FC2ブログ

癒しのローズウォーター♡

こんにちは。



ご訪問、ありがとうございます。



Aromain(アロマイン)アロマセラピストの牧田聡江です。


連休前半、いかがお過ごしですか?



良いお天気が続きましたから、各地のイベントなどはにぎわったんでしょうね。。



一方で、鳥取県では、大気汚染物質PM2.5の濃度が環境基準値をこえるという注意喚起もされていました。


アレルギーなどのある方には、ちょっと心配なこともあったかもしれませんね。



サロンには、年度初めの環境変化などでお疲れの方が



「とにかく、疲れています・・・・。」



と、やっとたどり着いたようにいらしたり・・・・。



ゴールデンウィーク後半のためにエネルギーチャージだったり・・・・・。


以前は、前者のような感じで来られることの多かった方が、今年に入ってからアロマフランス社製のローズウォーターを使い始められたところ・・・・。



「すごくイイ!」



と、後者でいらっしゃいました。



化粧水として使うのはもちろんの事、スプレー容器に入れて常に持ち歩くように・・・・。




すると、「チョット、いやだな。」というところに行っても、自分の顔の周りにシュッシュっと、スプレーをするだけで楽になるんだそうです。




仕事帰りにも、車の中にシュッシュとすれば、疲れも吹っ飛んで夕食の支度も億劫じゃなくなるとか・・・・。




「とにかく、すっごくイイですよ。」



と、話される表情がはつらつとされていて、聞きながら嬉しくなりました。




ローズウォーターには、清涼作用、抗菌作用、抗痙攣作用、抗不安作用、神経強壮作用などのほか、ホルモンバランスを整えたり食欲を調節したり、多幸感を与えたり、気持ちを穏やかにする作用や特性があります。



乾燥肌の収斂や強壮、皮膚アレルギーの緩和、湿疹や目の炎症、赤ちゃんのケアにも使えます。




そんなローズウォーターですが、どれも同じではありません。



あえてアロマフランス社製と、書いたのには意味があります。



多くの場合、ハーブウォーターは精油を抽出した時の副産物扱いですが、アロマフランス社製のローズウォーター(アロマフランス社製のハーブウォーターは全て)、ハーブウォーターのためだけに蒸留されています。



そして、アロマテラピーのテキストなどにも、ほとんどの場合、ハーブウォーターは精油抽出時の副産物とされています。



実際に、蒸留されている業者さんも精油の抽出に主眼をおいた蒸留をされているところがほとんどです。



そうすると、より多くの精油を抽出するために高温や高圧力を加えることになり、ハーブウォーターの品質は二の次となるわけです。



ハーブウォーターのためだけに蒸留するということは、植物にストレスがかからないように細心の注意を払い、植物の魂を頂くという事なのです。



欲張ることなく、1kgの植物から抽出するハーブウォ―ターは1kg。



常に、1:1なので、一般に出回っているものに比べると濃度も純度も違うのです。



添加物もなければ、精油を入れて香りを調整したりもしていません。




だからこそ、人の心にも身体にもす~っと、浸み込むように働きかけてくれるのだと思います。




癒しのローズウォーター、ゴールデンウィークも大活躍です。




最後までお読みくださって、ありがとうございました。




♡心から感謝♡



テーマ : 癒し・ヒーリング
ジャンル : 心と身体

ゴールデンウィーク

こんにちは。



ご訪問、ありがとうございます。



Aromain(アロマイン)アロマセラピストの牧田聡江です。



いよいよゴールデンウィークに入りましたね。



今日は、どんなふうにお過ごしになりましたか?



そして、5月6日までの間、どのようにお過ごしになりますか?



もちろん、お仕事の方もあるでしょうし、5月6日以降にお休みをずらされるという方もあるでしょうね。



私は、前半は平常通りに営業、後半は5月3日の定休日に続いて5日までお休みを頂く予定です。



勝手を言いますが、よろしくお願いします。




充電してまいります(笑)!?




というより、ゴールデンウィークの雰囲気を体感しようかな・・・・と、思います。






皆様も、素敵な時間をお過ごしくださいね。




営業日のご予約には、未だ余裕がありますので、お気軽にお問合せ下さいませ。



お待ちしております。







最後までお読みくださって、ありがとうございました。




♡心から感謝♡








大切な日の前にトリートメント♡

こんにちは。


Aromain(アロマイン)アロマセラピストの牧田聡江です。



大切な日の前にトリートメント・・・・・・。



と言えば、どんな日が思い浮かびますか?



以前、何度かご紹介しましたが、体外受精の受精卵を母体に移植する前日に、トリートメントに来られた方の事が、最初に思い出されます。



2009年のオープン以来、5人の方が見事妊娠され、4名の方がめでたく出産されました。



そして、今現在、妊娠中の方がおひとりいらっしゃいます。



初めていらした時の大粒の涙も、プレッシャーに押しつぶされそうな身体の緊張も、少し前を向いて表情が明るくなられた時の覚悟を秘めたような笑顔も、時々、鮮明に思い出します。



妊娠が分かった時、赤ちゃん誕生の時、それぞれのタイミングで知らせて頂いた瞬間の感動は、胸がふるえました。



他にも、大切な.日・・・・・・色々ありますよね。




結婚式や入学式や卒業式などもそうですね。



そんななか、ちょっと照れくさそうに60歳を前にしたお客様から



「私、ドレスアップしてお祝いをするの・・・・。」



と、いわれ、??????と、なった私。



よくよく聞けば、還暦を前に、ドレス姿の写真撮影を予定されているのだとか・・・・。



結婚出産、子育て、子どもの結婚、出産などを見守り、親の介護をしながらの仕事も間もなく定年という節目に、自分のキレイな姿を残したいと思い、決められたそうです。




私は知らなかったのですが、最近では結婚式を挙げられなかった40代、50代の方たちが、ウエディングドレス姿の撮影をされる方がふえているんだとか。



ドレス合わせの時のスナップ写真を見せて頂きましたが、とっても素敵でした。



そして、いよいよ本番を控え、トリートメントにいらして下さったというのです。



こういう時に思い出して、来て頂けるってイイな~と、思いました。



大切な日は、人それぞれ。



平凡な日常の一日一日も、大切な日。



自分を大切にする時間を、アロマトリートメント・・・・・・って、素敵だと思いませんか?



心も身体も軽やかに、柔らかな笑顔を取り戻しましょう!



ゴールデンウィークを思いっきり楽しむためにも、是非、どうぞ。






ご予約、お待ちしております。(メニューは、こちら





最後までお読みくださって、ありがとうございました。





♡心から感謝♡



テーマ : 心と身体のケアを大切に!
ジャンル : 心と身体

牡丹が咲きました!

こんにちは。



Aromain(アロマイン)アロマセラピストの牧田聡江です。



昨年訪れた牡丹園の帰り、駐車場に向かう途中で、牡丹農家さんのテントが並ぶ前を通りがかりました。


時季は、牡丹の花が終わって、芍薬が見ごろの頃でした。



当然、並んでいるのは花のない牡丹の苗。


花がある時に比べれば破格のお値段ですが、1年後に花を咲かせる自信などあるわけもなく、結局、花を見ることなく枯らしてしまう予感が頭の中を占めます。


そんな私の心を見透かすように



「大丈夫!牡丹は、ほったらかしでイイから。」



と、いわれても信じられません。



あの大輪の豪華な花を想像すれば、ほったらかしで咲くなんて考えられません。



しかも、猛暑の夏、水を切らせばそれで終わり・・・です。


と、牡丹なんてとても手が出せないという私に、今度は


「人助けだと思って・・・・。今日、まだ1つも売れてないから、頼むから、お願いだから・・・・・。」


と、懇願され、その場を動けなくなり、しぶしぶ2鉢購入。



ついでに、独自ブレンドの肥料というのも一緒に勧められて・・・・(笑)。



何度も何度も、水が切れてくた~っとなりながら、何とか春を迎えました、


蕾が付いたのを発見してから、開花までの間、風が吹けば倒れて蕾が折れてはいけないと思い、気が付かないうちに開花して雨に合わせてはいけないと思い、結構気をもみました(笑)。


そして、やっと開花しました。

DSCPDC_0003.jpg


苗に針金でくくりつけてあった花の写真は、真っ白でしたが、咲いてみたらうっすらピンク。



ふんわり、いい香りがします。




期待外れのような、コレで良かったような・・・・・。



何はともあれ、無事に花を咲かせてくれた事に感謝です。



ちなみに、牡丹と芍薬は、いずれもボタン科で花もよく似ていますが、牡丹は木、芍薬は草です。




余談ですが、美しい女性を形容する言葉に



「立てば芍薬 座れば牡丹 歩く姿は百合の花」




というのがありますが、元々は生薬の使い方を例えたもののようです。


◆立てば芍薬=イライラ気がたった女性のこと。鎮静鎮痛作用のある芍薬(の根)を使った薬が適している。

◆座れば牡丹=座ってばかりいて血行が悪くなっている(お血症状の)女性。お血症状の改善には牡丹(の根皮)が適している。

◆歩く姿は百合の花=ナヨナヨ歩く様子をさし、心身症のような状態。精神安定剤的な効果があると言われる百合根が適している。


ということですが、これらの生薬は女性向けの漢方薬によく配合されています。



以前、製薬会社の植物園を見学した時に聞いた話です。






長々と、最後までお読みくださって、ありがとうございました。




♡心から感謝♡


テーマ : 小さな幸せ
ジャンル : 心と身体

困った時に出来ることがある幸せ♡

こんにちは。


ご訪問、ありがとうございます。


Aromain(アロマイン)アロマセラピストの牧田聡江です。



ご本人の施術はもとより、お子さんのケアにも携わらせて頂いている長いお付き合いのお客様・・・・。


メディカルハーブ、アロマテラピー、クレイテラピーの講座も受講され、ご家族のためのケアも実践されている方です。



先日、単身赴任中のご主人が帰宅されるや否や



「疲れた~。目も疲れて調子が悪い。アロマで何とかして~。」


と、身を投げ出され、朝からクレイのフェイシャルパック、その後アロマフェイシャルトリートメント・・・・・・。



「強くしているわけでもないのに、やたら「痛い!」と言われ、声だけ聴いていたら虐待してるみたいでした(笑)。」



と、ご来店の折におっしゃっていました。



しかも、ご来店になったのは、ご主人がお使いのミツロウクリームが無くなったからという事で、生の椿油を購入するためでした。



単身赴任先での体調不良も、疲労の蓄積も、自宅に帰れば何とかしてもらえると思って頑張られた事、そして、帰るや否や身を投げ出されたのも、それまでに積み上げられたホームケアで実感されてきた手ごたえがあってのことだと思います。



何か困った時、出来ることがあれば不安に振り回されることなく、落ち着いて対処できます。



様子を見ながら、クレイを使ったり、アロマを使ったり・・・・・。



日常のセルフケアに、ミツロウクリームをご主人が愛用されるほどの浸透ぶりも素敵です。



素敵なホームセラピストの奮闘ぶりに、幸せのおすそ分けを頂いた気分です。







資格を取得してプロになる気はないという方も、ご自身やご家族の健康管理のために必要な知識や技術を身に付けられると、チョットしたことで不安になったり慌てたりすることが少なくなると思います。




暮らしを、豊かに健やかにするスキルは、生涯お役に立つと思います。(各種講座は、こちら)



フレッシュスタートの春、何か始めようとお考えの方、まずは心と身体のバランスを整え、健康の維持・増進に役立つセルフケアを学びませんか?お気軽にお問い合わせくださいね。



お待ちしています。







最後までお読みくださって、ありがとうございました。




♡心から感謝♡









テーマ : 心と体にいいことはじめよう!
ジャンル : 心と身体

プロフィール

Aromain

Author:Aromain
ようこそ、Aromainのブログへ。
鳥取県米子市で、「一年中、元気で笑顔のお手伝い!」をモットーに活動しているアロマセラピストです。。
大地のエネルギー=クレイテラピー、植物の力=アロマテラピー、植物の魂=イドロラテラピーのほか、クラニオセイクラルセラピーのお手当ても取り入れたトリートメントをしています。
おひとりお一人の「今」に向き合い、寄り添うことを大切にしています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード