FC2ブログ

姿勢がかわれば笑顔がこぼれる

こんにちは。



いつも、ご訪問頂きありがとうございます。



鳥取県米子市で、アロマテラピー、クレイテラピー、クラニオセイクラルセラピー(頭蓋仙骨療法)をお伝えしていますAromain(アロマイン)牧田聡江です。




先日、久しぶりに85歳の女性が、ご家族に連れられていらっしゃいました。




この春、認知症の方のための施設に移られたんですが、夏にお会いした時はまだまだ足も達者で、表情も豊かでしたし、言葉も多かったように思います。



ところが今回、一人で歩くのが難しいほどに足取りが弱弱しくなって、無表情でで言葉も少ない状態で驚きました。




今回は、クレイ足浴&ハンドトリートメントをさせて頂きました。




足浴中は横に立って、肩から背中、腕にかけて優しくゆっくり撫でて、特に背骨に意識して触っていきました。




「あ~、気持ちいいわねぇ。あ~気持ちいいわぁ~。 ・ ・ ・ ・。」



すると不思議!



それまでは背中が丸く前かがみだったのが、ぐんぐん背筋が伸びて座った姿もシャンとした感じ。



そして、




「何だか、泳ぎたくなっちゃった!泳げそうな気がしてきたわ!」




と、先ほどまでの無表情から一変、キラキラ笑顔です。




その後、ハンドトリートメントをさせて頂くと




「あぁ~、気持ちいいわねぇ。あぁ~。わぁ~。」



と、私の手の動きに連動して「気持ち良い。」の連発。




どんどんリラックスされて、目を閉じて気持ち良さを味わう様子。




そのうち、気持ちよくてとろけそう ・ ・ ・ (笑)。




たとえ店を出たら今のこの時間を忘れるかもしれないけど、それでもこの時間を感じることが大切だと思うとおっしゃるご家族とともに、関わらせて頂いています。




年齢とともに耳が遠くなると、言葉によるコミュニケーションがどんどん少なくなって、「イエス」か「ノー」の」確認がほとんどになってしまいます。




認知症状が進むと、言葉の数が減って意思表示が難しくなったり、理解できることが少なくなって言葉によるコミュニケーションが難しくなっていきます。




たとえそうなっても、皮膚からの感覚は心と心のコミュニケーションができます。




「自分は大切にされている」という感覚、感じられたらそれは自己を肯定し生きる力になると思います。





温かくてやわらかい手で優しく優しく、ゆっくり撫でられるだけで、言葉以上に伝えられることがあるんじゃないでしょうか。




皮膚感覚と心の関係は、国籍、性別、年齢を超えて、動物としての最も基本のコミュニケーションです。




日々、こういう経験の中でそれを実感しています。




そして、無表情から一変するキラキラ笑顔に、励まされたりもします。





「大切にされている」と、感じて頂けることを、心の中心で私自身も感じながら日々奮闘中です。







今日も、最後までお読みくださり、ありがとうございました。





💛心より感謝💛











テーマ : 癒し・ヒーリング
ジャンル : 心と身体

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Aromain

Author:Aromain
ようこそ、Aromainのブログへ。
鳥取県米子市で、「一年中、元気で笑顔のお手伝い!」をモットーに活動しているアロマセラピストです。。
大地のエネルギー=クレイテラピー、植物の力=アロマテラピー、植物の魂=イドロラテラピーのほか、クラニオセイクラルセラピーのお手当ても取り入れたトリートメントをしています。
おひとりお一人の「今」に向き合い、寄り添うことを大切にしています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード