FC2ブログ

春の野草で草木染

こんにちは。



ご訪問、ありがとうございます。



ここ数年、ずっとやりたいと思っていた草木染。



先日、やっと願いがかなって、体験してきました。



草木染に秘められた科学も、とても興味深い事のひとつで、ワクワクしながら出かけました。




今回は、まだまだ柔らかな蓬(ヨモギ)と、セイヨウナバナ(菜の花)の2種。



全くの初めてで、何をどうすればよいのか手順も分からないまま(初体験は私のみ)始まり、見よう見まねで植物を小さくカットするところから始まりました。



大きな鍋に、ヨモギ(または菜の花)がふんわりいっぱいになる位の量を、カットして入れていきました。



それにひたひたになる位の水を入れて、火にかけます。中火くらいで煮ていきます。



染料液が出来るまでの間に、染めたい布に、模様を施す作業をします。



その間、先生は染料液の様子を見ながら、こちらの作業にもアドバイスを下さいます。



色々な素材がありましたが、私は手ぬぐいを染めることにしました。



模様付けには、ユニークな材料が準備されていて、それだけでも楽しくなりました。



洗濯バサミ(アルミ製・プラスチック製)、ビー玉、輪ゴム、割りばし、ビニール紐など。



アルミの洗濯バサミは、子供の頃にあった懐かしいモノで、こんなもので?という感じでした。



それぞれの使い方でこんな模様が出来る・・・・・といった説明を聞いた後は、創作の時間(笑)です。



先輩方のされるのをチラチラ見ながらの作業。



これが、楽しくて楽しくて・・・・・・。



特に、ビー玉と輪ゴムを使った絞り模様は、時間いっぱいまで熱中してやりました。



だいたいこのタイミングで染料液の方も出来上がり、ザルで濾して大鍋に戻して火にかけ、ココに準備した布を入れてユラユラ混ぜながら約15分。



キレイな色に染まってきたところで、一度水洗いして、媒染液につけて、ユラユラむらなく染まるように15分。



更に、先ほどの作業をもう一度。


最後に、模様付けに使用したものを外して、水洗いして、出来上がり。



濡れている時は、もっと色鮮やかでしたが、先生や先輩方がおっしゃっていたように、乾かしてみないと本当の色は分からない・・・・というか、乾いたら色が薄くなるのでした。



ちょっと、残念。



これが、私の作品です。



左がヨモギ。アルミの洗濯バサミで模様を付けました。右が菜の花。ビー玉と輪ゴムで丸い絞り。ラインはビニールひもで縛りました。

   DSC_0881.jpg


ビー玉の絞りが楽しくて楽しくて時間いっぱいやったので、外す時は大変でした。結局、外す時も時間いっぱいかかってしまいました(笑)。



想像以上の出来に大満足!



「楽しかった~!」



と、大喜びの私に、



「楽しさが伝わってくるような作品ですね。細かく工夫して絞りをされただけあって、イイのが出来ましたね。」




と、言って頂きました。(先生、褒め上手!)




草木染。




心躍る楽しみに出会い、癒されました。




植物の恵みに、感謝です。







最後までお読みくださって、ありがとうございました。




♡心から感謝♡




テーマ : 癒し・ヒーリング
ジャンル : 心と身体

プロフィール

Aromain

Author:Aromain
ようこそ、Aromainのブログへ。
鳥取県米子市で、「一年中、元気で笑顔のお手伝い!」をモットーに活動しているアロマセラピストです。。
大地のエネルギー=クレイテラピー、植物の力=アロマテラピー、植物の魂=イドロラテラピーのほか、クラニオセイクラルセラピーのお手当ても取り入れたトリートメントをしています。
おひとりお一人の「今」に向き合い、寄り添うことを大切にしています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード