FC2ブログ

心と身体のバランス

こんにちは。



ご訪問、ありがとうございます。



Aromain(アロマイン)アロマセラピストの牧田聡江です。



酷暑が続いた夏から急に肌寒い朝を迎えたり、日中は30度前後の夏の気温になったりと、体調管理が難しい時期ですね。



人の身体は、そうした機構の変化にも敏感に影響をうけますね。



どんよりとした曇り空や雨が続くと、気分もスッキリしない感じ、よくありますね。




お客様の中には、



「自律神経が弱い。」


とか



「うつっぽい感じになる。」



といった言い方をされる方もありますが、うつっぽい感じとか自律神経が弱い感じとは、いったいどんな状態なのでしょうか?



症状として訴えられるのは、肩や首、背中、腰のコリや痛み、頭痛、便秘、不眠、くいしばり、咳、目の疲れ ・ ・ ・ などなど。



病院で検査を受けてもどこも悪くないと言われるけれども、いっこうに症状が改善されず。



次は、「自律神経失調症」とか「うつ病」という診断 ・ ・ ・ 。



こういう経験されている方、想像以上に多くて驚きます。



痛いところを何とかすることにばかり気を取られず、元々の身体の流れに戻すことを考えましょう。



大抵の場合、そういった状態になる前(数か月の場合もあれば数十年の場合もあるとおもいますが)、自分の感情を抑え込む状態が続いていることが多いですよ。



感情を抑え込むと、身体のどこかしらの筋肉が緊張します。



感情を抑え込む筋肉により、たとえば、目から上の部分、目の下から顎にかけて、首・肩、胸・背中、おなか・腰、骨盤部、脚や腕といった具合で、現れる症状は違います。




さてさて、うつ病や自律神経失調症の人のほとんどは、頭蓋骨がゆがむことで、頭蓋骨の呼吸のような動きが悪くなっていることがわかっています。



頭蓋骨は、肺呼吸をするように膨らんだり元に戻ったりすることによって、脳脊髄液の循環させています。



頭蓋骨は、硬膜を通じて骨盤の真ん中の骨、「仙骨」にも付いていて、頭蓋骨と仙骨が共同して動いて脳脊髄液を循環させているんですね。



このため、頭蓋骨のゆがみだけでなく、骨盤のゆがみが影響することもあります。



いずれにしても、脳脊髄液が循環されなければ、脳脊髄液は古くなり、よどんでしまい、脳の機能が低下していき、脳神経の機能も低下します。



頭蓋骨のゆがみは、左右の顔の違いなどとして現れることも多いので、施術の時は注意深く観察しています。



チョット長くなりましたが、Aromainスペシャル(Aコース、Bコース、フェイシャルコース)は、クレイテラピー&アロマテラピー&クラニオセイクラルセラピー(頭蓋仙骨療法)とすることで、カラダに溜まったゴミをクレイで掃除して、アロマトリートメントで血液やリンパの流れを促し、優しいタッチングで身体全体で自分が大切にされる感覚を味わい、精油の香りで気分を変え、クラニオのお手当てで脳脊髄液の流れを整える ・ ・ ・ というわけです。



そして、ココロとカラダがゆるんだ状態で、でてくる言葉こそが、感情を解放させるとても大切なのだだと考えています。



時間の許す限り、お話を聴くスタイルで、おひとりお一人を大切にする、私の流儀です。




ちょっと、大げさですが(笑)。







きょうも、最後までお読みくださり、ありがとうございました。




♡心から感謝♡





テーマ : 癒し・ヒーリング
ジャンル : 心と身体

プロフィール

Aromain

Author:Aromain
ようこそ、Aromainのブログへ。
鳥取県米子市で、「一年中、元気で笑顔のお手伝い!」をモットーに活動しているアロマセラピストです。。
大地のエネルギー=クレイテラピー、植物の力=アロマテラピー、植物の魂=イドロラテラピーのほか、クラニオセイクラルセラピーのお手当ても取り入れたトリートメントをしています。
おひとりお一人の「今」に向き合い、寄り添うことを大切にしています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード