FC2ブログ

タルトタタンで気分はラララ♪


 この秋、ずっと気になっていた事。やりたいと思っていた事。


 それは、タルトタタンを作ること!(作って食べること)



 タルトタタンと言えば、タルト生地を忘れたことに途中で気が付いて、タルト生地を上にかぶせて焼いたリンゴのお菓子。


 アップルパイは、以前はよく焼いたものです。折パイの生地を作るところから・・・せっせとやりました。でも、タルトタタンは作ったことなかったんです。


 NHKテレビ(プロフェッショナル)で、料理研究家の栗原はるみさんが、「お鍋でできるタルトタタン」を提案したいと、レシピを開発されるのを見たのがきっかけです。


 しかも、冷凍パイシートを使って・・・。面白そうでしょ。


 そこで、私・・・・。


 カラメルで煮詰めたリンゴにパイシートをかぶせて、そのままオーブンに入れる方法を試してみました。しかも、鉄のフライパン・・・。なかなか斬新でしょ(笑)。


 その時点で、もう家じゅうがとってもいい香り!


 この香りは、子どもたちが小さかった頃の香り・・・。


 私の夢は、子どもが学校から帰ってきたら、手作りのお菓子で一緒におやつの時間を楽しむ事・・・でした。幸いにもその夢は、かなったと思っています。一番、楽しかった時間です。



 今でもふと思います。家に帰った時、お菓子の甘い香りが迎えてくれたらどれだけ癒されるだろうか・・・。当時、そんな深い事まで考えてやっていたような記憶はありませんが、何かの助けになっていたら嬉しいです。


 リンゴの煮える甘酸っぱい匂い、タルトと共にオーブンから香るバターの匂い。やっぱり、幸せの香りです。


 さてさて、フライパンごとオーブンに入れるという、ワイルドなタルトタタン♪


 今朝になっても、イイ香りがやさしく包んでくれました。食す前から、気分は、ラララ~♪



 ミルクティーとタルトタタンと、ヨーグルト。


 幸せな朝食に大満足の朝でした。




 

おはなし隊

 昨日は、講談社主催の「本と遊ぼう 全国訪問おはなし隊」のボランティアで小学校に絵本を読みに行ってきました。

 以前お邪魔したことのある小学校です。


DVC00422.jpg

 まるで玉手箱のようなトラックは、開けばそこに小さ図書館が表れます。


 残念ながら私は、おはなし隊のお手伝いだったので、中をゆっくり見せて頂くことはできませんでした。店じまいの終わりを、少しだけ・・・・でした。


 小学1年生2クラスを、おはなし会と絵本の図書館(トラック)見学を交互に30分というスケジュールだったので、30分のおはなし会を休憩なしに、2回行いました。


 おはなし隊長さんと二人で30分だったので、ひとり15分を受け持ちました。


 ストーリーテリングが多かった私ですが、今回は「絵本」です。私が選んだのは、「ぐるんぱのようちえん」と「おおきなかぶ」の大型絵本。大型絵本の迫力と、子どたちの「聞くチカラ」の高さに助けられ、一体感に包まれた楽しいおはなし会となりました。


 「おおきなかぶ」は教科書にものっていて、自然と子供たちも声をだし、みんなで大合唱。時々、かぶを引っ張る場面でみんなの声が合わなくなったりすると、もう一度声をあわせてみんなで「うんとこしょ。どっこいしょ」と、仕切りなおす場面もありました。

 普段から読書指導をとても熱心にしておられる学校で、子どもたちの真剣な眼差しと、おはなしを楽しむやわらかな心にふれ、いつも感動します。


 絵本を読む時も、おはなしを語る時も、必ず一人一人と目が合うように全員を見ながらするのですが、一人として目が合わない子はいません。


 聞くチカラが、子どもたち自身の力としてしっかりと身につているように感じます。読書指導、恐るべしです。


 今まで、こういう活動を「読み聞かせ」といっていましたが、私自身、この言葉にすっきりしないものをずっと感じていました。何だか上から目線な感じがして、ほかにピッタリする言葉はないものかと思っていました。


 ある時「読み語り」とおっしゃっていた方があって、実にす~っと、入ってきました。


 そんなわけで、昨日の、「読み語り」は、元気いっぱいの1年生と共に楽しい時間を過ごさせて頂きました。


 久々に、充実したひと時でした・・・。




 
 

もしかしたら・・・そういうことかも

 毎週、私の休みは母のお出かけに付き添うことで、ほとんどが終わってします。予定していた自分の用事が済ませられないことなどよくあることです。


 朝、迎えに行ってそれからお買いものやら食事やらで、母を送り届けて私が自宅に戻ってくるのは早くて4時代です。時には、6時を過ぎることもあります。


 そんなわけで、できることならなるべく効率よく時間を使いたいと考えているんですが、なかなか思うようにはなりません。


 美容院も一緒に行けば効率がイイので、なるべく一緒に行くように母の意向をくみながら調整するのですが・・・。


 先週、私がカットしてもらいに行こうと誘ったら「私は、まだイイ。もう少し先にする・・・。」と。


 私の方は、もう限界だったので、私のカットの間、母は美容院で待っていました。


 それなのに・・・・。それなのに・・・です。


 3日もしないうちに、「今度の休みにカットに連れて行って!」というのです。


 さすがに、「え~~~~~?」と、私も少しばかりイラッとしました・・・。


 よくよく考えてみれば、そういうことも含めて老いなんだろうなあ・・・と思うのですが。


 前後の事とか、周りの状況とか、それらを総合的に考えて判断する・・・そんなことが、若い頃のようにできなくなる・・・。当然と言えば当然なのですが、ひとつひとつの受け答えがそれほどズレていないので、ついつい対等に向き合ってしまう自分に反省です。


 少しずつ衰えていく姿。


 今まで、普通に出来ていたことが、出来なくなっていく・・・。



 それを全て受け入れながら寄り添って生きていく・・・・って思いながら、まだまだです。


ジャポネイラ(生の椿油)の季節です♪

 急に、気温が下がってきましたね。



 11月なのに夏日!なんて日もありましたが、やはり少し寒くなってきました。



 寒くなると(気温が低いと)空気中に含まれる水分量が減少するため、空気が乾燥してきます。身体の方も寒さにさらされれば、体温を失わないように血管が収縮して血行が悪くなりがちです。


 そうすると、お肌の乾燥する条件が、外からも内側からも重なってしまいます。


 乾燥肌の強い味方は、やはり「生の椿油」です。


 私自身、お陰様でこのオイルのお世話になって1年余り、乾燥知らずで過ごさせて頂いています。おまけに、スキンケアもすっかりシンプルになって、化粧水とオイルのみです。


 アロマトリートメントのお客様の中にも、椿コースを希望される方が増えてきました。そして、ご自宅でのスキンケアに「生の椿油」をリピートされる方もジワジワと増えてきています。


 これからの季節は、特にお肌の乾燥は大敵です。早め早めのケアが何より大切ですよ~。


 見た目だけでなく、かゆみなどが出てくるとさらなるストレスが加わります。




 お肌が元気(キレイ!)であれば、心も元気でいられます。




 


産褥熱

 先月初め、微弱陣痛が続いている妊婦さんがいらしたんです・・・。



 その後、無事出産されたかどうか、ずっと気になっていました。私自身も微弱陣痛で辛い経験があるので、他人ごとではありません。



 そんな彼女が昨日、トリートメントにいらっしゃいました。



 聞けば、最後のトリートメントから10日余りも微弱陣痛が続き、夜になると痛み始め、朝になると痛みが遠のく状態だったそうです。


 やっとの思いで無事出産したものの、産後に発熱。40度ちかい熱が3日以上も続き、母体が炎症を起こしているということで、母子同室もできず・・・。



 赤ちゃんと離ればなれの時期もあったのだそうです。


 なかなか原因も分からなくて、入院も長引いてしまったのだそうです。


 お医者様からは、「産褥熱」という診断だったそうです。



 「それは辛い思いをされましたね。」と言うと・・・。


 「子供に何かあったのならもっと大変ですけど、自分に熱が出たので良かったです!」と、きっぱり!


 さすが!しっかり母ですね。やっぱり母は強し!です。


 元気にお話になるので随分時間が経っているような気がしていましたが、考えてみれば、出産からまだ3週間もたっていないのに、トリートメントに出かけてくださって、嬉しいやら、身体が心配やらで複雑でしたが・・・・。



「もう、早くここに来たくて来たくてしょうがなかったんです。背中も痛いし・・・」と。



 そんなに辛い思いをされた方が、早く行きたいと思ってくださる場所だったなんて光栄です。



 店を始める時にやりたいと思っていた事・・・。女性の先輩として後に続く人たちの力になりたいと思っていたことが、ひとつ届いたようで胸が熱くなりました。


 実は、そんな思いを込めて、アロマインでは、産後3か月までのママのアロマトリートメントは10%OFFなんですよ。



 ささやかですが、ママを応援しています。


プロフィール

Aromain

Author:Aromain
ようこそ、Aromainのブログへ。
鳥取県米子市で、「一年中、元気で笑顔のお手伝い!」をモットーに活動しているアロマセラピストです。。
大地のエネルギー=クレイテラピー、植物の力=アロマテラピー、植物の魂=イドロラテラピーのほか、クラニオセイクラルセラピーのお手当ても取り入れたトリートメントをしています。
おひとりお一人の「今」に向き合い、寄り添うことを大切にしています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード