FC2ブログ

高原の風に溶け込む

 こんにちは。




 ご訪問、ありがとうございます。




Aromain(アロマイン)牧田聡江です。





 先日、蒜山ハーブガーデン・ハービルさんから津黒高原へ向かいました。




 この日の一番の目的は、津黒高原で奥野先生の草木染講座に参加すること。





 心配とは裏腹に迷うことなく、予定の時間に滑り込み。





 この日の草木染は、先生がご用意くださった3種の植物です。


 まずは、桐(キリ科)。最後に、実が出てきました。


       IMG_20200708_130354.jpg 

 染液を作るため、ハサミで小さくカットしていきます。

       IMG_20200708_130357.jpg

 次に、赤麻(イラクサ科)。イラクサ科なのでネトルをイメージしますが、とても柔らかくて棘毛もなく、扱いやすかったですよ。

       IMG_20200708_130432.jpg

 赤麻は、私が担当でした。後で、他の鍋を見たらもっとザックリ切ってありました(笑)。濃く染まってほしい思いが、強かったのでしょうか!?

       IMG_20200708_130413.jpg


 そして、水目(カバノキ科)

       IMG_20200708_130455.jpg


 ほとんど、葉っぱがカットされず、枝から離しただけのような状態ですね。もう少し、細かくしたほうが良いかも。どうやら、初めての方だったようです。

       IMG_20200708_130459.jpg


 今回は、染めたいものを持参された方が多く、しかも初めてだったり、2~3回目という方たちでした。





 米子の教室では、絞りにも、染めにも細部までこだわってされる先輩ばかりだったので、絞りなどの準備の時間がワクワクする楽しい時間でした。




 今回は、チョット違いました。





 何だかイメージがまとまらないまま、見切り発車になってしまいました ・ ・ ・ 。




 どんな仕上がりになるのでしょう?




 アベノマスクをお持ちになった方。



 着古したパーカーをお持ちになった方。




 生成りのカフェカーテンをお持ちになった方。



 そして、手拭いやストールなど、それぞれの思いを染めました。





 私は、麻のストールと小さめのトートバッグを染めました。




 草木染の工程は、



 まず、染めたいものを水洗いして、水分をしっかり絞ってから



 染液(15分)→水洗い→媒染(15分)→水洗い→染液(5分)→水洗い→媒染(5分)→水洗い


      IMG_20200708_142907.jpg





 の順に作業を進めていきますが、ひとつのものを違う媒染にすると、更に工程は長くなります。




 私は、ストールは桐で染めて、銅媒染にしました。




 トートバッグは、赤麻で染めて、アルミ媒染と鉄媒染でコントラストを付けました。



 出来上がったものを広げて、テラスに干します。


       00000PORTRAIT_00000_BURST20200708153056071.jpg  


       00100lrPORTRAIT_00100_BURST20200708153104297_COVER.jpg


 緑の風を含んで揺れる作品が、周囲の景色に溶け込んで、何とも言えない風景です。





 高原の風が、最後の仕上げしているような、そこにいてそれを見ているだけで癒される時間でした。





 こういうロケーションでしてこその草木染なのだとも思いました。






  今日も、最後までお読みくださり、ありがとうございました。






  💛心から感謝💛








    

テーマ : 幸せに生きる
ジャンル : 心と身体

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Aromain

Author:Aromain
ようこそ、Aromainのブログへ。
鳥取県米子市で、「一年中、元気で笑顔のお手伝い!」をモットーに活動しているアロマセラピストです。。
大地のエネルギー=クレイテラピー、植物の力=アロマテラピー、植物の魂=イドロラテラピーのほか、クラニオセイクラルセラピーのお手当ても取り入れたトリートメントをしています。
おひとりお一人の「今」に向き合い、寄り添うことを大切にしています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード