FC2ブログ

クラニオ体験、好評です!

 こんにちは。


 いつもありがとうございます。


 先月から、クラニオセイクラルセラピー(頭蓋仙骨療法)を、アロマトリートメントの最後に体験して頂いています。


 最初は半信半疑のお客様ですが・・・。



 施術後に、とても興味深いお話を聞かせて頂いています。



 股関節にひっかかるような違和感があった50代女性・・・・。

 数回、体験して頂いたところ

 「股関節の違和感が無くなって、可動域が広がった感じ。サッサと歩けるようになった。」

 と。


 そして

 フェイシャルと背中のクレイをリピートされてる方で、その日もオススメしたんですが、その日に限って、背中のクレイパックとフルボディを選択された40代女性。

 「背中のクレイパックの後、ボディトリートメントの途中からフェイシャルの気持ちよさが思い出されて、フルボディを選択したことを頭の中でグルグル後悔してました。ところが、クラニオを受けている途中で、すうっと、頭の中がフラットになりました。グルグルしていたものが、霧が晴れたようになくなりました。身体にどう作用したかというより、心への作用を実感しました。」

 と。


 
 チャイルドマッサージのお子さんたちは、友達との関係がうまくいかなくてイライラしていたり、不安で落ち着きがなかったり、アトピーで痒くて機嫌が悪かったりしていても・・・・。


 穏やかな表情で人の話を聞けるようになったり、笑顔がこぼれたり・・・して、私自身驚いています。



 クラニオの無料体験は、11月末までです。


 興味のある方は、今のうちにお試しくださいね~。



 12月には、クラニオをプラスした新メニューが加わりますので、こちらも楽しみにしていてください( ´﹀` )♡。



 今日も、最後まで読んで下さって、ありがとうございます。



 またのお越しを、お待ちしておりますヽ(*´∀`)ノ



 

ご縁で繋がった経絡

 こんにちは。


 いつもありがとうございます。


 昨日は、経絡の勉強会に参加してきました。


 鳥取まちゼミ2015のイベントでオーガニックスタイル水越屋さんが開催されました。



久しぶりに鳥取市に出かけるということで、駐車場やランチのお店を前日、少しだけ調べていたんですが、結局、カーナビを使うことなくカン?だけでたどり着くという、いつものパターンです。


 迷うことなく、近くの駐車場をすぐに見つけて、すんなり入庫。



 水越屋さんに、先ずはご挨拶・・・・・。



 と、その時、一足先に入って、お店の方と一言二言交えて出て行かれた方がありました。



 それに続くように、お店の方にご挨拶をして、講座までの時間にランチ・・・・と、外へ。


 すぐ前に・・・・。

        DSC_0743.jpg

        DSC_0744.jpg

 すみませんm(_ _)m


 テレビを見てなくて・・・。


 どうやらケンミンショーで紹介された、鳥取の名店だそうです。



 そんなことを知らずに入ったら、テーブルがひとつだけ空いていて、一足先に入られた男性がどこに座ればいいか?お店の方とアイコンタクト?中。


 タイミングがタイミングなだけに


 「お二人ですか?」


 と、聞かれ、二人同時に


 「いえ、一人です。」


 「それじゃあ、相席でお願いします。」



 と、言われて座ったのですが、何と、この方、先ほど水越屋さんでニアミスした方のよう・・・。


 「さっき・・・・。米子からっておっしゃっていましたよね(水越屋さんで)。僕、今日の講師です!」


 と、ミラクルなご縁で、ランチをご一緒することになり・・・・。


 いきなり、世間話ではなく、経絡のお話が始まりました。


 惜しげもなく、気さくに次から次へと・・・・・。

 テレビでも紹介された、オムライスカレーを頂きながら・・・・(´~`)モグモグ。

        DSC_0741.jpg  


 私が7割くらい食べたあたりで先生のお皿に目をやると、まだ半分も食べてない・・・・くらい、お話をしてくださっていました。
     

 実はこの方、自然食品会社のキャリア30年越えの営業マン。


 ご自身が病気をされたのをきっかけに、5~6年かけて独学で勉強されたのだそうです。


 そして、お仕事柄、自然食品を扱われているので、食と健康はライフワークでもあり、お話は多岐にわたります。


 そのお話は、分かりやすくて楽しくて、とっても具体的でした。


 講座が始まると、更にパワーアップ!



 たとえば・・・。



 冷えは万病の元ということから(体温と免疫力の関係)・・・・。


 人のパワーを電気で表すと、子供は9ボルト、大人は5ボルト、年齢を重ねたり病気になったりするとそれは小さくなっていき、「死=0(ゼロ)」となる。


 それではどうすれば良いのでしょう・・・・。(温めるのが一番ですが・・・)


 子供(体温が高い)を抱くと良いというのです。


 昔は家族が多くて、子守はお年寄りの役割だった・・・・・。


 お年寄りは、そうして子供からパワーをもらって充電していた。


 子供がいなかったら・・・・?


 ・・・・猫を抱く!?



 猫の体温は39度前後あるんだそうです。(「ウチの猫の体温測ったんです。うちの猫は測らせてくれるんですよ~」と、おっしゃっていました。)


 爆笑 (^0^)) 爆笑



 20人近い受講生は身を乗り出して、時にツボの場所を話されると、その場所にマジックで書いてもらおうと、腕を出し、足を出し・・・・される方があり、その度に盛り上がりました(笑)。



 先生も、自分の身体を使って、経脈や経穴を熱心に説明され・・・・。



 気が付けば、講座が終わる頃には、こんな感じ・・・・。


        DSC_0745.jpg


 2時間の予定が、2時間半を過ぎても終わらないほどの盛況ぶりでした。



 身も心もほぐされて、家路につきました。



 
 今日も最後まで読んで下さって、ありがとうございます。



 またのお越しを、お待ちしております。


 ヽ(^^)(^^)ノ


ラムズイヤー泥棒!?

 こんにちは。


 いつもありがとうございます。


 今朝、店の玄関先に黒い土が少し落ちていました。


 ??????


 植木鉢が倒れているわけでもないのに・・・・何故?


 よくよく見ると・・・・・。



 ラムズイヤーのプランター辺りです。



 何と、道路から見えにくい(と、思われたんでしょうね。)プランター(円形)の奥側に植えてあったひと株だけ、抜き取られていました。


 それを運ぶ時にこぼれた土が落ちていたようです。


 このラムズイヤーは、今年の春、蒜山ハーブガーデンで買い求めたものです。


 ラムズイヤーは、トルコ・南西アジア原産、シソ科の多年草で、和名をワタチョロギといいます。


 その名のとおり(子)羊の耳のように、もふもふとした柔らかな触り心地は、花の美しさや香り、緑の鮮やかさとは異なり、感触で癒してくれるユニークなハーブです。


 ハーブといっても、ハーブティーにしたり、料理に使ったりといったものではありません。



 あのもふもふとした葉っぱを触った時、子供から大人まで、大抵の人が笑顔になる・・・・そんなハーブです。



 私も、この感触に魅せられて、ラムズイヤーを買い求めました。



 どういうわけか、今朝は不思議と、花泥棒に腹立たしさを感じませんでした。



 ラムズイヤーの葉っぱを触って、癒されたのでしょうか?



 そんなことした人のことが、何だかお気の毒な気がして・・・・。



 どんなお気持ちだったのでしょうね・・・。



 でも、大丈夫。


 ラムズイヤーって、挿し木でも増えるんですって!


 

 やってみようかな~(笑)。



 
 感触で癒してくれるラムズイヤー、泥棒さんも癒してあげて欲しいですね。もう、こんなことしないように!



 ・・・・。



 今日も最後まで読んで下さって、ありがとうございます。




 またのお越しを、お待ちしております。


 (^o^)/


久しぶりのハンドマッサージ

 こんにちは。


 いつもありがとうございます。


 先日、久しぶりに高齢者施設にお邪魔してきました。



 以前、ハンドマッサージでお伺いしていたところですが、しばらくご無沙汰していました。


 ずっと気になってはいたんですけどね(^_^;)。


 なかなか時間が合わなくて・・・・・。


 そこへ、「秋祭り」のご案内を頂いたので、是非・・・・と思っていたら仕事が入ってしまいまして・・・・。



 でも、今回はどうしても・・・・と思っていたので、少しの時間でも、喜んで頂けるようにミツロウクリームを作って伺うことにしました。


 お一人お一人にゆっくりハンドマッサージはできないけれど、ミツロウクリームを手に塗って香りを楽しんで頂くことはできます。


 なるべくたくさんの方に・・・・ということで、考えたんですけどね。



 それでもやっぱり、冷たい手に触れると温かくなるまでは、その手を離すわけにはいきません。



 ほとんどの方が認知症・・・・・なので、皆さんテーブルを囲んで座っていても会話がほとんどありません。



 窓の外を見ているような、特に何かを見ているわけでもなくぼんやりとした様子・・・。



 声をかけると、遠慮がちな方や、恥ずかしそうにされる方・・・・。



 それでも、ハンドマッサージを始めると・・・・。



 冷たい指先が徐々に温まってくると、顔の血色も心なしか赤みが差して、笑みがこぼれます。



 「もったいない」


 と、言われる方



 「気持ちがイイ!」



 と、おっしゃる方


 
 「どこから来られましたか?」



 と、聞かれる方・・・・。



 色々でしたが、ハンドマッサージの後、自分の両手を擦り合わせたり、しっとりとして柔らかくなった手の感触を楽しんだり、手を鼻に近づけて香りを嗅いでみたり・・・・・・。


 その様子に、私自身、とても癒されました。


 そして、介護のお仕事をされてる職員の皆さんが、「イイ香り~!」と、とても喜んでくださったのは、嬉しかったですね。



 指先まで緊張したヒンヤリと冷たい手、徐々に緩み、温まっていく感触が忘れられません。



 ほんのわずかな時間でしたが、アロマセラピストの原点に戻った気がしました。



 自分にできること!



 自分がやらなければいけないこと!



 考えさせられました。




 今日も最後まで読んで下さって、ありがとうございます。



 またのお越しを、お待ちしています。



 (#^.^#)






 
 

広告の勧誘

 こんにちは。


 いつもありがとうございます。


 昨日は、創刊40年というファッション雑誌の編集の方からお電話を頂きました。


 専属モデルを務められた方が、次々と女優となり活躍されてる有名な雑誌です。


 名前を聞けば、知らない人はいないかも・・・・。


 そんな雑誌が、なぜ?????


 鳥取・島根の素敵なサロンを紹介したい・・・・・・とのこと。



 益々、???????。


 入口は、



 「ホームページを拝見して・・・・。」


 
 というところから始まり、色々褒めて頂きました・・・・。


 が・・・・・。


 「○○(雑誌の名前)に紹介されたということになれば、大いに集客に効果があると思います。○○に出たことを、店のウリとして今後使って頂けます・・・・・。」


 と、段々熱く熱く語られ・・・・。



 礼儀正しく、喋り方も折り目正しく上手で、嫌な感じはしませんでした。(途中までは!)



 が、


 そのうち費用の話になり・・・。


 「今回は、広告ではなく、企画記事とのタイアップということで、普段よりずっとお安くさせて頂けるんです。全国区の有名雑誌だと、1ページ数百万というのが通常ですが、今回は1/8ページ数十万円からご用意しています。」


 こんな小さなサロンで、全国区の雑誌に広告出すメリットって?????


 何より、(掲載されると)店のネームバリューになると力説されたのが、どうも納得いきませんでした。



 紹介記事なので、雑誌から白羽の矢がたったかのような見せかけですが、所詮、広告です。



 今までも、タウン誌等で、そういうのがたくさんありました。



 掲載された店舗の前に、「○○に掲載されました!」などと、大きく掲示されてるのを滑稽だと思って見てました。



 広告出したら、自慢する?



 広告出したら、凄い?




 どうもその価値観が・・・・・・。



 というわけで、


 「そういうことを吹聴することで価値が有るような振る舞いをするのを、今までも由としてこなかったので、それはこれからも変わりません。わたくし共は、全国区の雑誌にふさわしいサロンとも思えませんので、もっとそれにふさわしいサロン?を紹介してあげてください。」



 と、丁重にお断りしました。



 広告も大切ですが、私のような小さなサロンでは広告に大きなお金を使うより、一人一人のお客様に最大限行き届くようなサービスで、信頼関係を積み重ねていくことのほうが大切だと考えています。


 
 こういうお電話を頂いたことで、考え、振り返り、自分に向き合い、自分の考えを再確認出来たかもしれません(笑)。



 何一つ、無駄な経験は無いって、事ですね(^_-)-☆。



 今日も最後まで読んで下さって、ありがとうございます。



 またのお越しを、お待ちしています。





プロフィール

Aromain

Author:Aromain
ようこそ、Aromainのブログへ。
鳥取県米子市で、「一年中、元気で笑顔のお手伝い!」をモットーに活動しているアロマセラピストです。。
大地のエネルギー=クレイテラピー、植物の力=アロマテラピー、植物の魂=イドロラテラピーのほか、クラニオセイクラルセラピーのお手当ても取り入れたトリートメントをしています。
おひとりお一人の「今」に向き合い、寄り添うことを大切にしています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード