FC2ブログ

あらためてアロマでインフルエンザ予防!

 先月末は、新型インフルエンザで親戚の子(小6女子)が危篤状態になり、とても心配しましたが、回復の速さは、これまたすさまじいもので、無事12月6日(日)に退院しました。

 あらためて新型インフルエンザの恐ろしさを知りました。

 でも、まだまだ感染拡大を続ける新型インフルエンザ。予断はできません。引き続き、予防を日々心がけていかなければなりません。

 こんな事があってアロマテラピーとインフルエンザ予防について、更に調べてみました。

 インフルエンザ予防に有効といわれる精油は色々あります。例えば、ユーカリ、ティートリー、レモン、ペパーミント、ラベンダー、ラベンサラ、ローズマリー、ヘリクリサム、パルマローザなどなど。

その中に、とても興味深い論文(以前にも読んでいるはずなのですが・・・)を見つけ?ました。
 「植物精油の直接接触および芳香暴露の抗インフルエンザウィルス作用に関する研究」(富山大学医学部)

 研究に使用された精油はユーカリ・ラディアタ、ニアウリ、ティートリー、ローズウッド、ラベンサラ。マウスによる実験です。

 感染前に芳香吸入したグループは6日後の生存率80%、感染後に芳香吸入したグループは50%で、何もしなかったグループは33%でした。9日後は、それぞれ40%と20%、13%です。

 この論文の考察の中で、これら精油のインフルエンザウィルス不活化作用はすでに認められており、それを踏まえて、精油原液をティッシュペーパーやハンカチに1~2滴垂らし、鼻に近づけて香りを吸入する方法は、手軽に行える日常的な健康法だと結んでいます。

 芳香器を用いた室内の芳香暴露は勿論有効ですが、芳香器がなくても、いつでもどこでも出来る予防対策という意味では、もっともっとたくさんの方にオススしたいですね。

 予防に勝る妙薬なし!・・・・でしょうか。


プロフィール

Aromain

Author:Aromain
ようこそ、Aromainのブログへ。
鳥取県米子市で、「一年中、元気で笑顔のお手伝い!」をモットーに活動しているアロマセラピストです。。
大地のエネルギー=クレイテラピー、植物の力=アロマテラピー、植物の魂=イドロラテラピーのほか、クラニオセイクラルセラピーのお手当ても取り入れたトリートメントをしています。
おひとりお一人の「今」に向き合い、寄り添うことを大切にしています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード