FC2ブログ

虫除けスプレー

 虫除けスプレーの季節ですね。


 先日は、マスコミの方からカビ対策についてのお尋ねがありましたが・・・。

 
 梅雨時期ですものね。小さなお子さんがいらっしゃるご家庭では、とくに気を使われる季節なのかもしれませんね。


 今日は、3歳未満児の保育園をされている方が、虫除けスプレーを使いたいけど安心して使える精油じゃないといけないから・・・と、ネットで調べてご来店くださいました。


 わざわざ遠くから探して来ていただき、本当にありがとうございます。


 せっかくなので、虫除け効果があるとされる精油の香りを嗅いでもらったり、それぞれの精油の特徴なんかもお話して、実際に、虫除けスプレーを作って頂きました。


 保育園として、イベントではなく日常的な取り組みとしてされていることが素晴らしいと思います。多くはお話出来ませんでしたが、きっと、子供としっかり向き合った保育をされているんだろうな~と嬉しくなりました。


 本当は精油を買いに来られただけだったのに、突然のアロマ教室になってしまいました(笑)。


 


 

コミュニケーションしてますか?

 最近、ママたちのベビーマッサージが、作業になってきているようで、とても気になっています。



 ベビーマッサージはコミュニケーションなんですよね。マッサージによるコミュニケーションで親子の絆を強くしていくのが目的です。


 優しく全身を撫でられるだけで、どれだけの愛情を受け取ることができるでしょう。その手の動きとともに語りかけられたら・・・。その積み重ねが、愛、安心、気持ち良さを身体全体で感じ、情緒の安定した心を育てていきます。

 そのことが、人を信じる心を育て、人間関係の基礎となっていくのです。だから、心の核が作られていく乳幼児期が、特に大切なのです・・・・。


 それと同時に、実はマッサージをとおして子供たちは、自分の身体に愛情をかけること、身体に感謝することを学び、自分に自信が持てるようになります。自分に自信があれば他人にも寛容になり、ストレスの少ない大人へと成長していくのではないでしょうか。

 

 ベビーマッサージをするのに大切なのは、手技の順序を完璧に覚えることではありません。


 
 気持ち良くてリラックスできるようなマッサージを、ママ(またはパパ)は赤ちゃんの反応を見ながら加減したり工夫したりすることが必要です。 実際に、ゆったりと優しいタッチにすると、赤ちゃんが幸せそうな表情になり、ママもビックリ!という場面はあるのですが、それがレッスンのひとコマではなく日常になってほしいと思います。



 表情を見ながら、顔を近づけて語りかけたり、手の動きに微調整を加えたり・・・その過程が大切なコミュニケーションなんです。


  
 例えば、言葉が通じない上に、目がご不自由な方とコミュニケーションしなければならない場面に遭遇したとしたら、どうしますか?


 その人を励ましたいとか、慰めたい。安全だということを伝えたいとしたら・・・。


 体に優しく触れるでしょう。肩を抱くのかもしれないし、背中をさすって差し上げるのかもしれない。手をつなぐのかもしれないですよね。


 通じない言葉であっても、語りかけるでしょう。細かいことは通じなくても、声のトーンやイントネーションなどとともに、コミュニケーションはできると思います。



 赤ちゃんは、ママの表情や声の調子、身体を触るタッチの加減で、実にたくさんの事を感じ取っています。


 ここでもやっぱり、「ママ!笑って!」と言いたいですね。


プロフィール

Aromain

Author:Aromain
ようこそ、Aromainのブログへ。
鳥取県米子市で、「一年中、元気で笑顔のお手伝い!」をモットーに活動しているアロマセラピストです。。
大地のエネルギー=クレイテラピー、植物の力=アロマテラピー、植物の魂=イドロラテラピーのほか、クラニオセイクラルセラピーのお手当ても取り入れたトリートメントをしています。
おひとりお一人の「今」に向き合い、寄り添うことを大切にしています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード