FC2ブログ

レビー小体型認知症

 先日、介護施設の方からご相談頂いていたので、今日は久しぶりにお邪魔してきました。


 今まで認知症といえば「アルツハイマー型」か「脳血管性」、そして老人性・・・だと思っていました。ところが、「アルツハイマー型」、「脳血管性」、「レビー小体型認知症」というのが三大認知症だということを、今回はじめて知りました(恥ずかしながら)。


 これは認知障害とパーキンソン病のような運動障害の両方の症状があるのだそうです。昼夜問わず行動の「ON」と「OFF」の差が大きく、介護はなかなか大変なんだそうです。


 この度、その方の生活リズムをもう少し規則正しく出来ないものかということで、そういったアプローチを考慮しながらハンドトリートメントをしてみる事にしました。


 実際にお会いしてみると、思っていたよりも(コミュニケーションに不安)積極的なご本人からの言葉が多くて驚きました。初対面の印象は、可能性の手応えのようなものを感じました。これからじっくりと、注意深く観察しながらやっていこうと思います。



 そして、以前、ハンドトリートメントをさせて頂いていた「脳血管性・・・」の方は5か月ぶりの再会でしたが、「手のマッサージの先生(?)」だと覚えていて下さいました。スゴイ!

 他にも脳血管性認知症の方がいらして、ハンドトリートメントをさせて頂きました。こちらは「言葉」が出てこないのが、ご本人も辛そうでした。



 今まで認知症の方のハンドトリートメントをさせて頂いて気が付いた事・・・。


 精油をブレンドしたオイルでのトリートメントは嗅覚刺激を伴い、香りのないモノでした時よりも様々な症状の改善効果が実証されています。(私の経験でも、夜のトイレが無くなって朝までぐっすり眠れるようになったり、大声を出したり乱暴になったりといった興奮状態が鎮まったり、手足の冷えの改善、夜の体位変換が自分でできるようになったり等々ありました。)


 
 私が興味深く感じているのは、トリートメント後の様子です。ご自分の手の肌触りの変化を、手をすり合わせたり摩ったりして楽しむしぐさをたくさん見てきました。時には、目を閉じて・・・。


 トリートメントを受けている時に「気持ちいい」という言葉がでなくても、そのしぐさがたくさんのことを物語っているように思えます。「自分は大切にされている」という幸福感の余韻を楽しむという感じです。


 これって、女性特有の行動なのかもしれませんが、キレイになるとかお肌がスベスベになるっていくつになっても嬉しいことですものね・・・。
 



 

 
プロフィール

Aromain

Author:Aromain
ようこそ、Aromainのブログへ。
鳥取県米子市で、「一年中、元気で笑顔のお手伝い!」をモットーに活動しているアロマセラピストです。。
大地のエネルギー=クレイテラピー、植物の力=アロマテラピー、植物の魂=イドロラテラピーのほか、クラニオセイクラルセラピーのお手当ても取り入れたトリートメントをしています。
おひとりお一人の「今」に向き合い、寄り添うことを大切にしています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード