FC2ブログ

肌感覚の記憶

 マタニティ・アロマのお客様が、無事出産を終えて・・、アロマトリートメントに来てくださいました。

 お店に入るなり、「ついこの間のことみたいで、あんまり久しぶりな感じがしません。でも半年前になりますよねー。」と。

 トリートメントが始まると、「あ~、やっぱり気持ちいいですね。こんなに気持ちいいんだもの、ベビーマッサージ頑張らないと・・・」と、肌の感覚が蘇ってきたようでした。

 アロマトリートメントの心地よさを肌が覚えているんですね。そして、それが赤ちゃんにして上げなきゃ・・・という気づきにつながったようです。

 実は、先日里帰りしていた娘と同じようなことがありました。
娘親子がお風呂に入り、私が湯上り担当。自然な流れで、お風呂上りのベビーマッサージをしていたら、娘が「なんで~?家ではマッサージさせてくれないのに・・・」と。

 ハイハイが盛んになった頃からは、動き回ってなかなかゆっくりマッサージができず、オイルを塗る程度の状態が続いていたんだそうです。

 ところが、私のマッサージは気持ち良さそうに受けています。とても穏やかな表情です。どこかへ行ってしまいそうな気配は全くありません。
 それどころか、それに便乗して娘は歯磨きを始める始末です。

 マッサージと歯磨き、どちらも静かにスムーズにできました。


 と、それだけのことだと思っていたら、娘から電話があり、「こっちに帰ってから、マッサージさせてくれるようになったよ!」と。

 肌感覚が蘇ったんでしょうね。とても新鮮な出来事でした。

 
 動き出してから赤ちゃんがマッサージさせてくれなくなっても、こうして心地よい肌感覚を思い出すチャンスがあれば、再会できます。

 0歳から1歳までの母親との関係をどう築くかは、人生に大きな影響を与えると言われていますが、1歳から2歳はその次の大切なステップですから、マッサージが続けられたらどんなに良いでしょう。


 そんなフォローアップのお手伝いもさせて頂きますので、お気軽にご相談下さいね。


アロマオイル?

 最近、「アロマオイル」という言葉が氾濫しています。アロマテラピーを学ばれた方なら違和感をもたれるはずなのですが、専門店のホームページなどでも、精油(エッセンシャルオイル)のことを、「アロマオイル」と表示しているものも多くなっています。

 本来、アロマオイルはポプリオイルなどと同様に、精油などをアルコールや植物オイルなどで希釈したり人工香料などを混ぜたものであって、「精油」とは一線を画すものです。

 精油は、植物の揮発性芳香成分を含む有機化合物で、天然100%(ピュア・ナチュラル)でなければ、本来、精油とは言いません。

 確かに「アロマオイル」という響きは、耳馴れてきたようにも感じますが、専門家までもがそちらに流れていくのには疑問を感じています。

 精油(エッセンシャルオイル)とアロマオイルの違いをきちっと説明するのが私たちアロマテラピーの専門家のやるべき事だと思うのです。そういうことをお伝えする事がアロマテラピーの正しい理解と啓蒙につながると思っています。

 確かな精油は、植物の名前が学名表示されていますし、産地や蒸留方法、蒸留年月、そしてその成分についても確認(成分分析表)できるのです(精油は多くの有機化合物で構成されていて、分析できないものも含まれています)。
代表的な成分の比率で、その精油の香りの傾向や、働きの予測ができるのもアロマセラピストとしては大切なところだと思います。

 また、ケモタイプ(化学種)といって、学名は同じ植物であっても、生育した土壌や気候風土により含有成分のバランスが大きく異なる場合があり、それらを化学組成別に分類したものもあります。

 精油とは植物から抽出されるエキスですから、たとえばローズの場合、3.5tから4tの花びらから1kgの精油しか取れないといわれています。精油の中でも採油率の最も低いもののひとつですが、小さなビンに入った精油が高価なのも納得できます。植物によって採油率は大きく異なりますし、栽培に適した産地が限られているために希少価値の高いものもあります。


 精油として私たちの手元に届くまでには、たくさんの人々が過酷な自然と向き合い植物を育て、収穫、蒸留、管理、瓶詰め・・・などの過程を経ています。そんな精油を、1滴1滴大切に使う事は当たり前のことなのですが、そういうことを思えば思うほど違うものを示す言葉に置き換わっていく事に違和感と疑問を感じます。

 アロマテラピーに関るものとして植物への感謝と精油への敬意を表して、精油を精油(エッセンシャルオイル)ということは基本なのではないかと思っています。


 何だかぼやき・・・みたいになってしまいましたが、せめて「高級アロマオイル」とか「オーガニックアロマオイル」なんて表示は、アロマテラピーの専門家の表現ではないはずです。

 耳慣てきた言葉に置き換えられたモノや安価なものに惑わされないよう、信頼できるホンモノをお求め下さいね。
  
 アロマテラピーで使用するのは、精油(エッセンシャルオイル)です。お間違えのないように・・・。





美味しい挑戦!

 先月、友人から「とりあえずやってみようと思って・・・」と打ち明けられました。「自分が何がしたいのか自分に何が出来るのか・・・よく分からないけど、とにかくやってみなければ分からない。だからやってみる事にしました・・・。」と。

 そう、彼女はとてもお料理上手。イタリアンだってデザートだってプロ級の腕前です。そういえばずっと前から、何でこの人、こんなにうまいのに、全く違う仕事してるんだろう・・・と、思っていました。

 ケーキやクッキーは、ガラスケースの中に並べられているのと全く引けをとりません。そして、「今日はパスタが食べたいな~」なんて思っている夕方、「バジルソース作ったけど、食べません?」なんて電話をくれたり、「トマトソースの冷凍ですけど・・・」なんて、届けてくれたり・・・。

 彼女の「美味しい」を頂くばかりの私でした・・・。

 その彼女が、カフェの1日シェフをやってみようというのです。腕前は間違いないのでそこは何の心配もないのですが・・・。

 やってみる事が目的なのか、その先にも何か目標があるのか・・・、自分の気持ちを少し確かめてから準備に入った方がいいんじゃないかと・・・。

 自分の料理を食べてもらう・・・やってみるだけが目的なら、収支がマイナスになったって意味があるかもしれません。でも、その先に目標があるのなら、コスト意識もしっかりと持つべきです。

・・・なんて、偉そうな事を言ってみたりしたんですが、残念ながら、本当に残念なのが、当日、私が行けないことなんです。

 実は、第1回は、2月14日バレンタイン・デーの日でした。メニューも事前に教えてもらい、ヨダレものでした・・・。なかなかの評判だったようで、次回には更に力が入りそうです。

 そして次回は2月28日(日)です。
素敵なイタリアン・ランチです。今回のデザート(ジンジャーアイスクリーム)は、イチオシだそうです。

ice.jpg

返す返す、当日行けないのが残念ですが、メニューを考えたり試作をしたり、彼女が輝き始めました。
挑戦者って、まぶしいくらい素敵です。

 是非、日曜日のランチの予定が決まっていない方、又はお店を決めかねている方、お出かけになってみませんか?

こちらのお店です。Moga


ベビーマッサージを続けること

 ベビーマッサージ全4回シリーズは、約2週間おきに4回のレッスンをしています。

 2週間おきに4回ですから、ほぼ2ヶ月間です。月齢にもよりますが、3ヶ月位の赤ちゃんだと最終回には、少しエクササイズも加えています。

 次のレッスンまでの間に、ママの手は自然に赤ちゃんの身体にフィットして、心地よいマッサージができるようになっています。もちろん、日々の努力のたまものである事に間違いありません。

 最初は、少し手の運びが難しそうにしておられた方も、次のレッスンではマッサージの心地よさを母子で楽しめるようになっています。そして、身体の変化やクセなども把握できるようになってきます。

 赤ちゃんの気持ちイイ顔は、ママの励みになるでしょうし、何よりそういったコミニュケーションができる人間関係が築けていることが素晴らしいと思います。

 最近ベビーマッサージに来られるママの表情が、どんどん変化しているのに驚いています。

 赤ちゃんを慈しみ育児を楽しんでいる様子。母親としての自信を積み重ねつつ幸せな時間を味わっている感じです。
赤ちゃんへの声のかけ方にも、泣いた時の対応にも余裕があります。

 そばで見ていると、本当に素敵だな・・と思います。そして、私自身、とても癒されます。


 ベビーマッサージのレッスンの日には、赤ちゃんがイイ匂いになって帰ってくる・・・と言って、パパが「あ~イイ匂い!」と赤ちゃんにデレデレなんだとか・・・。もちろん、ベビーマッサージに精油は使いません。それでも、お店の香りがするんだそうです。


 レッスンに来れないパパが、赤ちゃんについたAromainの残り香?に癒されてるって・・・、ちょっと嬉しいです。

 ベビーマッサージを続ける中で、確実に親子の絆が強くなっていっています。

 寒い時季はちょっと心配・・・だった方も、是非、ベビーマッサージお始めになりませんか?全て、プライベートレッスンです。

 赤ちゃんはいつまでも赤ちゃんのままではありません。考えるようになるまでに、しっかりと感じる心と身体を育みましょう!




大人のアロマ教室 ザ・美白!

 現在、厚生労働省が認可している美白成分は、アルブチン、エラグ酸、ルシノール、ビタミンC誘導体、プラセンタエキス、トラネキサム酸、t-AMCHA、リノール酸、カモミラET 以上の9種類です。
 
この他、お肌の漂白剤と言われるハイドロキノンという成分は上記の9種に比べると100倍の効果があり、美白化粧品に使用されているものもあるようですが、副作用もあります。

 上記の9種類は植物から抽出したものや、植物の成分を元に開発されたもの(特許商品となっているものもあります)があります。

 これらの中から、選りすぐりのハーブを使って美白ケアをオススメしようと思います。まずは、人体実験?を2週間やってみました。

 少しずつレシピを調節しながらの実験ですが、想像以上の効果に驚いています。

 10日程前に里帰りしてきた長女が、それは可愛そうなくらいのお肌。ニキビ?吹き出物?の痕が灰色っぽくなって、隠そうと重ねたコンシーラとファンデーションで別人のよう。

 顔を見るなり「どうしたの?そのお肌」と言ってしまいました。
「うん・・・。治して!」と、長女。

 まあ、いい所に格好のクライアントが飛び込んで来てくれました。

 特製美白ローションと、フェイシャルマッサージで日ごとに改善。4~5日で、スッピンでも気にならない位になりました。肌に透明感が出てきて、ニキビ痕も薄くなってファンデーションもうっすらつけるだけで大丈夫。

 ファンデーションの色をもう少し明るめのトーンのものにしないといけないくらい・・・と嬉しい悲鳴です。

 一方、私の方もなかなかの手応えです。

 メディカルハーブとアロマテラピーの知識と技術を活かした「美白ケア」をご紹介する「大人のアロマ教室 ザ・美白」は、3月14日(日)に開催します。
ホワイトデーにかけたわけではありませんが、花々が踊りだす本格的な春までにくすんだお肌をクリアになさいませんか?

  Aromain1周年記念 大人のアロマ教室 ザ・美白

 と き  3月14日(日) 10:00~、13:00~、16:00~
 ところ  Aromain
 受講料  2,000円(材料費込み)
 定 員  先着15名様
 申込み  電話 (0859)-21-3412

 大人のアロマ教室は毎回、ご好評頂いております。ご希望の方は、早めにお申込みください。お待ちしています。



 
プロフィール

Aromain

Author:Aromain
ようこそ、Aromainのブログへ。
鳥取県米子市で、「一年中、元気で笑顔のお手伝い!」をモットーに活動しているアロマセラピストです。。
大地のエネルギー=クレイテラピー、植物の力=アロマテラピー、植物の魂=イドロラテラピーのほか、クラニオセイクラルセラピーのお手当ても取り入れたトリートメントをしています。
おひとりお一人の「今」に向き合い、寄り添うことを大切にしています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード