FC2ブログ

皮脳同根

「皮脳同根」と言う言葉をご存じですか?

 母体に着床した受精卵が、受精後8週までの細胞分化が最も著しい時期を胚子期といい、この時期に内胚葉、外胚葉、つづいて中胚葉が出来上がり、それぞれ特有な組織と器官系をつくっていきます。

 内胚葉は消化器官などを、中胚葉は循環器や骨・筋肉などを、そして外胚葉では中枢神経・感覚器・表皮など。よって(表皮)皮膚と脳は同じ根源であり、皮膚に心地好い刺激を与えてあげると、同じ根である脳も快刺激を受けているというわけです。


  時に「赤ちゃんの肌は、むき出しの脳」などと言われ、ベビーマッサージによる表皮への快刺激が、こころ(脳)の発達に大きく関与します。

 
 そして、ストレスによっておこる肌荒れを経験された方は、少なくないはずです。


 肌(表皮)と脳の「根」が一緒だといわれれば、実に分かりやすいのではないでしょうか。


 アロマトリートメントのお客様で、およそ1年半のお付き合いです。彼女は、普段はほとんどボディトリートメントを希望されます。


 ところがこの秋。
「頭の中が何だかぐしゃぐしゃした感じで、身体も重たいし、やる気も出ない・・・。こんな時って、フェイシャルしてもらったらどうでしょう・・・?」


 そんなわけで、フェイシャルリラクセーションコースを、週2回ペースでおよそひと月あまり。


 お肌のコンディションはどんどん良くなっていきましたし、「顔が小さくなった!」っていわれてご本人も自分に自信が持てるようになってきたと、最初はおっしゃっていました。


 そのうち、仕事もバリバリとこなせるようになり、「顔つきがしっかりとして、変わってきた!」とか、「考え方に余裕が出来て、仕事ぶりが変わってきた!」などと周りから言われるようになりました。


 ちょうどそんな頃、思いもよらないトラブルが彼女を悩ませます。肌は、正直にその不意のストレスに反応し、ブツブツやらカサカサやら・・・。


 今までなら、すぐに傷ついて、どうしていいか分からないと言い出しそうな状況でした。


 彼女は、何があろうとトリートメントのペースを崩さずに続けました。気持ちも肌も、立ち直りの速さは、目を見張るものがありました。


 初めて来られた日、「心と身体はベツモノです!」と言い、数か月の間は「私も元気になれますか?」と、必ず帰り際に質問されていた方です。


 最近では、「心と身体ってホントに、一体なんですね。アロマトリートメントで、自分の考えがこんなに変わるなんて思ってもいませんでした。自分のとらえ方(考え方)次第で変われるんですね。・・・。」


 そして、「トリートメントの心地よさと、イイ香りでどんどん自分が変わっていくのが分かるって、スゴイですね!」とも。



 そして、さらにスゴイ事が起きました。


 4年間も悩まされてきた頭頂部の直径が4センチ程もある円形脱毛症。秋ごろから少しずつ発毛・・・。
今では、元の形が分からないくらいに小さくなってきて、黒くて太い普通の毛髪が生えてきて、少しずつ長くなってきています。



 まさしく、アロマトリートメントをきっかけに、元気になられた方のようです。


 


 

 
プロフィール

Aromain

Author:Aromain
ようこそ、Aromainのブログへ。
鳥取県米子市で、「一年中、元気で笑顔のお手伝い!」をモットーに活動しているアロマセラピストです。。
大地のエネルギー=クレイテラピー、植物の力=アロマテラピー、植物の魂=イドロラテラピーのほか、クラニオセイクラルセラピーのお手当ても取り入れたトリートメントをしています。
おひとりお一人の「今」に向き合い、寄り添うことを大切にしています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード