FC2ブログ

香りの効用

こんにちは。


ご訪問、ありがとうございます。


鳥取県米子市で、サロン&スクールAromain(アロマイン)を運営しています、アロマセラピストの牧田聡江です。


アロマテラピーの講座では、必ず香りが身体の中に入っていく経路についてお話します。


香りのメカニズム・・・その経路は大きく分けて二つ。嗅覚刺激として脳に伝わるルートと、皮膚などから身体へ伝わるルート。



図解の状態で頭に浮かんで来る方も、多いかもしれませんね・・・・。



先日、出張アロマでお邪魔した時、何時になく職員さんに厳しい表情で、大きな声で何やら抗議されていました?!



いきさつは分かりませんが、職員さんも困惑気味・・・・。


私は、そばで準備をしながら、精油をティッシュに垂らして、いつものようにお渡ししました。


すると、ティッシュを鼻に押し当てて、クンクン!


あっという間に、いつもの穏やかな表情になられ、先ほどのやり取りが嘘のよう・・・・・に、一件落着。


その後、足浴中もよくおしゃべりされて、ご機嫌でした。


トリートメント中は、目を閉じてその感触を味わうように・・・。



香りって、こんなにもさっと、気分を変えてくれるんだ・・・・と、今さらながら、やっぱりアロマっていいな・・・・と、思いました。



が、その数日前、香り、いえ、臭いによるとんでもない経験をしました。



あまり経験のない夜行バスに乗ったのですが、それが予想外にも満席なのもあって、バスの中は、柔軟剤の臭いで息苦しい・・・・ほどでした。



それだけでも、先が思いやられる状況でしたが、そのうち(多分、靴をぬいで)、靴下の何とも言えないニオイがプラスされました。



更に、出発直前に乗ってきた若い男性が、私の前の席に着席後、すぐにシートを倒して・・・・・。



そのイビキの凄いのなんのって・・・・。


そのイビキのために、バスに乗ってるみんなが寝れないくらいです。


しかも、トイレ休憩の時もそのまま、往復イビキ続行・・・・。



みんな、苦笑い・・・・。



少しでも睡眠を・・・と思うものの、嗅覚が興奮しすぎてほとんど一睡もせずに到着。



嗅覚刺激による、プラスとマイナスの効用を、数日間に実感しました。



香りがココロとカラダのもたらすものは、プラスの場合もマイナスの場合も大きいのです。



周りへの配慮を忘れないような香りの使い方、今一度、考えたいものです。



特に、柔軟剤の臭いは、年々エスカレートして社会問題にもなっていますしね・・・。



ちなみの、私は、柔軟剤は使っていません。





今日も最後までお読みいただいて、ありがとうございました。



♡心から感謝♡


テーマ : アロマテラピー
ジャンル : 心と身体

プロフィール

Aromain

Author:Aromain
ようこそ、Aromainのブログへ。
鳥取県米子市で、「一年中、元気で笑顔のお手伝い!」をモットーに活動しているアロマセラピストです。。
大地のエネルギー=クレイテラピー、植物の力=アロマテラピー、植物の魂=イドロラテラピーのほか、クラニオセイクラルセラピーのお手当ても取り入れたトリートメントをしています。
おひとりお一人の「今」に向き合い、寄り添うことを大切にしています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード