FC2ブログ

防虫剤もアロマで・・・

 冬物と夏物の入れ替え時期ですね・・・。とはいうものの、今年はいつまでも寒くなかなか冬物が片付けられませんよね。


 それでもドラッグストアなどには衣類用防虫剤の特設コーナーがお目見えする季節ではありませんか?


 日本ではツンとくる刺激臭が問題となって、1980年代から衣類用の防虫剤に殺虫剤に用いられていた化学物質を使った無臭タイプのものが多くなり、シェアを伸ばしているのだそうです。

 一見、刺激臭のするものは体に害があって、無臭だと安全のようなイメージがありませんか?でもそれは逆に怖い事ですよね。高濃度のものがそばにあっても気がつかないわけですから・・・。


 実際、直接皮膚に付くと赤くなったり腫れあがったりするものもあるようです。臭いがあるものなら、量の加減なども分かりますが、無臭だとそうはいきません。健康を脅かす場合もあるのです。特に小さなお子様やお年寄り、ご病人さんのいらっしゃるご家庭では注意が必要です。



 とはいうものの、防虫剤の臭いがする洋服もやっぱり嫌ですよね・・・。


 高価なカシミアやパシュミナなど、大切に保存して長く身につけたいものです。


 そこで、ハーバルライフのご提案です。


 アロマで防虫剤?衣類の防虫をなさいませんか?化学物質で合成された防虫剤のように1年間効果が持続・・・というわけにはいきませんが、体に優しい丁寧な暮らしもまた心にゆとりを持たせてくれるものです。


 精油の中には、昆虫忌避や殺虫などの作用をもつものがたくさんあります。その昔には、精油ではなく植物の葉っぱを衣類の間に挟んで虫食いを防いだと伝たえられるものもあるほどです。


 5月、6月の衣替えの季節に、衣類の防虫をテーマにアロマ教室を開こうと思っています。詳しくは、ホームページで後日ご案内していこうと思っています。興味のある方、是非おいでください。


 防虫といえば、市販の虫除けスプレーも人体への影響が問題視されるようになり、最近はハーブエキス配合などのものもあるようです。こちらの方も、アロマテラピーが大活躍ですよね・・・。


プロフィール

Aromain

Author:Aromain
ようこそ、Aromainのブログへ。
鳥取県米子市で、「一年中、元気で笑顔のお手伝い!」をモットーに活動しているアロマセラピストです。。
大地のエネルギー=クレイテラピー、植物の力=アロマテラピー、植物の魂=イドロラテラピーのほか、クラニオセイクラルセラピーのお手当ても取り入れたトリートメントをしています。
おひとりお一人の「今」に向き合い、寄り添うことを大切にしています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード