FC2ブログ

小学生のためのアロマテラピー

 5月は、「母と子のハンドマッサージ教室」を企画しました。ホームページと、店頭に貼った小さなチラシだけの告知でしたが、ご参加いただいた皆様に感謝です。

 アロマテラピーという言葉は知られるようになりましたが、どんな風に暮らしに取り入れたらいいのか、あるいは、それらを取り扱っているお店は増えたけど、そこで質問に答えてくれるようなスタッフが少ない・・・というのは、全国的な課題のようです。全国展開しているような大手のショップでも、そういうことはよくあります。私も、こういうお店のスタッフなら、質問に答えてくれる・・・と思い、質問したことがあります。ところが、大慌て!お店の奥から分厚い事典?を持ってきて、汗を拭き拭き調べ始め、「申し訳ありません。ここに、こういう風に書いてあります・・・。」とのこと。
 その時は、いじめるつもりでもなんでもなかったのに、こんなに慌てさせて申し訳なかったと、反省しました。本に書いてある程度の一般論は、大雑把には知っていました。でも、実際に・・・のところが、知りたかったんです。そんな事はありませんか?

 だから、体験って大切だと思うんです。「母と子のハンドマッサージ教室」の時もそうでしたが、実際に、香りを嗅いでみると、それまでとは表情が一変して、興味を示す子どもたち。
その表情は、イキイキしていました。以前にも、小学生を対象にした、セミナーをしたことがあるんですが、香りをきっかけに、子どもたちの表情はどんどん変わっていきます。

 日本アロマ環境協会では、現代の子どもたちに、自然の香りを楽しむという感覚的経験を提供し、人と自然のつながり、人への優しさ、癒し癒されることの大切さなどを伝えることを目的に、香りの教育=「香育」を広める活動として、スクール・エデュケーション・プロジェクトの制度を設けています。全国の、小学校・中学校・高等学校で、さまざまな活動が繰り広げられています。

 その活動には、AEAJ認定アロマテラピーインストラクターであることが、必須ですから、数人のインストラクターが集まらなければ、ひとクラス20人~30人のセミナーは難しいのです。実際に、関った人の話を聞いたことがありますが、10程度のインストラクターで企画・準備・・・と、まさに、プロジェクト!でした。

 だから、できない・・・というのは、私の性分にあいません。一度に大勢を相手にすることが出来なくても、やれることはあると思います。その第一段が、「母と子のハンドマッサージ教室」でした。

 さてさて、次は・・・。父の日をちょっとだけ意識して、「パパとお風呂にはいろう!」が、テーマです。
どんな香りのお風呂に入ったら、パパは喜んでくれるだろうか?そんな事をイメージするだけでも、優しい気持ちになりませんか?そして、それを共有できたら・・・。

 6月の、第1・2・3日曜日の10時から、「発泡バスソルト作り」をします。参加料は材料費として、500円頂きますが、少人数制ですので、早めのご予約をおススメします。
詳しくは、ホームページと店頭で・・・。
プロフィール

Aromain

Author:Aromain
ようこそ、Aromainのブログへ。
鳥取県米子市で、「一年中、元気で笑顔のお手伝い!」をモットーに活動しているアロマセラピストです。。
大地のエネルギー=クレイテラピー、植物の力=アロマテラピー、植物の魂=イドロラテラピーのほか、クラニオセイクラルセラピーのお手当ても取り入れたトリートメントをしています。
おひとりお一人の「今」に向き合い、寄り添うことを大切にしています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード