FC2ブログ

お陰様で・・・「そっとふっとアロマ」

 こんにちは。



 今日から8月。


 お疲れはでていませんか?



 2月から日本海新聞「うさぎの耳」に書かせて頂いていた「そっとふっとアロマ」のコラム記事ですが、8月からも書かせて頂くことになりました。


 当初、半年(6回)の予定でしたが、ご厚意により続けさせて頂くことになりました。



 サブタイトルが「アロマセラピストのひとりごと」ということで、このブログ記事と重なるものもありますが・・・。



 お客様との出会いの中で発見したり、気づいたり、考えさせられたり、もちろん感動したり・・・そんなひとコマを書いていこうと思います。




 ちなみに7月号は・・・・。



 肌感覚
 

「手当」という言葉を聞いて、最初に「お母さんの手」を思い浮かべられる方は多いと思います。

 それは、幼い頃感じたお母さんの手のぬくもりが、子どもの痛みや不安を取り除き、安心させるという「癒し」となっていたからこそ、「手当」という言葉を連想させるのでしょう。

 人の手の温もりが人を癒し、人の肌に触れるということは、人の心に触れるということだとアロマセラピストの活動を通して、日々感じています。

 実際に、タッチングによる肌感覚が一気に記憶を甦らせ、人を癒すということを経験することがあります。

 ある女性は、アロマトリートメントの施術初めに、タオルの上から身体を撫でられた瞬間、(赤ちゃんの頃)お母さんに背中を撫でられている感覚が甦ったとおっしゃいます。

 トラウマに辿りつけない苦しさの中、幸せな時間に体をもっていかれたような癒しだったと話されました。

 思い出せないような遠い記憶でも幸せな感覚は、肌に記憶されているんですね。




 お客様の中には、心を縛り付けているものが何かさえ分からないまま、苦しんでおられる方もあります。


 当然、うちにいらっしゃる前に、たくさんの医療機関や様々なセラピーを受けてこられた方は、珍しくありません。


 現在、心療内科を受診しておられる方、カウンセリングを定期的に受けておられる方、不妊治療中の方、DVの過去に苦しんでおられる方等、様々な人生に寄り添いながら、心と身体の緊張がほどけていくようなお手伝いをしています。


 「こうした活動を活字にすることで、もっとたくさんの人にこういう場所があることを知ってもらわないと・・・。」と、コラム記事を書くことを進めて頂いたのがきっかけでした。



 「辛くなったら行きたくなる場所」とか「駆け込み寺」などおっしゃって下さる方もありますが、そんな一端を紹介させて頂く機会を与えられたことに、心から感謝しています。



 これからも、どうぞよろしくお願いします。




 


 
プロフィール

Aromain

Author:Aromain
ようこそ、Aromainのブログへ。
鳥取県米子市で、「一年中、元気で笑顔のお手伝い!」をモットーに活動しているアロマセラピストです。。
大地のエネルギー=クレイテラピー、植物の力=アロマテラピー、植物の魂=イドロラテラピーのほか、クラニオセイクラルセラピーのお手当ても取り入れたトリートメントをしています。
おひとりお一人の「今」に向き合い、寄り添うことを大切にしています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード