FC2ブログ

世界最高峰、最先端のアロマテラピー

 昨日は、EIAジャパン第1回記念セミナー(大阪会場)に参加させて頂きました。(本日は、東京会場で開催)


 講師は、ケモタイプ精油の基本的概念の発見とその化学的証明や多数の精油の治療的利用の可能性を発見した、フランスアロマテラピーの最高峰であり、今なお最先端の研究者でもあるピエール・フランコム氏。

 「フランス・アロマテラピー大全」の編著者でもあります。


 10時から16時(実際は17時半までの熱心な講義が続きました)までのセミナーだったのですが、瞬きさえする暇がないほどの集中した講義でした。
かろうじて先生の講義(フランス語)に通訳が入るので、メモが取れるというタイミングでしたが、一秒たりともこの貴重な時間を無駄にしてはならないと、その場にいる人すべての思いが一つになったのを肌で感じました。


 どれもこれも、実に専門的であり、最先端の研究による興味深いお話でした。



 今まで、超臨界流体抽出の精油は成分的には素晴らしいけれど、現実的ではないよなとらえ方をしていました。
ところが、フランコム先生のお話では、そんなに遠くない時期に私たちはその精油に触れることができる・・・と。それを聞いて「わ~楽しみ・・・」の声がもれていました。私も、今からとても楽しみです。


 「リラックス」「癒し」だけではないアロマテラピーの真髄にふれることができ、とても光栄に思います。


 今後、更に研鑽を積んでより有用なアロマテラピーの実践を進めていきたいと思います。



 植物のこと、精油のこと、植物オイルのこと、生体のメカニズムのことなどなど、アロマセラピストとして求められることは膨大ですが、それらがトータルでとらえられなければ、質の良いアロマテラピーを提供することができないのも現実です。
 


 このような素晴らしいセミナーを開催してくださいました 山本淑子ハーブ・アロマアカデミーの山本淑子先生はじめスタッフの皆様のご尽力に心から感謝を申し上げたいと思います。


 この度のセミナーで学んだことを日々の仕事の中で、お客様にお伝えしていけるよう努力してまいります。どうぞ、これからもよろしくお願いします。


久々のウォーキング

 暑さを理由に、朝のウォーキングをやらなくなって数か月。すでに、季節は秋。暑さどころか朝晩は肌寒さを感じるようになったのに、なかなか再開できずにいました。


 明日の朝こそは・・・と決意していても、朝になると「あ~、何だか今朝は頭が痛い・・・」とか「体が重い・・・」とか。たまに目覚めがスッキリで、「よ~し、今日は歩くぞー」なんて日は、雨だったり・・・。


 要するに、自分のやる気の問題なんですけど・・・ね。


 ここ数日、明日こそは・・・の思いで床につきながら挫折の日々でした。



 が、今朝は、とてもとても優秀!?な目覚ましに起こされて、重い腰を上げました。



 歩き始めると、それは気持ちがいいもので何とも言えない朝の空気感です。やっぱり、心も体も軽やかになります。


 歩くことで緊張がほぐれていくのを感じました。運動不足になると、体全体の可動域もせまくなるし、思考回路も狭くなるような・・・。あらためてそんなことを感じました。


 体を動かすって、大切ですね。



 朝のひんやりとした空気の中を、自分のペースで歩く事。空の色や雲の様、草花や街路樹の変化など目に映るものや季節を感じさせる香りなどに五感をフル回転させる・・・そんな時間を忘れかけていたことに気が付きました。



 帰宅してからも、明日からも歩くことを考えながら、朝食の支度。朝食を摂りながらふと新聞の「占い欄」に目をむけると、「体を動かせ!」と書いてありました。




 思わず、くすっ。



 見えない力に背中を押されて歩いたのでしょうか・・・・。




生の椿油はホントにスゴイ!

 
 「生の椿油 ジャポネイラ」を使用したアロマトリートメントを始めました。より多くの方にオイルの素晴らしさを実感して頂けるよう、お得なお試しキャンペーンをしています。


 届いた商品を店頭に並べたものの、さりげなくこっそり・・・・。ところが、全くほかの話をしていたお客様が、「これ何?」と、いきなり手に取って・・・。


 テスターのオイルを手にワンプッシュ。「え~。何これ!欲しい!」と、あっという間にお買い上げ頂きました。あまりのスピードに、私の方があっけにとられた感じでした(笑)


 その次にいらしたお客様も、施術に使ってみたいとおっしゃってくださり、お帰りの際には、当然のようにお買い上げくださいました。



 次の日も、同様でした。


 今日はさっそく、お買い上げくださったお客様が、訪ねてくださいました。



 「朝の顔を洗う時の感触が、今までとは全く違う!」と、私が衝撃を受けた感想と同じことをおっしゃいました。そのあとも、「それから・・・・」と、うれしいお話は続きましたが、わざわざそんなお話をしに来てくださった事に心から感謝です。


 でも、その気もちすごく分かる・・・と、ちょっぴり心の中でほくそえんでる私・・・。


 自分で使ってみてもその素晴らしさにほれ込んで、今、さまざまな使い方をためしています。


 一部をお客様にご紹介すると、「へ~、そんな使い方もあるの?」とか「いいな~。そんなのやってみたい。教えて・・・。」などのお声を頂いています。


 
 せっかくの機会なので、たくさんの方にご紹介できればいいなあ・・・と思っています。



 そこで、今年のアロマウィーク(11月2日~11月8日)のイベントには、この「生の椿油」を使った企画を考えています。近々、ご案内できると思います。



 お肌の乾燥が気になる季節だからこそ、頼りになるアイテムとして色々な使い方をご紹介しますので、楽しみにしていてくださいね。

国産のキャリアオイル

 アロマセラピストなら一度は国産のキャリアオイルについて考えたことがあると思います。


 私も、以前から考えていましたが「これは!」という出会いには至りませんでした。



 大手化粧品メーカーのみならず「椿油」への関心が高まっていることは知っていましたが、ヘアケア用のイメージが強く、私の知っている椿油は、黄色くて独特の臭いがあって、べっとりとした重いオイルでした。


 椿は日本古来の植物で北海道を除く広い範囲で栽培されていて、国産オイルとしてはとても興味がありましたが、色といい、臭いといい、アロマトリートメントには不向きだと思っていました。


 ところが、無色無臭を謳った椿油をみかけるようになりました。



 その中に、非加熱濾過精製のものを見つけました。
一般的には搾油量が多い加熱製法のものがほとんどです。製法の違いが使用感にどのように影響するのか知りたくて数種類の椿油を取り寄せてみました。


 まずは色。無色透明と言われているものでも実際にはうっすら黄色いものがありました。そして臭い。これにも差がありました。無臭とは言い切れないけれど精油の香りを邪魔するほどのものでなければ問題ないと思いました。

 そして使用感。たしかにどのオイルも椿油自体オレイン酸の含有率が高く(オリーブオイル70%、椿油85%以上)保湿力に優れていると思いました。


 驚くことに、非加熱製法のものと加熱製法のものには保湿力に2.5倍の差があるという実験データもありました。実際に使ってみてもその差は歴然でした。



 夜のお手入れの最後に数滴の「生の椿油」を使うだけで、翌朝のお肌はベツモノでした。



 オイルを使ったからというべたつきは一切ありませんでした。それよりもお肌に弾力がよみがえり、大げさに聞えるかもしれませんが「お顔がキュッと小さくなった感じ」でした。



 娘にその時の感動を伝えたら「毎日使ったらだんだん顔が小さくなって、しまいには無くなってしまうんじゃないの?・・・・」と笑われてしまいましたが、触った感じが小さくなったような感覚って初めてでしたから・・。


 今まで、さまざまな化粧品等使ってきましたが、この感覚は本当に初めてでした。そして、残念ながら加熱製法の椿油では、このようなことは起こりませんでした。



 実際に、「生の椿油」でアロマトリートメントをされているセラピストさんにもお話を伺いし、是非使いたいと思いました。



 椿は日本原産で古来より親しまれてきた植物です。花を愛で、葉はお茶に、種を搾って油に、幹は櫛や木彫りなど・・・。


 なかでも日本原産の原種、ヤブツバキは学名を、カメリア・ジャポニカ(Camellia Japonica)といいますから、古来から人々に愛されてきたことがここからもうかがわれます。


 まさにその国産ヤブツバキの種を一粒ずつ選別し、洗浄、乾燥したものを少しずつ手作業で搾油。非加熱濾過精製でゆっくりと濾過された無色透明でさらりとした「生の椿油」を、是非皆様にご紹介したいと思います。



 スキンケアオイル「生の椿油」ジャポネイラ 15ml 1,600円と50ml 5,000円の販売も始めました。


 そして、「生の椿油」ジャポネイラを使ったアロマトリートメントコース近々スタートします。メニュー等が整いましたら、ご案内しますね。



 お肌の乾燥が気になる季節のスキンケアに、是非!本当にいいものだからお勧めしたい。その思いにつきます。




 


 

秋ですね~

 すっかり秋ですね。

 
 果物も茸も…野菜も、お魚も・・・。味覚の秋ですよね。



 スーパーに行っても目移りするほどの秋の味覚が満載です。



 私は、秋になると「栗の渋皮煮」をするのが恒例なんですが、今、とても迷っています。



 セラピストとしては「手」が命ですから、手荒れの原因になるようなことは出来ません。当然のことなのですが・・・・、ちょっぴり残念。


 そういえばこの夏、らっきょう漬けをするのに、ひとつひとつ洗って根と頭をを切り落とし、薄皮をとって・・・の作業も手袋をして時間をかけてやりました。


 ただ、「栗の渋皮煮」は栗の渋皮に傷をつけないように鬼皮をむかなければいけないので、普通にやっても結構骨の折れる作業です。それを手袋して・・・となると、なかなか厄介です。



 今は大抵のものが1年じゅう手に入りますが、それでもその季節でなければ・・・のものもあります。



 そういう季節感って大切にしたいと思っているので、やっぱり秋は「栗の渋皮煮」です。



 ただシロップで煮るのも手間のかかった和菓子のようでイイですが、ブランデーを入れて洋菓子風にするのもイイし、それをパイやタルトに入れて焼くのもイイですよね。



 やっぱり作らない訳にはいきません・・・。でもくれぐれも手荒れ厳禁なので・・・そこが問題です。



 スーパーに行っては、栗を手に取って、元に戻して・・・しばらく続きそうです。




 まずは、栗ご飯からにしましょうか・・・。



プロフィール

Aromain

Author:Aromain
ようこそ、Aromainのブログへ。
鳥取県米子市で、「一年中、元気で笑顔のお手伝い!」をモットーに活動しているアロマセラピストです。。
大地のエネルギー=クレイテラピー、植物の力=アロマテラピー、植物の魂=イドロラテラピーのほか、クラニオセイクラルセラピーのお手当ても取り入れたトリートメントをしています。
おひとりお一人の「今」に向き合い、寄り添うことを大切にしています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード