FC2ブログ

食べることと、しゃべること

 東京から帰った翌日から、毎日ベビーマッサージのレッスンが入っていて、赤ちゃんに癒される日々・・・。


 あ~、しあわせ~。


 それにしても、東京で衝撃を受けた事・・・、書かなくちゃ。


 今回、最も興味があったのが「口腔ケア」の講座でした。


「口腔ケア」って、最近耳にする機会が増えてきた言葉ですが、「お口に中=歯のお手入れ(歯磨き)」って思ってる人が多いと思います。


 でも、食べることは生きる事。生きる意欲に大きく関わってくるともいわれていますよね。健康だと、自分の食べたいものを食べたい時に、食べたい方法で・・・それが当たり前になっていて、ちょっとピンとこないかもしれませんが・・・。


 今回の講師、大塚博子先生は歯科衛生士で、実際に高齢者の口腔ケアや口腔リハビリに携わっておられる方。しかも日本アロマ環境協会認定のアロマテラピーインストラクターです。


 アロマテラピーを取り入れた口腔ケアの極意!?を、実習を交えて教えて頂きました。参加者全員、先生にガムマッサージをして頂きました。「痛ぁ~。・・・・。でも気持ちイイ!」今までに経験したことのない爽快感でした。(何と、美容にもイイらしい・・・)



 まず、口腔ケアとは「歯」だけの問題ではありません。もちろん、歯は大切です。ハチマル二ーマル運動のように80歳になっても自分の歯を20本以上保つのはとても意味のあることです。


 しかし、入れ歯の方が多くなるのも現実です。


 そもそも、私たちは「食べる」のは歯で噛み砕いていますが、それにはたくさんの筋肉の働きが関与しています。


 自分の力で食べれなくなると、それらの筋肉は急速に衰えてしまいます。そして、それらの筋肉は「話すこと=声を出すこと」にも関わっています。

 自分の口から食べれなくなった方は、次第にしゃべれなくなり、声も出せなくなっていくという現実の様子を写真を見ながら聞くことが出来ました。


 また、麻痺などがある方などにもこ口腔ケアや口腔リハビリで、素晴らしい成果がでているという嬉しいお話も伺いました。


 目の前にあるものを、自分の食べたい順に、食べたい量を、自分のタイミングで口に運び食べるということは、第三者に食べさせてもらうのとは、全く食事の質が異なります。


 ましてや栄養物をチューブで胃に流し込むということになれば、視覚も味覚も嗅覚も触覚も聴覚も全く刺激されません。


 五感を使わずして、食事から何を楽しむことができるでしょうか?


 アロマセラピストとしてできることは、口腔ケアと合わせてさらにできることがあるともおっしゃっていました。


 そういうことを考えれば、たとえ寝たきりになっても、口腔ケアをすることで病気の予防(誤嚥性肺炎など)という観点からだけでなく、QOL(生活の質)の向上という意味でも心地よい暮らしのサポートが出来るのではないかと思います。


 
 食べれればしゃべれる。しゃべれれば歌える。そんなふうにお手伝いできればと思います。


高齢者とアロマテラピー

 「高齢者ケアのためのアロマテラピー」は、私にとって大きなテーマであり、今後、もっともっと・・・と考えているアロマテラピーの分野です。


 高齢者のためのアロマテラピーを語る時、やはりこの分野の草分けであり、現役セラピストとして、また指導者としてご活躍の西村真理子先生にお会いしなければ始まらない・・・・と、ずっと思っていました。


 この度、念願かなって3日間、西村真理子先生のもとで「高齢者のためのアロマテラピー」を学ぶ機会に恵まれました。


 「高齢者の心理と心のケア」「口腔ケア」「実践から学ぶ精油学やハンドマッサージ、リフレクソロジーの実習」等々。そして元フジテレビアナウンサーで、現在、アロマセラピストとしてもご活躍の大橋マキさんの、西村先生とともに老人病院でセラピスト活動されたお話も聞かせていただきました。


 延べ8,000症例におよぶ実績の中で、試行錯誤を重ねながら積み重ねていらっしゃた活動の中には、様々な工夫がありました。何より、常にクライアントに寄り添う姿勢、限られた時間と環境の中で、より質の高いアロマテラピーを提供するための努力を、常に謙虚に続けてこられたことが感じられる3日間でした。


 
 温めていた私の思いを形に・・・。行動に・・・。背中を優しく押して頂いた気がします。


 「高齢者のためのアロマテラピー」がもっと自然に広がって、誰でも受けられるようになればいいと思います。


 そのために、共に学び、ともに活動できる仲間づくりをしていかなければ・・・・と思います。




 

出世の石段

 4月29日から3日間、「高齢者のためのアロマテラピー」を学びに東京に行ってきました。


 恥ずかしながら、東京は15年ぶりくらいです。羽田から浜松町までモノレール。そこからJRに乗り換えて・・・。そこで最初の事件!?は起こりました。


 モノレールから降りてJRの切符を買おうとバッグをあけたら、財布がありません。浜松町の駅は人が多く、こんな時、誰にどう相談していいのかさえもさっぱり見当がつきませんでした。


 頭の中は真っ白。体中の血の気が引く・・・、まさにそんな感じです。


 落ち着いて考えてみると、もしかしたらボストンバッグに入れたかも・・・・。案の定です。
何とか、事なきを得て目的地へと歩を進めました。


 ホテルを予約していたので、宿泊の荷物を預けてから会場に向かうことにしました。と、近くに神社がありました。いつもなら素通りするところですが、何だか引き寄せられるように足が向きました。


 お参りしてから・・・・と思い、鳥居をくぐり急な石段を登ります。東京のど真ん中にありながら、とても神聖な気を感じる空間でした。

DVC00289.jpg

それもそのはず、歴史的にも有名な、愛宕神社です。
その時は、「出世の石段」の看板さえも目に入らず、黙々と登りました。

 翌日のランチの時間は、「出世の石段」にまつわるお話アレコレで盛り上がりました。SMAPのキムタクは一気に駆け上ったんだとか・・・。でも、私。駆け上りまではしなかったけど、休まず一気に登りました。(笑)

DVC00293.jpg

 導かれるようにお参りした愛宕神社の「出世の石段」を、黙々と登ったのも何かのご縁でしょうか・・・。



 結局3日間で、三回お参りをしました。男坂の石段を一気に登った事よりも、女坂から登るべきではなかったのかなんて、急に現実的なことを考えたりして・・・。



 東京のパワースポットだそうです。何だか、イイ事が始まりそうな予感がします・・・♪


 

愛情たっぷり

 連休ということもあって、ベビーマッサージのお客様がパパとご一緒です。


 今日は、アメリカ人のパパ。


 日本語もわかるけど、家庭での会話は英語だそうです。


 里帰り出産で離ればなれだったこともあって、「目に入れても痛くない」可愛がりようです。


 お国柄でしょうか!?スキンシップにはとっても積極的。


 そこで、パパも最初からやってみることになり・・・。大きな手で、ベビーマッサージです。


 恐る恐る赤ちゃんの小さな手足に触っていきます。思うように手が使えなくて、ママから応援の声・・・。


 ところが、赤ちゃんはパパの手つきのぎこちなさよりも、そのタッチングからしっかりと愛情を受け取っているようでした。とても落ち着いた表情でリラックスしてましたよ~。


 「Oh!I love you!」の連発で、マッサージ・・・。アイコンタクトを取りながら、しっかりコミュニケーションも取れています。ママの初日よりもスムーズかも・・・(笑)。


 終わってから感想をお聞きしてみました。


 「楽しかったです。これからも続けたい・・・。」とのこと。そして、「ベビーマッサージは一生」という私に大きくうなずいてくださいました。


 ママからも「ベビーマッサージを始めてから、表情が豊かになってよく笑うようになりました。それに手を握ったり開いたりが上手になったような気がします・・・。」


 そういうママは、手の動きも滑らかに、そしてしっかりと赤ちゃんの表情を見ながら声をかけてマッサージができています。


 愛情たっぷりのベビーマッサージは、周りの人も幸せな気分にさせてくれるんですよね。





 

イクメン

 里帰り出産中にベビーマッサージをしたい・・・。そんなママが最近増えています。


 今日が2回目のレッスンの母子さん。ゴールデンウィークということもあって、パパもご一緒でした。


 初めての赤ちゃんで、まだ2か月。



 でも、パパはとても積極的。そういえば、いらっしゃった時、パパが抱っこしてらした・・・。


 最初は恐る恐るでしたが、ぎこちなさの中にも「大切に思っているよ!」「大事だよ!」「愛してるよ!」等々の思いが赤ちゃんにしっかり伝わるマッサージでした。


 パパの大きな手で赤ちゃんの小さな手足、指の一本いっぽんに触るのは難しかったと思いますが、その思いは十分に伝わったのでしょうね。赤ちゃんも、満足げにリラックスしていました。


 思わず「イクメンですね!」と、声をかけると「はい、目指してます!」と、心強い回答。


 肌と肌で触れなければわからない事や、そこから始まる絆の尊さをわずかな時間の中で感じておられるようでした。


 「頑張って、僕もベビーマッサージやっていきます・・・。」と。


プロフィール

Aromain

Author:Aromain
ようこそ、Aromainのブログへ。
鳥取県米子市で、「一年中、元気で笑顔のお手伝い!」をモットーに活動しているアロマセラピストです。。
大地のエネルギー=クレイテラピー、植物の力=アロマテラピー、植物の魂=イドロラテラピーのほか、クラニオセイクラルセラピーのお手当ても取り入れたトリートメントをしています。
おひとりお一人の「今」に向き合い、寄り添うことを大切にしています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード