FC2ブログ

アロマウィーク2011 幸せの香り玉作り

 11月3日「アロマの日」の前後1週間を「アロマウィーク」として、日本アロマ環境協会主催のイベントが東京で開催されます。


 2011アロマウィーク アロマの日イベントは、「香りあるライフスタイル~ココロとカラダとアロマテラピー」がテーマです。


 ささやかですが、米子でも・・・というわけで、11月3日は木曜日で定休日ですが、アロマの日イベント「幸せの香り玉作り」を開催します。時間は、10:00~17:00。 参加料は、500円です。


 このところ、アロマの世界でもスパイスの香りが注目を集めています・・・。幸せの香り玉作りは、まさしくそのスパイスの香りを楽しんで頂ける素敵な香り空間となります。


 今回で、3回目となりますが、今まで参加されたことのある方も、そして初めての方も是非、いらしてください。


 幸せの香り玉(フルーツポマンダー)は、ひと月くらいかけてしっかりと乾燥させ、クリスマス前ごろにはリボンを飾れるようになります。すぐに出来ないのも、「幸せ」の値打ちでしょうか?(笑)


 お部屋のインテリアのみならず、その香りが空気をキレイにしてくれますし、気分を明るくしてくれると思います。


 乾燥がうまくいかなくて、今まで挫折された方のためにも、今年は秘策を用意しましたよ~。



 小学生以上ならどなたでもご参加頂けます。


 アロマ空間での楽しいひと時にしたいと思っています。例年、絵本を読んでお子様からは好評を頂いています。
今年も・・・・楽しいプラスアルファを考えています。



 どうぞ、お楽しみに!


嬉しい報告!

 チャイルドマッサージに来てくれている、小学3年生の男の子。


 今日は、お母さんより少し早くやってきて、「昨日、マラソン大会だった・・・・!」と、言いながら嬉しそうにテーブルの周りを歩いています。


 聞けば、1年生の時は、ビリだった・・・。2年生の時は、体調が悪くて走れなかった・・・。今年は、50数人中、20番台。


 何とも嬉しそうで、誇らしげで・・・。


 自然と、顔がほころんでいます。


「よく頑張ったね!」と、抱きしめたいくらい、私も嬉しいです。


 そういえば彼、会うたびに大きくなっているような気がします。



 身体も実際大きくなったと思いますが、表情にも自信が伺われ、頼もしくなってきました。時折、お母さんに甘える姿が、妙に可愛く見えたりして・・・。


 マラソン大会の前の1週間は、完走できるかどうかの自信もなく、どこかでビリのイメージが見え隠れしていたようでストレスフルな日が続いていたようです。


 が、結果、本人も思いがけないような成績で嬉しさがこみ上げてきているのです。



 それを報告したいと思う相手の一人が、私って・・・更にスゴク嬉しいです。




処理しきれない思い

 チャイルドマッサージ3回目の、I君。難聴などの障がいがある5歳の男の子です。


 5歳とは思えないしっかりとした男の子で、ひとつひとつの受け答えにいつも感心しています。



 前回は、私に「名前を聞いてません!」と、自己紹介を促され、遅ればせながら自己紹介をしました。自分の失礼を恥ずかしく思いました。


 2回目の日は、最初からとても積極的で自分で服を脱いで、ベッドによじ登る勢いでした。

 
 そして、「お母さんは、あっち行っててください!」とマッサージの時はお母さんを部屋に入れません。



 マッサージをした日は、「今日は、マッサージに行ってきました。また行きたいです!」なんておじいちゃんやおばあちゃんに言ってくれているそうです。


 ところが、今日はちょっと様子が違いました。気分がのらないらしく、お店に入って来るや否や「帰ります・・。」と。



 何かあったんだろうな・・・・とは思いましたが、お母さんの絶妙な誘導で靴を脱ぎ始めました。



 どうやら昨日、保育園で先生に叱られた事を処理できないでいるみたい・・・・との事。


 そこで、ムエットにスイートオレンジの精油をつけて、「香ってみて!」と、手渡しました。



 程なく、「マッサージする?」と聞くと、ひとりで施術ルームに入り、ベッドによじ登ろうとしています。やはり今日も、お母さんは締め出しです。



 何か胸の内に、むしゃくしゃすることがあるのでしょう。盛んに歯をカチカチ噛んで、時折ぎりぎりと歯ぎしりをします。


 正直、今日は(マッサージ)できるかな・・・と思いましたが、意外にすんなり・・・。


 顔、首、頭、背中と、静かにマッサージの感触を味わっている様子。歯のカチカチも、マッサージを始めて間もなく止まりました。


 最後にホットタオルで顔を包むと、嬉しそうでした。


 保育園で何があったかわかりませんが、処理しきれない思いを抱え頑張っている姿に、胸が熱くなりました。


 自分の思いを説明しきれないもどかしさからくる歯ぎしり・・・。顎や首も固く緊張しています。


 まだ5歳なのに・・・・と、切なくなります。



 でも、帰る時「また来ます」と言って、さようならしました。


 明日は、元気な笑顔になってくれたらイイな・・・。




 

あれから7か月

 3月11日の東日本大震災から、今日で7か月です。


 仮設住宅が出来てそちらに移られた方々の様子や、次々に閉鎖されていく避難所、子どもの命を守りたいと遠く離れた地に家族全員で避難された方、家族バラバラの暮らしに耐えておられる方・・・等々。


 テレビや新聞で知るのみの情報ですが、やはり心が痛みます。



 自分にできることは何なのか・・・?


 自問自答を繰り返しておられる方は、少なくないはずです。




 そんな折、震災直後からひと月あまりサバイバーズギルトで苦しんでおられた方からメールを頂きました。


 「昨年のイベントで作ったミツロウクリームを作りたいんですけど・・・・。」



 もちろん、当店では、ミツロウクリーム作りは一年中出来ますよ。毎月作りにいらっしゃるリピーターさん、増えています。



 そろそろ乾燥が気になる季節になって、ミツロウクリームの事を思い出されたんだ・・・と、思っていました。



 ところが・・・。



 「実は、東北にボランティアに行くことになったんです。会社からまとまった人数で行くんですが、どうやら津波の被害で家の中に入った泥を出したり片づけたり・・・の作業らしいのです。きっとホコリもスゴイし、寒さも天候によっては予想以上だし、慣れない作業で相当つかれるんだろうな・・・・と、思った時、あのミツロウクリームがあればイイ!とひらめいたんです・・・。」



 彼女にとっては、「被災された方のために何かしたい!」の思いが、形になるということで、自分の中の様々な思いを一区切りつけて次に進めるきっかけになりそうです。



 ボランティアに行く人が、是非持って行きたいと思ったミツロウクリーム。現地の方々にお届けすることは出来ないものかという思いが、私に中で頭をもたげてきました。



微弱陣痛

 
 このところ2週間に1度の頻度でいらっしゃっている妊婦さん。



 出産予定日は、10月初旬なので9月中旬の施術が終わった時、「多分、2週間後はまだ生まれてないと思うんですが、何があるかわからないので今回は予約しないで帰ります。近くなってから、(予約の)お電話します。」と、おっしゃっていました。


 9月末、電話がないので出産されたのかなあ・・・・と、思っていました。


 ところが、施術を考えておられた日に陣痛!?が始まって、病院にいかれたものの、まだ出産が始まる状態ではないと言われ帰宅されたそうです。



 いわゆる、「微弱陣痛」だそうです。これは、経験した人にしか分からない(私も経験者)と思いますが、かなり辛いです。



 その後も痛みはくるものの弱く、間隔も縮まらず、ストレス状態が数日間も続いているのだそうです。お話をきくだけでも、本当に辛そうでした。



 ご本人は、とてもにこやかで周囲に気遣いされる方なので、多分、ご家族にはその辛さが半分くらいしか伝わっていないのかもしれません。



 実際に身体を触ると、かなり辛そうでしたが、お腹の赤ちゃんはすごく元気!です。



 お腹に触りながら、「ママのお腹の中は居心地がいいですか?もう、いつ生まれてきても良いように準備はできていますよ。あなたに会えるのを、みんな楽しみに待っています。・・・・。」と、心の中で語りかけました。


 
 ママのリラックスが、安産を促してくれたらいいな・・・と、願うばかりです。




 元気な赤ちゃんに会える日も、間もなくです・・・・。



プロフィール

Aromain

Author:Aromain
ようこそ、Aromainのブログへ。
鳥取県米子市で、「一年中、元気で笑顔のお手伝い!」をモットーに活動しているアロマセラピストです。。
大地のエネルギー=クレイテラピー、植物の力=アロマテラピー、植物の魂=イドロラテラピーのほか、クラニオセイクラルセラピーのお手当ても取り入れたトリートメントをしています。
おひとりお一人の「今」に向き合い、寄り添うことを大切にしています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード