FC2ブログ

久々の読み聞かせボランティア

 お店を始めてから時間が合わなくてご無沙汰していた読み聞かせボランティアに、昨日、久々に参加してきました。


 米子市主催の6か月児健康診査のなかで取り組まれているブックスタートのお手伝いです。


 受診の親子ひと組にボランティアが一人で、対面の読み聞かせをします。昨日は受診者59名にボランティア9人(くらいだったかな?)でした。


 健診が終わったか方から次々にお迎えしていったので、待つ人はいない状態でボランティアが対応できました。時には、たくさんの方に待って頂くこともあるんだそうです。微力ながら、少しはお役にたてたのでしょうか・・・。


 私は初めての参加でしたが、ベテランさんがズラリとおられ、様子を見ながらなので・・・・なかなかデビューができずにいました。が、その時は突然やってきました(笑)。


「○番の○○ちゃんです。お願いします。」と声がかかり、ついにデビューです。
絵本を読む事以前に、パンフレットの説明等に少々骨が折れました。お渡しする封筒に入ったパンフレット等に予備知識がなく、十分な説明ができなくて申し訳なかったと思います。


 
 ブックスタート・・・ですから読むのは「赤ちゃん絵本」です。今まで、絵本は読んできましたが、赤ちゃん絵本の取り組みはあまりしてきていません。


 お店で、ベビーマッサージにこられた親子さんに時々読んだりしますが、それでも手元にある赤ちゃん絵本の数はわずかです。
事前に読み込んで準備できたらよかった・・・と、準備不足の自分に反省です。


 言葉も少なくページ数も少ない「赤ちゃん絵本」は、厳選に厳選を重ねられた芸術品なので、読む方もそれなりの準備が必要ですし、赤ちゃんはきっとそんな大人の読みを察知するはずです。


 しかも、昨日は本が新しくて、うまくめくれないことが度々あり、こちらも反省です。


 それでも疲れ気味の赤ちゃんがにっこり笑ってくれたり、ぐずり始めていたのが絵本を読むうちにご機嫌になってくれたり・・・随分励まされました。



 絵本ってイイな!お話ってイイな!赤ちゃんってイイな!ママってイイな!・・・・!



 反省点はたくさんありますが、やっぱり読み聞かせは楽しいと、あらためて感じました。次回参加させてもらう時には、もう少し読み込んでから行こうと思います。



手にも脚にも踵にも

 ~アロマウィークイベント「生の椿油を使った贅沢ミツロウクリーム」~

 ミツロウクリームを作ったことのある方が、お一人だけいらっしゃいました。あとの方は、何もかも初めてで、「自分でクリームなんか作れるんですね~」と、興味津々。


 全部で3回の講習会になったんですが、最初の回に参加された方のお一人が、ミツロウクリームの経験者であり、しかも「生の椿油 ジャポネイラ」をすでにお使いでした。


 クリームが出来上がるとビーカーや竹串についたクリームを手に擦りこんで・・・。その使用感を確かめ、楽しむ様子はよく見かけますし、私もします。


 が、その方は手のみならず「足に塗って帰ります・・・」と、モゾモゾと・・・。ほかの方も最初は手だけでしたが「もったいないから・・・」と・・・。


 次の回もその次の回に来られた方にも、そんなお話をしたら、最初は皆さん笑っておられましたが、やっぱり出来上がると、残ったクリーム?を手に首筋に膝に、踵にと擦りこんでいかれました。


 今までもミツロウクリーム作りは何度もやっていますが、手以外に擦りこまれるのを見たのは初めてでした。


 これはただ単に「もったいない!」だけではなく、今回の贅沢ミツロウクリームは特別なんだと肌で感じられたのではないかと思います。


 「生の椿油 ジャポネイラ」の浸透の良さとその保湿力は、一滴肌に乗せただけでよく分かります。


 クリーム作りをする前に、皆様にお試し頂き、実感されたたことが、今回の奇妙な!?行動になったんでしょうね(笑)。


 今回は、「生の椿油 ジャポネイラ」の製造元である株式会社 椿様のご厚意で、オイルになる前のヤブツバキの種を送って頂きました。しかも、ありがたいことに、あちらから声を掛けて頂きました。お陰様で、参加者の皆様に、伊豆大島から届いたヤブツバキの種を手に取って見て頂くことができました。


 精油でも植物油でも、元の植物を知ることはすべての原点です。しかし、なかなかそういう機会は多くありません。今回は、外側の皮を見ただけでも艶があって、いかにも良質なオイルが搾れそうなヤブツバキの種を手にすることができました。


 こういう経験が、植物への、そして様々な過程で携わる方々への感謝へとつながり、自然の恵みに癒されることを実感しますよね。


 あらためて、たくさんのみなさまに感謝!です。




幸せの香り玉で集中力UP!?

 アロマウィークイベント「幸せの香り玉(ポマンダー)」作りにお越しいただいた皆様、お忙しい中ありがとうございました。
まずは、感謝!感謝!感謝!です。


 この春「小学生のための母と子のハンドマッサージ教室」に参加の親子さまが、今回のイベントをとても楽しみに来てくださいました。


 今まで見たことも聞いたこともないものを作るなんて・・・・できるかしら?お母さまの頭の中には多少の不安が見え隠れしていたようです。


 ところが小学生のお姉ちゃんも年長組の妹さんも、お母さまの心配をよそに、ものすごい集中力で、しかもとても丁寧にクローブを刺しこんでいきます。


 年長さんは姫リンゴ、お姉ちゃんはオレンジに黙々クローブを刺しこんでいきます。クローブとクローブの間隔をバランスよく刺しこむよう作業です。


 出来上がったものには、ポマンダーパウダーをまとわせて少し落ち着かせてから乾燥させなければなりません。実際に「幸せの香り玉」の完成は、およそひと月後となりますが、クローブを刺しこんだ時点での達成感はありますね。そして、オレンジ(レモンや姫リンゴ)とクローブの香りに包まれた空間は、気持ちを明るく穏やかにしながら、集中力もUP!


 「1時間、こんな風に集中して作業する子供の姿をみるとホッとします。ゲームで1時間・・・だと、見ていてイライラするけど・・・。」というお母さまの言葉が印象的でした。


 意識して香りをチョイスすることがこんなに意味があることなんだと驚いた・・・とももおっしゃっていました。


 何より、親子でそういう体験をして頂けて本当に良かったと思います。


 ご参加くださった方々から、他にも興味深いご感想をたくさん頂きました。何かの折にまたご紹介できれば・・・と、考えています。


 そして、今後の企画にも反映させていきたいと思っています。


幸せの香り玉

 オレンジなどのフルーツにクローブをたくさん差し込んで作る「幸せの香り玉(ポマンダー)」は、現代のヨーロッパではクリスマスの風物詩のひとつだそうです。

ポマンダー pomanda.jpg


 中世のヨーロッパでは魔除けや病気予防のためのお守りとして身に着けられていたといいます。それもそのはず、クローブは感染症抑止剤としてペストなどの伝染病予防に使用されてきた長い歴史があります。


 クローブの香りは、心に積極的な刺激的効果をもたらし、記憶力を強化し、抑うつ的な気分を明るく高めてくれるようです。感情が弱まり、気力がなくなってきた時には助けになってくれる香りです。一方で、昆虫忌避作用があり、ゴキブリが嫌いな香りでもあるんですよね。お台所に可愛く飾っておけば一石二鳥かも・・・。


 オレンジやレモンといった柑橘系の香りは、気持ちを温めて明るくしてくれるのはご存じのとおりです。



 そして、クローブにも、オレンジにも消化促進作用があるんですね。


 日あしが短くなり、だんだん寒くなっていく時期、人の心も何となく沈みがち・・・。季節がら体に色んなものをため込みやすくなります。血行が悪くなったり、浮腫みやすくなったり・・・。


 そんな季節に、クローブとオレンジの香りは、ピッタリです。



 そういえば、クリスマスマーケットのホットワイン・・・あれにもオレンジのスライスとかクローブとかシナモン、スターアニスなんかが入っていたような・・・。心も体も温まったはずです・・・(笑)。



 フルーツポマンダーは、この季節を健康に乗りきる先人の知恵といえるでしょう。



 明日は、11月3日 アロマの日。
アロマウィークイベントとして、今年も「幸せの香り玉(ポマンダー)作り」をします。お気軽にお越しください。小学生以上の方ならどなたでも・・・。就学前後のかたにも簡単にできる姫リンゴも用意しましたので、ご家族でいらしてください。お待ちしています。


顔が小さくなった?

 先日来、「生の椿油 ジャポネイラ」を使った贅沢ミツロウクリームの使用感を満喫しているところです・・・。


 関西に住む娘達も、ホームページやブログをチェックしながら、気になっているようでした。長女は、里帰り兼ねて11月7日のイベント参加も・・・と。


 落ち着いて考えれば現実的ではないことはすぐに分かりますが・・・。そこで、モニターということで先日、「贅沢ミツロウクリーム」を送ってみました。


 さっそく、モニターからのメールが届きました。

 「昨日、(夫に)顔ちいさくなった?って言われたんだけど・・・。贅沢クリーム使ってるとか言ってないのに、スゴイね。なんか毛穴が小さくなって(引締まって?)その分、顔が上がった感じ!どうしよ!顔が無くなっちゃったら・・・。いやん!」


 え~~~、そんなに?ビックリです。


 私が、朝の洗顔の時「顔が小さくなった感じ」と言ったら(実際、それが「生の椿油」の第一印象なんんですが・・)、「塗るたびに顔が小さくなったら、顔が無くなってしまうよ・・・。」と、笑っていた娘からのメールです。




 ひと晩、塗って寝ただけで、次の日に「顔が小さくなった?」なんて言われるんだ・・・。若い人は・・・。そんなに変化が見て取れるんだ・・・と少々複雑な気分ですが。


 

 気を取り直して・・・でも、お客様も同様の感想をおっしゃっていたので、大げさでも何でもありません。


 お肌の乾燥がストレスに、ストレスがお肌の乾燥に・・・・なる季節です。



 スキンケアの基本は、イチにもニにも保湿!乾燥させない事です。、「生の椿油 ジャポネイラ」を使った贅沢ミツロウクリームを作りにいらっしゃいませんか?



 と き  11月7日(日)  10:00~17:00
 参加料  1,000円(2個以上お作りになりたい方は、1個につき1,000円頂きます。)
 申込み  電話で。(0859)21-3412


 アロマウィークイベントならではの、お得なプライスです。是非、この機会をお見逃しなく!

プロフィール

Aromain

Author:Aromain
ようこそ、Aromainのブログへ。
鳥取県米子市で、「一年中、元気で笑顔のお手伝い!」をモットーに活動しているアロマセラピストです。。
大地のエネルギー=クレイテラピー、植物の力=アロマテラピー、植物の魂=イドロラテラピーのほか、クラニオセイクラルセラピーのお手当ても取り入れたトリートメントをしています。
おひとりお一人の「今」に向き合い、寄り添うことを大切にしています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード