FC2ブログ

ローズクリーム作りへ、どうぞ♪

こんにちは。



ご訪問、ありがとうございます。


Aromain(アロマイン)アロマセラピストの牧田聡江です。



秋深まる今日この頃、お肌の乾燥は気になっていませんか?



トリートメントのお客様全般的に、皆様、お肌が乾燥していますよ。



特に、ボディは顕著です。



さてさて、お顔のケアは毎日していても、やっぱりこの季節はカサカサしてきていませんか?



メイクのノリが悪かったり、小じわが目立つような気がしたり、何となく老け顔になったり ・ ・ ・ 。



そういう季節ですよね――――――(笑)。




というお客様から、



「今年は、ローズクリーム作り、まだですか?」




というお声を頂きながら、なかなか日程調整がうまくいかず、ご迷惑をおかけしておりました。



近くなってからのご案内で恐縮ですが、11月25日(日)と、12月8日(土)の2回、開催させて頂きます。




初めてご覧になった方には、なんの事やら・ ・ ・ かもしれませんが ・ ・ ・ 。






当サロンでは、「生の椿油」を、アロマトリートメントのキャリアオイルとして導入したのを機に、店頭販売も始めました。



使用感といい、保湿力といい、今までに出会ったことのないような高品質で、初めて使った時の衝撃は、今も忘れられません。



以来、ベビーマッサージや日常のスキンケアに、また美容オイルとして、幅広い世代の方々にお使い頂いております。




アトピーでお悩みだったお子様からは、「治った!」、あるいは薬を使わなくて良くなったという嬉しい報告を頂いています。



きっかけは、このオイルをもっとたくさんの方に知って頂きたいという思いで始めたのが、ローズクリーム作りのワークショップです。




冬になると、オイルだけではチョット物足りないという声もあって、ローズウォーターもローズの香りも、生の椿油と合わせて作った贅沢なクリームです。




生の椿油は、国産ヤブツバキの種を加熱せずに搾って、高分子濾過装置でろ過した、非加熱精製のトランス脂肪酸を含まないオイルです。




ローズウォーターは、アロマフランス社製で、まさしく「植物の魂」というにふさわしい贅沢なローズウォーターです。



そして、ローズクリームというからには、ローズの精油。



こちらも、ローズ・オットーを贅沢に。




このローズクリームが無いと、冬が越せないと何個も作られる方、必ず2個作って、大切な方にプレゼントされる方など様々です。



詳しくはこちらを、どうぞ。





準備の都合で、当日参加はお受けできませんので、ご希望の方はお早めにお申し込みください。




店内がローズの香りに包まれて、それはそれは幸せな時間です。



ご一緒出来るのを、楽しみにお待ちしております。






今日も、最後までお読みくださり、ありがとうございました。




♡心から感謝♡ 






テーマ : アロマテラピー
ジャンル : 心と身体

クレイでうがい♪

こんにちは。


ご訪問、ありがとうございます。


Aromain(アロマイン)牧田聡江です。



秋も深まり、寒暖差が大きくなって、体調を崩している方が多くなって気ましね。



私のまわりでも、4~5日寝込んだという方もありました。


風邪気味という方は、結構いらっしゃいます。


喉が痛い。


咳が出る。


先日、そんな方に、クレイのうがいをご紹介しました。


最初は、「??????」な反応でしたが、途中から試してみようと思われたのか、具体的な質問に変わり ・ ・ ・ 。



「うがいするなら、どのクレイ!?」


先ずは、


「ホワイトカオリナイトを、コップ1杯の水にスプーン半分くらいで ・ ・ ・ 。」


と言ったら


「ホワイトが、手元にない!チューブは、ダメ?」



そうそう、チューブがあれば、チューブでもOK!


むしろ、こちらの方が使いやすいかも ・ ・ ・ 。



ということに



そして、2~3日後



「騙されたと思ってやったクレイのうがい、効果てきめんだった!」



とのこと。



これは、便利!




喉が痛い、イガイガする、そんな時も、クレイチューブがあると便利ですね。



持ち歩きが出来るので、外出先でのうがいや、手洗いにも気軽に使えますしね。


   aromafrance_tube (6)



一家に1本、クレイチューブ!(笑)




おススメです。





今日も、最後までお読みくださり、ありがとうございました。



♡心から感謝♡







テーマ : 美容と健康
ジャンル : 心と身体

呼吸を意識する!

こんにちは。



ご訪問ありがとうございます。



Aromain(アロマイン)アロマセラピストの牧田聡江です。



最近、「呼吸を意識する!」というアドバイスを、全くちがうところで受けました。


初めは、先月の大山登山。



レスキュー隊員3人、救命救急のお医者様一人を含むメンバー7人での登山でした。


その中で、私が最年長(笑)で、最も体力のない存在。


考えてみれば、こういう皆さんと一緒に登れること自体凄い事なんですけどね。


登り始めて30~40分経った頃でしょうか、



「牧田さん、息を吐けるだけ吐いて!吐く息に意識してみて!しっかり吐けると、自然にしっかり吸えますから!」



レスキュー隊員で隊長のNさんから、こんなふうに、声をかけてもらいました。


なるほど!



はぁはぁ息が上がっていたのがウソのように、楽になりました。


そのうち、また呼吸が浅くなり、はぁはぁ ・ ・ ・ しながら、時々、呼吸を意識しては整えるというのを繰り返しながらの登山でした。



呼吸を意識するだけで、身体がこんなにも違うのを実感したのは、初めてかもしれません。




次は、倉敷市真備町に、お手当てボランティアに行った時の事です。


当日は、ボランティアのあと、クラニオセイクラルセラピーのおさらい会にも参加しました。


今までもそうでしたが、お手当てをする時、相手を見るよりも自分を感じる事が大切で、よく「内観」という事が言われます。



お手当てで、相手を何とかしてあげるのではないのです。



静かに、自分がニュートラルの状態にあるのか?


頭で考えて何とかしようとしていないか?


身体に、緊張はないか?


リラックスしたやわらかい手で、お手当てできているか?


そうしたことをふまえてのおさらい会でしたが、最後にみんなで座禅をしました。


その時、やはり呼吸に意識を向けることの大切さを、Umiのいえの齋藤光洋先生(皆さんからは、みっちゃんと呼ばれ親しまれています)から話して頂きました。



何事も呼吸が大切とは言いますが、呼吸にだけ意識を向けた座禅の時間は、今までに経験したことのないような心身ともに浄化されていくような不思議な感じがしました。



違う言葉でいえば、瞑想なのかもしれませんが、呼吸に意識を向けて、頭の中が無になる感じです。


そして  ・ ・ ・ 。



最近、ジム通いがしんどいな~と思う日もあり、チョット気分を変えてプールで歩いてみることにしました。



10何年振りのプールです。



最初は足がフラフラして水に身体を持っていかれそうになったり、ぷかぷか水の中でジャンプするようなウォーキングになったりで、海藻のようにゆらゆらした感じでした。




そんな時、ふと思いだし、吐けるだけ吐いて吸う、そして呼吸に意識を向けてみる ・ ・ ・ と ・ ・ ・ ・ 。



足の裏が、プールの底をとらえて、体重移動ができることに気が付きました。



スゴイ!!




呼吸に意識を向けると、こんなにも違うんだという、三重奏(笑)です。




例えば、頭が痛いとかイライラした時、くよくよ考え事をしてしまう時、なかなか眠れない夜など、ゆっくりと息を吐き、吐けるだけ吐いて吸う。



ただその呼吸だけに意識を向けてみてください。




いろんな発見があると思いますよ。




是非、お試しあれ!!





きょうも、最後までお読みくださり、ありがとうございました。



♡心から感謝♡







テーマ : 心と体にいいことはじめよう!
ジャンル : 心と身体

映画「あん」

こんにちは。


ご訪問、ありがとうございます。



Aromain(アロマイン)アロマセラピストの牧田聡江です。



昨日は、定休日。


朝から母を美容院に連れて行って、それから食事をして、お買い物をして、その足で紅葉が見ごろの大山へ。


平日にもかかわらず、人手が多く、見どころスポット鍵掛峠の駐車場やその周辺には、たくさんの車が止まっていて、結局、車を止めることなく、車中からの紅葉狩りとなりました。


この世のものと思えないほどの見事な紅葉を、母と一緒に堪能し、実家に母を送って、やっと自由の身になった夕方。


映画「あん」を、観ることに。



今年9月に亡くなった、樹木希林さん主演の映画です。



一年に一度も映画館に行かない年もあるのに、今年は、樹木さんの映画をこれで4本観ました。


「万引き家族」


「モリのいる場所」

「日々是好日」

「あん」


「あん」は、2015年の映画ですが、その時には観ていませんでした。



直接お会いしたことはありませんが、ずっと、樹木さんの演技もお人柄も、好きでした。



どの作品も、「くすっ!」っと、笑いを誘ったり、じわ~っと、胸が熱くなったり、飄々としたセリフのなかに深い悲しみや苦しみがこめられていて、セリフにならない独特の空気感と間に、心揺さぶられる思いで観ていました。



「あん」は、ハンセン病患者の隔離政策による人権問題を、声高に社会を批判するというのではなく、日常の中で起きてしまう差別意識とか、生きる意味を見失うような出来事の中で、生きることの意味をさりげなく問いかける映画でした。



徳江さんが樹木さんで、樹木さんが徳江さんのようで、役という感じがしませんでした。



現実と非現実が交錯して、映画が終わると、スクリーンの前に樹木さんがいらっしゃるような気にもなりました。



樹木さんの追悼番組の中で、実際に、徳江さんのモデルになられた方に、樹木さんは一人で会いに行かれたことが紹介されていたのを思い出しました。




生きることの意味。



信念と誇りを持って、生きる。



なにかにならなくても、なにかになれなくても、生きる意味がある。



満開の桜を始め風景の映像が美しく、音の表現が細やかでリアル、そしてエンディングの曲「水彩の月」が、素晴らしく良かった!



映画「あん」、鑑賞できて本当に良かったです。



まだご覧になっていない方、お勧めです。



きょうも、最後までお読みくださり、ありがとうございました。



♡心から感謝♡





テーマ : 生きること
ジャンル : 心と身体

プロフィール

Aromain

Author:Aromain
ようこそ、Aromainのブログへ。
鳥取県米子市で、「一年中、元気で笑顔のお手伝い!」をモットーに活動しているアロマセラピストです。。
大地のエネルギー=クレイテラピー、植物の力=アロマテラピー、植物の魂=イドロラテラピーのほか、クラニオセイクラルセラピーのお手当ても取り入れたトリートメントをしています。
おひとりお一人の「今」に向き合い、寄り添うことを大切にしています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード