FC2ブログ

アロマハンドセラピスト講座、次回は1月

こんにちは。


ご訪問、ありがとうございます。



Aromain(アロマイン)アロマセラピストの牧田聡江です。



今日は、アロマハンドセラピスト講座を、午後からびっしり ・ ・ ・ 行いました。



1日コースなので、13時から18時までです。



安来市から、小学生と中学生のお子さんがいらっしゃる方がお越しくださいり、みっちり個人レッスンでした。



講座を始める前に



子どもたちにやってあげたい!



そして、いつの日かアロマハンドセラピストとして ・ ・ ・ 家族以外の人にもしてあげられるようになりたい。


どうせやるなら、ちゃんと習いたいと思って ・ ・ ・ 。


身体の事をもっと知って、どこをどうやれば何にイイとか  ・ ・ ・ 。



と、抱負を語って頂きました。



せっかく意気込みを語って頂きましたが、アロマハンドトリートメントは、誰かを何とかしてあげるとか、ましてや治してあげるとかではなく、あくまでもリラクセーションが目的だという大前提をお話しするところから始まりました。



セラピストが、受け手の人を何とかしてあげるといった、上から目線ではありません。



丁寧に、大切に接する皮膚と皮膚とのコミュニケーションであり、香り成分が身体に入ることでリフレッシュやリラクセーションへといざないます。




セラピストと受け手の関係は、いつも対等です。



対等であるからこそ、お互いのエネルギーが循環し、心地よさがリラクセーションをもたらすのです。



アロマトリートメントを体験された方は特に、ご自身が施術を受けた時、あまりにもスムーズにトリートメントが進むので、ハンドトリートメントくらい簡単に出来ると思って受講されることが多いのですが ・ ・ ・ 。



やってみると、意外に四苦八苦されます(苦笑)。



イメージ通りにならないレッスンを繰り返す中で、最初にお話したことが少しずつ理解へと身体に入っていくのを感じます。



一方、受ける側になると、うっとりされますよ(笑)。



このギャップが、モチベーションになって、うまくいかないところを何度も何度も繰り返し、習得して持ち帰りたいという強い意志が感じられ、私の方も、ついつい熱がこもります(笑)。



今日も、熱のこもったレッスンが続きました。



情熱あふれるアロマハンドセラピストの誕生が、楽しみです。




次回は、2019年1月に開催を予定しています。



今日も、最後までお読みくださり、ありがとうございました。




♡心から感謝♡






テーマ : 心と体にいいことはじめよう!
ジャンル : 心と身体

お手当てボランティア

こんにちは。


ご訪問、ありがとうございます。


Aromain(アロマイン)アロマセラピストの牧田聡江です。



先日、7月の豪雨で大水害に見舞われた倉敷市真備町に、クラニオセイクラルセラピーのお手当てボランティアで伺いました。



現地で子育て支援などの活動をされているjamurの皆様のご厚意と、ご準備下さる方からの声掛けで、私も参加させて頂きました。



被災地に入るというだけで、緊張と不安が入りまじり、「本当に、私が行っていいのだろうか!?」



行きの道中、自問自答を繰り返していましたが、



到着後、まず、jamurの方から



「被災された方同士だと、無事で良かったね~とか、頑張ろうね!という会話までしか出来なくて、本音の部分を吐き出せないんですよね。外部の人には、ポロっと、話せることもあると思いますので ・ ・ ・ 。」



というお話を伺いました。



間もなく、事前に予約されていた方々が、次々と会場の公民館にいらっしゃいました。



限られた時間(2時間)のなかで、二人一組で3組に分かれ、16名の方のお手当てをさせて頂きました。



全く感情がブロックされた表情の方、周りの事が気になって落ち着かない方もありました。



私が関わった方の中で、ご高齢のお母様とケアマネージャーさんと一緒に来られていた方がありました。



彼女は、お手当てが終わり目を開くとみるみる目がうるんで、拭っても拭っても涙があふれてきました。



起き上がって座っても、涙、涙、涙 ・ ・ ・ 。



私も隣に座って、彼女の背中をさすりながら、ゆっくりと話を聴きました。



「私なんか、大変な方じゃないのに ・ ・ ・、全然、大変な方じゃないのに ・ ・ ・ 。」



と、言いながら涙が止まりませんでした。



そして、ポツリポツリとお母様の事やお子さんの事など話し始められました。



お母様と意思の疎通が取れにくくなってきている事、今日初めてお母様がショートステイから帰ってこられた事、中学生の息子さんがお婆ちゃんの事でイライラする事、障害のあるお子さんがお兄ちゃんのイライラでビクビクすることなどなど。



不安と心細さで張り裂けそうな胸の内を、聞いているうちに泣きそうになり、かける言葉がなかなか見つかりませんでした。




もっと、ゆっくりお話を聴けたらという思いはありましたが、次の方のお手当てもあり、一緒に参加した助産師さんにリレーをし、その後、その方は他の子育て中のママさんたちとのお茶会に合流されたようでした。



お手当てがすべて終わり、隣のお茶会スペースに行くと、先程の女性が少し晴れやかな表情になっておしゃべりされていて、何だかホッとしました。



お茶会の輪からちょっと離れたところでポツンと座っておられたおばあ様(彼女のお母様)に、声をかけてみました。



ご自身は、数年前から脳の病気で一人暮らしが出来なくなり、娘さんのところでお世話になっているとおっしゃっていましたが、かくしゃくとした様子で、声もしっかり出ていて話されていることもよく理解できます。



意思の疎通が難しくなったとおっしゃっていたのがウソのような印象でしたが、コレもまた症状の特徴なのでしょうね。



やはり、そういう状態は長くは続きません。



初めての人に話す時とかは、調子が一時的に良くなって別人のようになるんですよね。



その後は、同じことをずっと繰り返しお話になっていました。



ご自身の年齢も、私には80歳を過ぎていると思うとおっしゃっていましたが、別の人には94歳だとおっしゃっていたそうです。




一人一人が大切な家族で、かけがえのない存在でありながら、それぞれの抱えるものをまとめながら日常を作っていく作業は、被災された方にとって、どれだけのことかと胸が詰まる思いです。




元の暮らしに戻れるのか、戻れるとしても、それはまだまだ問題山積で、先の見えないことがいっぱいだと思います。



だからこそ、心を寄せて寄り添う活動を続けていかなければいけないと、強く思いました。




今回は、横浜、姫路、倉敷、津山、鏡野町(岡山県)、米子から総勢7人で伺いましたが、全員、「この活動は継続していこう!」という気持ちが一つになって終えることが出来ました。



全員での写真は取れませんでした ・ ・ ・ 。私も撮っていませんが(笑)。

DSC_0534.jpg




そして、お手当てをしている時も、その場を準備して下さった方々やお手当て後のお茶会の様子、片づけの共同作業などすべての中で、「自分はどうなのか!?」と、心揺さぶられることがたくさんありました。



また、折に触れて、書いていこうと思います。




今日も、最後までお読みくださり、ありがとうございました。




♡心から感謝♡





テーマ : 癒し
ジャンル : 心と身体

たくさんのメッセージに感謝!

こんにちは。


ご訪問、ありがとうございます。



Aromain(アロマイン)アロマセラピストの牧田聡江です。



今日は、誕生日。



年齢は、ご想像にお任せします(笑)。



今日は、朝から、たくさんの方からお祝いのメッセージを頂戴し、感謝の気持ちでいっぱいです。


今までの自分を振り返り、今の自分に何が出来るのかを問い、これから何が出来るのか、何をどうしたいのか ・ ・ ・ 考える一日になりました。



そして



楽しく、自然体で、無理をしない。



肩の力を抜いて、自分の信じた道を進む ・ ・ ・。




自分を大切にする生き方を心がけたいと思います。



いつも支えて下さっている方、遠くからエールを送って下さる方、静かに見守って下さっている方 ・ ・ ・ 。



皆様のお蔭で、今日があることに、あらためて心から感謝です。




今後とも、どうぞよろしくお願いします。






最後までお読みくださり、ありがとうございました。




♡心から感謝♡










テーマ : ありがとう
ジャンル : 心と身体

チーク材のスパチュラ

こんにちは。



ご訪問、ありがとうございます。



Aromain(アロマイン)アロマフランス認定クレイプロフ®(講師)牧田聡江です。



クレイペーストを塗る時、今までずっと気になりながら使っていた竹製のスパチュラ。



竹製はイイのですが、気になっていたのは「ウレタン仕上げ」とか「ウレタン塗装」という部分。



表面が、ウレタンでコーティングされていて、クレイと石油製品が触れる事になるので、ずっと気になっていました。




そして、使っているうちに、先の方からコーティングが剥げて竹がむき出しになってくるのです。




モヤモヤした気持ちを抱えながら使っていたのですが、どこかで仕方がないと思っていたのかもしれません。




ところが、先日、出会ったチーク材のスパチュラ。



しかも、オリーブオイル仕上げ。


   DSC_0525.jpg



さっそく使ってみると、グリップを握った感じも、ペーストを塗り広げる感触も、外す時の感覚も、イイ感じです。



竹製のものより、グリップは木の温もりが感じられ、ヘラの部分はやや薄く、硬く、よりダイレクトに伝わってくる感覚が、自分の手先のように感じられ、上々の使い心地です。




洗って乾かしたら、オイルを塗ってお手入れをするのも、何だか自分の身体の一部のようで、愛おしく思えてきます。




気になっていたことがクリアになって、使い心地も、より自分の身体の一部のように感じられて、クレイパックが、今まで以上に楽しみです。




思いがけないところで、素敵な相棒に出会えた休日でした。









今日も、最後までお読みくださり、ありがとうございました。



♡心から感謝♡






テーマ : ひとりごと
ジャンル : 心と身体

極楽♪極楽♪

こんにちは。


ご訪問、ありがとうございます。



Aromain(アロマイン)アロマセラピストの牧田聡江です。



この夏、初めてマタニティでいらしたお客様が、



「産休にはいったら、またゆっくり来たいです。」



と、おっしゃっていました。



そして、先日、産休にはいったから ・ ・ ・ と、ご来店くださいました。



初めての出産。



高齢出産。



不安がないと言ったら、ウソになります。



お腹も、日ごとに大きくなり、日常生活も大変になってきていました。



寝ていても、「この姿勢は大丈夫!」というのがなく、あっちを向いたりこっちを向いたり ・ ・ ・ 。



背中や腰が張ったり、痛かったり ・ ・ ・ 。



赤ちゃんを待つ楽しみや嬉しさとは裏腹に、出産前の身体はXdayを待つばかりですが、トリートメントを始めるとそれまでの緊張がほどけるように静かな寝息となりました。



お腹のトリートメントを始めると、赤ちゃんは元気よく動きだす ・ ・ ・ いつものパターンで、ママをリラクセーションから現実へ。



それでも、最後にデコルテにホットタオルをのせていると、ふぅ~っと、リラクセーションへ。




施術ルームから出て来られての第一声は、




「極楽♪極楽♪(笑)」



でした。




いつお産が始まってもおかしくない時期をひかえ、極楽のトリートメントだったようです。




お腹の赤ちゃんと共に、深いリラクセーションで繋がるマタニティアロマ。




間もなく出会えるお二人にとって、かけがえのない時間だったのではないでしょうか!?




出会えた時の感動が、より大きく、幸せなモノになりますように♡。







きょうも、最後までお読みくださり、ありがとうございました。




♡心から感謝♡










テーマ : アロマテラピー
ジャンル : 心と身体

プロフィール

Aromain

Author:Aromain
ようこそ、Aromainのブログへ。
鳥取県米子市で、「一年中、元気で笑顔のお手伝い!」をモットーに活動しているアロマセラピストです。。
大地のエネルギー=クレイテラピー、植物の力=アロマテラピー、植物の魂=イドロラテラピーのほか、クラニオセイクラルセラピーのお手当ても取り入れたトリートメントをしています。
おひとりお一人の「今」に向き合い、寄り添うことを大切にしています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード