FC2ブログ

椿油とカメリア油

 「生の椿油 ジャポネイラ」を導入してから、オイルの産地やその植物について思いを寄せることが多くなりました。


 以前は知識として知っている・・・程度でした。恥ずかしながら。



 「生の椿油 ジャポネイラ」は、伊豆大島の株式会社 椿さんの商品ですが、この椿油に巡り合うまで私は、伊豆大島のことをほとんど知りませんでした。


 ところがこの椿油との出会いをとおして、「生の椿油 ジャポネイラ」の向こう側を感じるようになりました。


 椿油とは、ツバキ科ツバキ属ヤブツバキの種子から採取される植物性油脂のことである事を知りました。カメリア油というのは油茶などツバキ属の種子から採ったものの総称なんですね。


 そして、ヤブツバキは日本における代表的原料植物で、東京都伊豆大島、利島や長崎県五島列島福江島、新潟県佐渡などが有名な産地です。


 伊豆大島が椿油の産地だというのは、漠然とは知っていましたが、その地にとってヤブツバキという植物がどういう役割であるのか、また人々とどのように寄り添ってきたのかなど全く考えたこともありませんでしたが、このところ、そういうことがとても気になります。


 折しも先日、NHKハイビジョンで「こんな素敵なニッポン」という番組で伊豆大島の椿油を取り上げていました。ヤブツバキが防風林としての役割があったことも知らず、どのように栽培されているのかもイメージできていなかった私にとって驚くことばかりでした。

 栽培農家として収穫した椿の種子を搾油所に持ち込む方、散歩の途中に拾い集めたものを持ち込む方、そうして一つ一つの椿の種が人の手で集められることを知りました。


 そこには自然の恵みへの感謝とか、一人一人の役割の大切さとか、自然とともに誠実に生きる人々の姿が映し出されていて、気が付けば正座してテレビをみていました。


 「カメリア」ではなく、椿油といえるのは、ツバキ科ツバキ属ヤブツバキの種子から採取される植物性油脂だからこそ。そして、「生の椿油」といえるのは、加熱しないで搾ったものだからです。そのことで、本来の成分が保持されるのです。


 加熱圧搾や溶剤抽出だと採油量は多くなりますが、成分が変化したり失われたりします。


 透明に精製された椿油は他にもありますが、私が調べたなかでは非加熱濾過精製のものは「生の椿油」だけでしたし、その使用感の違いは歴然でした。


 椿とともに営みを重ね、次の世代へと新たな椿の木を植えておられる老夫婦の姿や見たこともないような大きな大きな椿の並木道、紺碧の海に浮かぶ島の風景・・・それらの全てに感謝して使わせて頂いています。


 
 皮膚のバリア機能が低下しやすい今だからこそ、おススメの「生の椿油 ジャポネイラ」です。贅沢にも、これをキャリアオイルとして使用したアロマトリートメントは、「何!コレ?」と、嬉しい驚きです。







聞くチカラ

 読書絵手紙感想文コンクールの課題図書の紹介とともに、「お話訪問隊」により幼稚園や小学校などでお話会が開かれています。
 昨日は、そのお話ボランティアに参加してきました。小学校1・2年生約60名のお話会でした。小学校でのお話会に参加したのは何年ぶりでしょうか・・・。随分久し振りでした。


 朝読書の取組みをされているという事を伺っていましたが、実際にお話をしてみて、子供たちの「聞く力」に感心しました。


 何かを問いかけても、子供たちはそれぞれに反応しますがそこからダラダラすることはなく、真剣なまなざしの中でお話会は盛り上がっていきました。


 絵本3冊とストリーテリング1話で、30分のお話会でした。会場のみんながとても集中してお話を楽しめた素敵な時間でした。


 そこには日頃の訓練や、地道な活動の積み重ねによって培われた「聞くチカラ」がありました。


 人の話をしっかり聞くことができる子供たちは、落ち着いていて、しっかり視線を合わせて相手の話を聞くことが出来ます。


 表情も自然で活発ですが、実にお行儀の良さを感じました。


 「聞くチカラ」大切ですね。




 

始めましょう!ベビーマッサージ!

 先日、2回目のベビーマッサージレッスンにいらしたママが・・・。


 「この子、3日に1回くらいしか便通がなかったんです。ところが、前回のレッスンの日に帰宅してから3回も・・・。次の日からは、毎日1回便通があるようになったんですよ・・。」


 実は、第1回のレッスンは、仰向けの姿勢での下半身のマッサージレッスンです。お腹のマッサージをした訳ではないので、よけいに驚かれたんでしょうね。


 ベビーマッサージの後は、すごくよく寝てくれる・・・というのも実感のようです。


 4か月、もうすぐ5か月になる赤ちゃんですが、マッサージの快、不快をはっきり教えてくれます。ママのマッサージと、私のマッサージにも反応が違うんですよ・・・。

 


 ママにとっても赤ちゃんと二人っきりの日常に風穴があいたような時間で、ベビーマッサージは楽しみのようです。そして赤ちゃんのちょっとした変化にも、早く気付くことができるようになった事にベビーマッサージの効果をお感じのようです。 


 快眠、快食、快便は、健康の基本ですから、それは心と身体のバランス状態の良さを意味します。


 こうして、ご自身が日々重ねる中で実感し、親子の絆を深めていく・・・。それがベビーマッサージであり、子育てだと思います。



 心穏やかに親も子もいられることは、どれだけ幸せなことか。そしてどれだけ豊かな人生なのか・・・。その礎は、乳幼児期の親子関係に大いに影響されます。


 

 始めましょう!ベビーマッサージ!

 続けましょう!ベビーマッサージ!




三度目の花泥棒!?

 残念です。

 またまた、プランターが持って行かれてしまいました。

 この秋植えた黄色のビオラが、やっとこんもりと咲いてきた矢先の事です。


             


 しかも、ホンの2時間余りの間に・・・。今回も、前回、前々回同様にプランターだけ持ち去られてスタンドはそのまま残っていました。


 1週間から10日に一度のペースで液肥を与える等の管理をしてきて、やっと・・・と、今朝、施肥をしながら感じていたところです。


 実は、今日、自転車で通りがかりに無くなったプランターを振り返って見ていった人を偶然見かけました。なぜかその瞬間、「この人、あのプランター狙ってる。」と、思ったんですよね。


 「きれいだな~」と思ってお花を見て通る人とは、視線が全く違っていたんです。


 残念です。とにかく残念です。


 お花が無くなったことも、キレイに咲いた花を黙って持って行ってしまう人がいることも・・・。


帯状疱疹のち温泉旅行

 先月末から体調を崩し、帯状疱疹でダウンしていた母と温泉に行ってきました。


 温泉と松葉ガニを楽しもうと、夏の終わりから計画していたのですが・・・。あろうことか、帯状疱疹を発症。その時点でキャンセルしようかと思ったのですが、「10日余りあるから、その頃には元気になれるんじゃないか・・・。」という、本人の意思を優先。


 毎日、朝晩、実家に通い「薬塗布」。高齢なのも手伝ってか思うような回復は見られませんでした。疱疹自体は化膿することなく順調に快方に向かったんですが、神経痛の痛みが昼夜断続的にあり、とても疲れた様子の日が続きました。


 若干の不安を抱えつつ、出かけることにしました。2年前にお世話になった鳥取の 観水庭 こぜにやさんに今回もお世話になりました。


DVC00178.jpg

 夕食前に貸切家族風呂で、さっぱりして・・・。風呂上りにリフレクソロジー。寝る前にフェイシャルマッサージ。闘病疲れを少しでも癒そうと努力したのですが、やはり神経痛はそう甘くはなかったようです。


 いつもなら、マッサージをすればとろけるように眠り、翌朝までぐっすり・・・なんですけどね。


 それでも食欲は普段通りだったし、気分転換も大事です。翌日は鳥取砂丘方面へ。少し時期が遅かったので、ラッキョウのお花畑を見ることは出来ませんでした。


 折角なので、テレビでしか見たことのなかった、砂像博物館に立ち寄りました。ここでは車椅子をお借りして、砂の像を観賞することができました。一部砂地の上を歩かなければならず、そこでは、車椅子は後ろ向きに操作しなければ、小さな前輪が砂に埋まってしまって身動きできなくなる・・・ということでした。


 高台にある展示スペースから展望台まで、結構イイ運動でした。私にとっては・・・。登りでは少々息が上がりました(汗)。

DVC00181.jpg

 鳥取砂丘を上から見渡す眺めは日本海まで続き、爽快でした。下りは、足を踏ん張りながらの車椅子(ハンドブレーキがついてなかったんです)操作・・・。


 少々、疲れましたが母にとっては、イイ気分転換になったと思います。

 こぜにやさんでは、常連さんのような心温まるおもてなしをうけ、心身ともに(胃袋も)癒されました。帰りの車の中で、「また来年も元気でこぜにやさんに行かなければ・・・」と、母。


 私が思っているより元気なのかも・・・!?


プロフィール

Aromain

Author:Aromain
ようこそ、Aromainのブログへ。
鳥取県米子市で、「一年中、元気で笑顔のお手伝い!」をモットーに活動しているアロマセラピストです。。
大地のエネルギー=クレイテラピー、植物の力=アロマテラピー、植物の魂=イドロラテラピーのほか、クラニオセイクラルセラピーのお手当ても取り入れたトリートメントをしています。
おひとりお一人の「今」に向き合い、寄り添うことを大切にしています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード