FC2ブログ

インフルエンザ予防

 新型インフルエンザの感染は拡大するばかりですね。鳥取県は全国レベルに比べるとやや緩やかなようですが・・・。

 新型インフルエンザは、ワクチン接種の優先順位が決められ、おまけにそれも足りるのかどうか・・・、はたまた輸入予定のワクチンの副作用問題がここに来てまたもや浮上。

 季節性のインフルエンザワクチンも軒並みキャンセル待ち・・・。

 もちろん、「手洗い」「うがい」「マスク」、栄養、休養、睡眠・・・などは常識的な予防策ですが、これ以外の方法はないのでしょうか?

 あります!

 アロマテラピーに使用される精油には、抗菌、抗ウイルス、殺菌、消毒、抗感染、去痰、解熱・・・・・などなど様々な作用があるといわれています。

 特に、抗ウイルス作用などインフルエンザ対策として有効と考えられる精油をご紹介しましょう。

 ティートリー、ユーカリ(ユーカリ・グロブルス、ユーカリ・ラディアータ、ユーカリ・スミティー、レモンユーカリなど)、ペパーミント、ローズマリー、ラベンダー、ラベンサラ、パルマローザ、レモンなど。

 これらの精油を、芳香浴として使用すれば、部屋全体の空気を浄化することができます。病院や施設によってはすでに取り組んでいるところもあります。待合室などにディフューザーが置いてあったりしますよね。

 実際に、お年寄りの施設や病院などで芳香浴による対策を講じた場合、しなかった年に比べて風邪やインフルエンザの感染を抑えることが出来たというデータもあります。

 たくさんの人が集まる空間は、ウイルスも集まる場所ですから、是非、様々な施設でアロマテラピーをして欲しいものです・・・。

 が、なかなか思うようには行かないのが現実ですから、自己防衛がまず第一でしょう。

 自宅などでは、加湿機能のあるディフューザーで芳香浴をするのが望ましいでしょう。外出の折には、ティッシュやハンカチに精油を1~2滴垂らしたものを持ち歩く。マスクの外側に1滴・・・という方法もありますが、これは結構しんどいと思います。

 鼻先に精油をつけたら、もの凄い強烈な匂いで、人によったら気分が悪くなるかもしれません。そんな時におススメなのは、スプレーです。このスプレーは、洋服にシューっとするのもいいですよ。

 さらに「うがい」は、いつでもどこでもしたいこの季節。みなさんはどうしておられますか?そこで、こんな方法はいかがでしょうか?ペットボトル(500ml)に小さじ一杯のウオッカかホワイトリカーを入れ、ティートリー精油を2滴、これを振って混ぜ合わせたのちお水をいれる。これは、なかなかの優れものですよ。

 ウオッカやホワイトリカーが無ければその都度よく振って使用すればよいのですが、あったほうが使用感はイイと思います。家族のために、朝作って洗面所に置いておくのもイイですね。

 そして、風邪にしてもインフルエンザにしても身体を冷やさない事が大切です。寒さ対策もインフルエンザ対策にはかかせません。

 そこで・・・・。最近、ポット(水筒)を持ち歩く方が増えています。エコだったり節約だったり。そんなポットの中身は何が入っているのでしょう?珈琲?お茶?

 是非、温かいハーブティーを入れて持ち歩かれる事をおススメしたいと思います。インフルエンザ予防には、「エキナセア」です。でも、ほっと一息できる飲み物であることも重要なので、エキナセア、カモミール・ジャーマン、レモングラス(あるいはペパーミント)などのブレンドがおススメです。

 飲み易く色もキレイ、お味も優しいハーブティーです。冷めたら、ウガイに使用してもいいですよ。

 運良く?ワクチンを接種できたとしても、インフルエンザにかからないわけではありません。重症化を防ぐのが目的です。

 何といっても掛からないための予防を、日頃からやっていくのが得策だと思います。

 是非、アロマ&ハーブで、インフルエンザ予防を実践しましょう!







プロフィール

Aromain

Author:Aromain
ようこそ、Aromainのブログへ。
鳥取県米子市で、「一年中、元気で笑顔のお手伝い!」をモットーに活動しているアロマセラピストです。。
大地のエネルギー=クレイテラピー、植物の力=アロマテラピー、植物の魂=イドロラテラピーのほか、クラニオセイクラルセラピーのお手当ても取り入れたトリートメントをしています。
おひとりお一人の「今」に向き合い、寄り添うことを大切にしています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード