FC2ブログ

ココロとカラダ

 出産を機に体調がスッキリしない方。出産後、何年も経っているのに、体調不良が続いている方。あちこちのお医者様にかかっているけど、いっこうに良くなってくる実感がないという方。生理前になると、何も出来なくなってしまうという方。・・・・。ココロとカラダのアンバランスな状態がいつまで続くのかと、更なる不安に悩む方・・・・等など。


 どれも女性特有の悩みです。


 実際、私自身その当事者として何年も苦しみました。・・・・。その辛さは痛いほど分かりますが、経験した事のない方には理解しにくいかもしれません。



 そこから抜け出すきっかけが、私にとってはアロマテラピーでした。


 ココロとカラダへ、香りがもたらすものは想像以上のものでした。



 そういった悩みをお持ちの方がホームページを見て「この人なら、私の話を聞いてくれるかも・・・」と訪ねてくださいます。


 「治ったんですよね」「本当に治るんですよね」と、おっしゃいます。


 もちろん「治ります!」とお答えしています。


 「全く先が見えないトンネルなんです・・。真っ暗なんです。」とおっしゃる方に、「トンネルなら必ず明かりが見えてきます。穴ではないのです。大丈夫。」と。



 やらなければ・・・と思っていてもできない事があって、周りからはサボっているようにとられたり、人前ではついつい頑張りすぎて一人になると言いようのない疲労感に包まれたり、何気ない他人のひと言に深く傷ついたり・・・。気持ちの落ち込み、不安・・・、自分を責めてみたり・・・。


 当事者になったものにしか分からない辛さですが、きっと抜け出せます。最近その思いを強くしています。


 お客様の、「こんなふうに話せる場所があると思うだけで気持ちが楽になりました。」とか「話を聞いてもらうだけで、カラダが軽くなりました。」とか「もうダメ。何も出来ない。私、無理・・。と思っていたのに、施術後の爽快感に、何だかもう少し頑張れそうな気がしてきました。」など、個人差はありますが施術後は、明らかにご来店時とは別人の笑顔になられるのに接し、その度にそう思います。


 アロマトリートメントにできる事は、まだまだたくさんありそうです。


 ココロとカラダが元気って、こういうことなんだ!と空を仰ぐ日はそう遠くないと思います。先ずは、話してみましょうよ・・・。



 
 

エキナセアの香り

 メディカルハーブを勉強して、最初に育ててみたいと思ったのがエキナセアでした。

 昨年、エキナセアの花が少しずつ変化しながら大きな花になっていく様子にわくわくしました。


 最初は細い花弁が徐々に幅広になっていきます。真ん中の花芯部分も少しずつ円錐状に変化していきます。蕾が開くといった単純なものではなくとても神秘的です。

echinasea-1.jpg

 そんな変化に感動していた昨年。確かにその変化に心躍らせる思いで見ていたのですが、それ以上の記憶がありません。


 例えば、花弁の厚さとか、感触とか・・・。


 ふとしたことから、ポプリにエキナセアのドライフラワーを入れる・・・という記事が目にとまり、「え?」エキナセアってドライフラワーになるんだ・・・と。


 円錐形になった花芯ってどんな感じなのか・・・。キク科の植物だから、きっとその仲間たちと同じなんだろう・・・としか思っていませんでした。が、・・・・。


 今年も、次々と花を咲かせてくれているので、自分の手で確かめてみようと思い触ってみると・・・。イメージとは全く違うその質感にビックリ!です。


 円錐形の花芯部分は、硬くてしっかりしています。千日香のお花をもっとしっかりさせたような感じです。花弁はぺらぺらな感じをイメージしていましたが、意外にしっかりとした質感です。


 そして何より驚いたのは、とてもイイ香りなんです。


 免疫力アップのハーブとして筆頭に上がってくるほどのエキナセアですが、その含有成分について「メディカルハーブの事典(東京堂出版)」のなかでも、芳香成分については「精油 0.1%以下」としかふれていません。

 エキナセアの含有成分は、カフェ酸誘導体(エキナコシド・シナリンなど)0.3~1.7%、多糖類(ヘトログリカン類など)、アルキルアミド(イソプチルアミドなど)0.01~0.15%、精油0.1%以下、ピロリジジンアルカロイド(微量)です。


 エキナセアの多糖類はマクロファージの活動を活発にし、インターフェロンの産出を促進されることが報告されています。免疫力を増強し感染症を予防するハーブとしてその有効性や安全性が確認されています。


 ただ、そのわずかに含まれる芳香成分についての文献を見つけることができなかった事は残念です。


 今日は、エキナセアの花をお店に飾っています。何度となく思わず鼻を近づけて香りを楽しんでいます。


 ハーブ園などでも目をひくお花です。近づいて香りを楽しんでみてはいかが・・・。





ラベンダー摘み

 先日の定休日、蒜山にラベンダーを摘みに行ってきました。昨年は、途中で雨に降られたので今年こそはと、数日前から自分の中では計画をねっていました。


 開園の9時を目指していましたが、到着したのは15分くらい過ぎていました。

image.jpg



 それでも、今年は意気込みがちがいます。摘みたてのラベンダーでスティックを作りたいとも思っていましたので、レジの方にそれが出来るかどうかも確認してから、いざ、ラベンダー畑・・・。

DVC00091.jpg





 1時間半くらいかけて摘み取ったラベンダーを、レストランに持ち込み、リボンも現地調達です。


 パスタで腹ごしらえしてから、念願のラベンダースティック作り・・・。


 するとちょっとおしゃれなご婦人が近づいて来られ、「何本(ラベンダーの数)でやってるの?」と声を掛けられました。


 そこから、全く予期しない一日が動き始めました。・・・・。


 京都から毎年ラベンダー摘みにいらしているという、70歳前の仲良しご夫婦。摘みたてのラベンダーをスティックにして編む手前までの作業をここで済ませてから持ち帰られるのだそうです。


 摘まれたラベンダーは私の3~4倍。スティック作りのための準備は万端です。120cmにカットしたリボンも大きな袋一杯。


 作業も手馴れたものでした。「私たちこれ全部やりますから、あなたも頑張りなさい。リボンもたくさんありますから遠慮なくお使い下さい・・・。」と言って頂きました。


 こんな事ってあるの?と、思いつつ作業をしていたら、何とこのあと、大山にブルーベリーを摘みにご一緒することになりました。


 しかも、大山は私にとっては地元なのに、県外車に先導される形で・・・。


 当日は猛暑の中、ただ黙々とブルーベリーを摘みました。ラベンダーを摘むだけでも、結構体力を消耗しているのに、何事もなかったようにお二人ともとってもお元気です。


 ブルーベリー摘みは、意気揚々と始まりました。
 が、・・・。
私は1kg程度でしたが、ご夫妻は、頼まれたのもあるからとそれぞれ大きなバケツ片手にブルーベリー摘み。しかし、暑さの中、これがなかな過酷な作業でした。次第に口数も減り、疲れ気味。最後は私もお手伝いをして、何とか目標の量が収穫できたようです。


 初対面の方と、思いもよらない一日に戸惑いもありましたが、素敵なご夫妻と出会い、パワーを頂きました。


 人の出会いって不思議ですね。でも、人ってイイですね。


 ラベンダーが取り持つ縁に感謝です。


 実は、この日は、この後さらに予期せぬ事が次々と・・・・。


 持ち帰ったラベンダーをスティックに編むため、夜中まで・・・・。実にパワフルな一日でした。






オリーブの実

 
 オリーブの実が少しずつ大きくなってきました。

 見るだけで、とても幸せな気分にしてくれます。

          

          DVC00080.jpg

 4種類のうち3種類が実をつけています。木の種類が違うので、実のつき方や大きさ色なども違いとても興味深いですよ。



 そんなオリーブの事を話すと必ず返ってくる言葉。

 「どうやって食べるの?」


 ・・・・(笑)。


 オイルを絞る?ピクルスにする?


 いえいえ、どちらにするにしても量が少なすぎます。



 食そうなどとは、全く考えておりません。


 ただただ、その存在に癒され、元気をもらって幸せ気分。それだけで、大満足の日々なんです。



 ちなみに、オリーブは、メディカルハーブでは葉部を使用部位とし、抗酸化、利尿、抗菌の作用があり、高血圧や動脈硬化、糖尿病などの生活習慣病予防に良いとされています。


 また、果実を圧搾したオリーブオイルは、一価の不飽和脂肪酸であるオレイン酸が60~80%を占め、食用として生活習慣病予防のための植物オイルとして知られていますよね。


 さらに、アロマテラピーでもキャリアオイル(主にトッピングオイル)として使用します。




 いつの時代も平和の象徴とされてきたオリーブの枝。実は国連旗のシンボルにもなっているんですね・・・。



ベビーマッサージが気持ちイイ訳

 一年前、ベビーマッサージに来てくださったママが、アロマトリートメントに来てくださいました。


「仕事に復帰して数ヶ月、暮らしのリズムが刻めるようになって・・・、やっとこんな時間が取れました。」と。


 せっかくだから、今日はゆっくり・・・ということで、フルボディ&フェイシャル100分コースです。


 施術が終わって、お部屋から出てこられての第一声は、「ベビーマッサージがイイのが、よく分かりました。こんなの毎日してもらっていたら、子供だって・・・。気持ち良かったです。本当に・・・。」と。


 実は、ママは、アロマトリートメント今日が初めてだったんだそうです。


 香り(精油)は、妊娠中から時々使っていたけれど、香りとタッチング(触られること)がこんなにも心と身体に影響を及ぼすものだとは思ってもみなかった・・・・と、何度も何度もご自身の腕や手を撫でながら、しっとりスベスベになったお肌の感触を楽しんでおられました。



 喜んで頂けて、そして、ベビーマッサージの良さをママ自身が実感して頂けて本当に良かった!


 最近、部分的にしか出来なくなっていたベビーマッサージを、もっと気持ち良さを伝えるものにしたい・・とベビーマッサージへの思いを再認識されるなど、自分自身の心地よさだけでなく、初めてのアロマトリートメントでたくさんの事を感じて頂いたようです。
 


 
 
プロフィール

Aromain

Author:Aromain
ようこそ、Aromainのブログへ。
鳥取県米子市で、「一年中、元気で笑顔のお手伝い!」をモットーに活動しているアロマセラピストです。。
大地のエネルギー=クレイテラピー、植物の力=アロマテラピー、植物の魂=イドロラテラピーのほか、クラニオセイクラルセラピーのお手当ても取り入れたトリートメントをしています。
おひとりお一人の「今」に向き合い、寄り添うことを大切にしています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード