です。





 

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Aromain

Author:Aromain
ようこそ、Aromainのブログへ。
鳥取県米子市で、「一年中、元気で笑顔のお手伝い!」をモットーに活動しているアロマセラピストです。。
大地のエネルギー=クレイテラピー、植物の力=アロマテラピー、植物の魂=イドロラテラピーのほか、クラニオセイクラルセラピーのお手当ても取り入れたトリートメントをしています。
おひとりお一人の「今」に向き合い、寄り添うことを大切にしています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード