FC2ブログ

帯状疱疹のち温泉旅行

 先月末から体調を崩し、帯状疱疹でダウンしていた母と温泉に行ってきました。


 温泉と松葉ガニを楽しもうと、夏の終わりから計画していたのですが・・・。あろうことか、帯状疱疹を発症。その時点でキャンセルしようかと思ったのですが、「10日余りあるから、その頃には元気になれるんじゃないか・・・。」という、本人の意思を優先。


 毎日、朝晩、実家に通い「薬塗布」。高齢なのも手伝ってか思うような回復は見られませんでした。疱疹自体は化膿することなく順調に快方に向かったんですが、神経痛の痛みが昼夜断続的にあり、とても疲れた様子の日が続きました。


 若干の不安を抱えつつ、出かけることにしました。2年前にお世話になった鳥取の 観水庭 こぜにやさんに今回もお世話になりました。


DVC00178.jpg

 夕食前に貸切家族風呂で、さっぱりして・・・。風呂上りにリフレクソロジー。寝る前にフェイシャルマッサージ。闘病疲れを少しでも癒そうと努力したのですが、やはり神経痛はそう甘くはなかったようです。


 いつもなら、マッサージをすればとろけるように眠り、翌朝までぐっすり・・・なんですけどね。


 それでも食欲は普段通りだったし、気分転換も大事です。翌日は鳥取砂丘方面へ。少し時期が遅かったので、ラッキョウのお花畑を見ることは出来ませんでした。


 折角なので、テレビでしか見たことのなかった、砂像博物館に立ち寄りました。ここでは車椅子をお借りして、砂の像を観賞することができました。一部砂地の上を歩かなければならず、そこでは、車椅子は後ろ向きに操作しなければ、小さな前輪が砂に埋まってしまって身動きできなくなる・・・ということでした。


 高台にある展示スペースから展望台まで、結構イイ運動でした。私にとっては・・・。登りでは少々息が上がりました(汗)。

DVC00181.jpg

 鳥取砂丘を上から見渡す眺めは日本海まで続き、爽快でした。下りは、足を踏ん張りながらの車椅子(ハンドブレーキがついてなかったんです)操作・・・。


 少々、疲れましたが母にとっては、イイ気分転換になったと思います。

 こぜにやさんでは、常連さんのような心温まるおもてなしをうけ、心身ともに(胃袋も)癒されました。帰りの車の中で、「また来年も元気でこぜにやさんに行かなければ・・・」と、母。


 私が思っているより元気なのかも・・・!?


プロフィール

Aromain

Author:Aromain
ようこそ、Aromainのブログへ。
鳥取県米子市で、「一年中、元気で笑顔のお手伝い!」をモットーに活動しているアロマセラピストです。。
大地のエネルギー=クレイテラピー、植物の力=アロマテラピー、植物の魂=イドロラテラピーのほか、クラニオセイクラルセラピーのお手当ても取り入れたトリートメントをしています。
おひとりお一人の「今」に向き合い、寄り添うことを大切にしています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード