FC2ブログ

大切にしていること・・・

おはようございます。


今日で、5月も終わりますね。


暑くなってきましたが、お変わりありませんか?


今朝、店の掃除や準備をしていたら電話が鳴りました。


7時50分頃の事です。


当店の営業時間は、10時から19時までですから少々早いですけど、たまたま電話のそばにいたので受話器をとりました。


「予約をしたいんですけど・・・・。」


という事でしたが、二人一緒に施術はできないか?もしも一人ずつしか出来ないのであれば、もう一人の方はそこで待てないかといったご質問を頂きました。


残念ながら、どちらもお受けいたしておりません。


一人が終わったら、すぐ次の人を施術してくれたらいい・・・・といったようなことをおっしゃられたのですが・・・・・。



お一人おひとりの今の状態をお聞きして、オイルのブレンドをしたり、クレイを選んだりしてから施術をしています。


お二人一緒に来られて、一人が終わったら次・・・ということは、コンサルテーションをお二人一緒の状態ですることになります。


親子であってもどんなに親しい友人であっても言えないことや知られたくない気持ちは、少なからず誰にもあります。


アロマトリートメントの前のコンサルテーションでは、そういう繊細な部分も気兼ねなくお話頂けるように心がけていますので、お二人一緒にということは、ご遠慮頂いています。


また、一人が終わったら次・・・・というのは・・・・。


まず、施術が終わったらお茶を飲みながら少し休んで頂いています。身体が緩むことで心も緩み、閉じ込めていた感情が解放される大切な時間です。


その後、お客様をお見送りした後、ベッド回りの片づけや新たなベッドメイキング、洗い物からトイレのチェックまで次のお客様をお迎えするためにしなければならないことが結構あります。


そして、私自身、新しいお客様をお迎えする心の準備と言いますか、立て直しが必要です。


流れ作業のような形でお客様をお迎えしたり、お客様の身体に触ることはしておりません。




お一人おひとりを大切にお迎えして、向き合い、寄り添うセラピストでありたいと思っています。


実際、母娘で一緒にいらした方や、友達同士で二人一緒にという方にも事情をお話しして、時間をずらしてお越し頂いた事もあります。


ご主人が付き添いで来られて、「ここで待ちたい。」とおっしゃった方もありましたが、あらかじめ終わる時間をお伝えして迎えに来て頂くようお願いしました。



ご不便をおかけして申し訳ないと思いますが、セラピスト一人で切り盛りする小さなサロンですので、ご理解頂けることを切に願います。


たくさんあるサロンの中で、せっかくお電話頂きましたのにご希望に添えなかったことは、大変申し訳なく思っています。



頑固だとか融通が利かないとかといったご意見もあろうかと思いますが、何卒ご理解頂きますようよろしくお願いします。



今日も、最後まで読んでくださって、ありがとうございます。


お互いに、良い一日にしましょうね(^^)/


テーマ : 癒し・ヒーリング
ジャンル : 心と身体

アロマトピアでクレイテラピーを考察!

こんにちは。


いつもありがとうございます。


今年は、新年早々、アロマ・フランスのクレイが「大人のおしゃれ手帳」や「an・an」といった雑誌に紹介されましたが、今度は、5月25日発行の、アロマテラピーと自然療法の専門誌「aromatopia(アロマトピア)」に、クレイテラピーが特集されました。

   DSC_1428[1]

しかも・・・・


ドミニック先生が巻頭を飾り、アロマ・フランスクレイプロフ会でご一緒させて頂いている里美千佳さん、更にはドミニック先生からクレイテラピーを学ばれた薬剤師さんや獣医さんなどなど、アロマ・フランスファミリー?の方が執筆されています。



いずれも、それぞれの専門家としての視点から、クレイやクレイテラピーについて興味深い考察をされています。



機会があったら、是非、手に取って読んでみてくださいね。


あらためて、クレイテラピーを、もっと広くたくさんの方々に知って頂き、日ごろの健康管理や快適な暮らしに役立てて頂けるといいなあと、思いました。



クレイテラピーを受けてみたい!



とか


クレイテラピーを勉強したい!



という方・・・・


施術はもちろんですが、セミナーもマンツーマンでも承っておりますので、お気軽にお尋ねください。


お待ちしております。



今日も最後まで読んでくださって、ありがとうございます。

意欲を引き出す

おはようございます。




今日は、定休日で、ちょっとゆっくりの朝です。




3月から出張施術で伺っている84歳の女性。



寝たきりになって1年という方です。



施設には、リハビリメニューがないこともあり、「今後、歩けるようになるって事は、ほぼ100%ないですね。」と、職員さんに言われていました。



正直、初めて伺った時、どういう目標で頑張るのか、戸惑いました。



先ずは、リラックス。




精油を垂らしたティッシュを鼻に近づけて、香りの刺激。



ご自分でティッシュを鼻に押し当てて、目を閉じて、スースーと香りを吸い込まれる様子は、動物的なほどに積極的でした。




ハンドマッサージは、徐々に緊張をほぐし、おしゃべりの機会を増し、食欲増進へと繋がって行きました。



元々、3ヶ月を一区切りに目標をもって施術計画をたてていましたが、食欲増進までのステップは予想以上のスピードでした。



そこで、予定を少し前倒しして、フットマッサージを始める事にしました。



最初は、ホットタオルで温めてからマッサージをするという手法でした。



想像以上に浮腫があったり、歩かない足の爪は、下に向かって伸びていました。




ご本人も周りの方も、仕方ないというか諦めのような状態だったと思います。



このままでは、本当に立つ事さえ夢の夢になりそうな気がしました。




そこで、足浴が出来ないものかと考えました。




身体を起こす事が、第一歩です。



初めての足浴。



ベッドに座って、ベッドの柵につかまっての、クレイ足浴です。



お湯に足を入れらた瞬間の、何とも言えない嬉しそうな表情は忘れられません。



が、案の定、座った姿勢を保つ事は持続出来ませんでした。




それでも、一歩前進の手応えは十分でした。




その後、椅子に座って貰ったり、ベッドに座って貰ったりの試行錯誤。



そこで、私の身体にもたれて貰えるよう、背後で身体を支える事にしました。



と・こ・ろ・が・・・。



その日、寝た状態から座る為の移動をご本人が自ら身体をゴソゴソ動かし始められ・・・・。



座った姿勢も、今までとは違い安定していて、ベッドの柵に掴まるというよりは、軽く手をのせる程度です。



足浴中の足を、擦り合わせたり動かしたり、自分の意思で動かしてる自分の足を見るのが嬉しそうでした。




その間、全く私にもたれ掛かることなく、12分程の足浴を終えました。




ご家族には、毎回、その日の様子や私の感じた事など、写真と共に報告していますが・・・・。


寝たきりになられてからは、足からの刺激は殆どなく、足はあって無いような感じだったかもしれません。



フットマッサージの刺激は、足の感覚を呼び起こし、立つ事、歩く姿をイメージさせるように、心の変化をもたらしたのでしょうか。



前回、ご自宅に帰られた時に



「寝てばっかりじゃあいけん。歩いてみたい。」



と言われた気持ちの変化の裏側に、こういういきさつがあった事を知り、納得がいったというお返事を頂きました。




3ヶ月の施術を終えて、目標が現実味を帯びてきました。



ご本人の意欲につながる関わりで、次のステップが楽しみです。




秋には、ご家族と遠足・・!!




次の目標です(*^^*)。






今日も最後まで読んで下さって、ありがとうございます。




良い一日にしましょうね(^^)/




命を輝かせる!

こんにちは。


いつもありがとうございます。


先日、母ととっとり花回廊に、行ってきました。


ここ数年は、母の車いすを押しながらの散策です。


天気にも恵まれ、終始、母もご機嫌でした。

     DSC_1349[2]

一年中、手入れが行き届いた園内には、色とりどりの花々が咲き乱れ、遠くに大山を望み、新緑の山々から渡ってくる爽やかな風が頬を撫で・・・・。

     DSC_1352[1]

ドームの中は、胡蝶蘭やオンシジューム、ブーゲンビレア、ハイビスカス等など、色鮮やかな熱帯植物でエキゾチックな空間が広がります。

        DSC_1365[1]

     DSC_1364[1]

外に出れば、大輪の薔薇がその魅力で人々を惹きつけていました。

        DSC_1367[1]

        DSC_1370[1]

そして、ふと見上げれば・・・・。

これは、「ヒマラヤヤマボウシ」。

        DSC_1377[1]


それぞれが、美しい花を咲かせ、香りを放ち、命を輝かせています。

身体全体で、自然の息吹を感じて心も身体も癒される・・・・のは、当たり前の事かもしれません。



気分上々の母は、帰り際、園内のショップで花の苗を「アレも!コレも!」と、たっぷりお買い上げ(笑)。



帰りの車の中で、何度も何度も


「今日は、楽しい時間が過ごせて良かった!あんたのお蔭で、幸せだわ!」


と。


こんなにたくさん買って・・・・・と、私の心配をよそに、翌日には無事植えたようで、満足げな電話がかかってきました。



今年に入って、庭の草取りなどもしているようですが、特に体調を崩すことなくできています。


10年あまり前に歩けなくなりかけた事をきっかけに始めたアロマトリートメントが、下降線だった母の健康をV字回復?に変えました。



毎日、食べたものを栄養素別に記録して、バランスの良い食事を心がけ、ラジオ体操をしたり歌を歌ったり、漢字書き取りや計算ドリルをしたり・・・・。


毎日を、丁寧に一生懸命生きています。


年齢と共に衰えてはきていますが、毎日一日の終わりに布団の中で、「今日も、良い一日だった!」と、反省をしてから眠るそうです。


70歳くらいまでには、何度も手術を経験していますし、人知れず苦労をしてきましたが、今の母は、精一杯命を輝かせているように見えます。



今、改めて思います。


再び、命輝かせるお手伝いがセラピストとしてできる幸せ。



寝たきりの方が、歩いてみたいと立ち上がる・・・・そんな気持ちになる・・・・。



「高齢者アロマ」には、そんな力があるんだということを、もっと多くの方の知って頂きたいと思っています。



今日も、長々と最後まで読んでくださって、ありがとうございます。











高齢者アロマ~歩いてみたい!~

こんにちは。


いつもありがとうございます。


今朝は、嬉しすぎて涙が止まらない・・・・・報告を頂きました。


3月から、寝たきりになって1年という84歳の女性ものとに、出張施術(週1回)に行かせて頂いています。


およそ1年前の緊急入院から、手術、リハビリ、手術、リハビリ・・・・の後、老人ホームに入所されたのが、今年2月。


都会で暮らすお嬢様からの依頼で、3月から伺うようになりました。


毎回、その日の様子をメールでお知らせしたり、写真をお送りしたりしています。


最初は、何を言っても、ただ頷くだけの意思表示でしたが、少しずつ声が出るようになり、聞き取れない時は聞き返されるようになってコミュニケーションも積極的になってきました。


その頃から、食欲も出てきて「完食されました!」という報告を、職員さんから聞くようになりました。


周りの方とも、おしゃべりされるのを見かける機会が多くなったといった報告も。


先月、お嬢様方が帰省されお母様の外泊(ご自宅)された折には、


「ご飯をパクパク食べて嬉しかった。」


と、連絡を頂きました。


そしたら・・・・、今朝は・・・・。


「母が歩いてみたいと言い出して・・・・。手すりにつかまって、支えてだったけど少し歩いたよ。足のマッサージのおかげだわ。」


と、メール。


添付された写真は、歩いておられる姿ではありませんが、嬉しくって嬉しくって、うれし涙で写真がよく見えませんでした。



5月に入って、クレイ足浴も始めていますが・・・・・。


その際、職員さんからは「この先、歩けるようになられるなんてことは、ほぼ100%ないですね~。」


と、言われたばかりです。


ご家族と私の間では、「自立歩行」を目標に・・・・との思いを確認したものの、半信半疑のところもありました。


座った姿勢を長く続けることも、ひとつのリハビリと捉えて無理のない範囲でやりながら、身体全体の筋肉にも刺激を送りつつ・・・。


足浴前の写真は撮ってなかったのですが、足浴後と、そのあとのトリートメント後の変化には、我ながら驚きました。

2016-05-09-16.jpg


この時点では、とても歩きだされるような状態では無かったと思いますが・・・・。


それにしても、こんなにも早く、ご本人が意欲的になられるとは・・・。



ご家族のあふれんばかりの愛の力は、偉大ですね。


ご本人にとっても、ご家族にとっても、そして私にとっても、希望の光がさして嬉しい一歩となりました。



今日も最後まで読んでくださって、ありがとうございます。


今日も、良い一日にしましょうね。


プロフィール

Aromain

Author:Aromain
ようこそ、Aromainのブログへ。
鳥取県米子市で、「一年中、元気で笑顔のお手伝い!」をモットーに活動しているアロマセラピストです。。
大地のエネルギー=クレイテラピー、植物の力=アロマテラピー、植物の魂=イドロラテラピーのほか、クラニオセイクラルセラピーのお手当ても取り入れたトリートメントをしています。
おひとりお一人の「今」に向き合い、寄り添うことを大切にしています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード