FC2ブログ

なぜハンドマッサージなのか・・・

 ハンドマッサージ講習会が近づいてきましたが、受講を迷っておられる方はいらっしゃいませんか?
迷うという事は、やりたいという気持ちがあるからです。
「今やりたい」のか「いつかやりたい=今はやらない」のか、ご自身の気持ちを確かめてみてください。

 さてさて、なぜ、ハンドマッサージ講習会なのか・・・・。それには、いくつかの理由があります。

 それは、第一に「気持ちイイ」から。気持ち良さはリラクセーションを導き、心を落ち着かせ、興奮を鎮め、副交感神経を優位にします。副交感神経優位の状態は消化を促進し身体に栄養が補給されます。免疫力や自然治癒力も高められるといわれています。

 手は「第二の脳」ともいわれ、最近の研究ではハンドマッサージをすると、脳の血流が増加するという事が分かってきました。これまでにも、ハンドマッサージにより、身体・顔の皮膚温が上昇することは実証されていました。しかし、脳の血流が増すという事は、物忘れや認知症へのアプローチも期待できます。ハンドマッサージは脳の血流を増加させ、「脳年齢」を若返らせる方法のひとつだともいえるのです。

 実際に、脳の短期記憶を司る部分「ワーキングメモリー」が、ハンドマッサージをすると、スムーズに機能したというデータもあります。

 
 ハンドマッサージを①しない②する③クリームを使ってする  これらの条件である課題を行ったところ、②と③では作業の効率が上がったというデータがあります。

 更に、②<③となり、何もつけないでするマッサージよりも皮膚への負担が少なくクリームを使用したほうが効果があったそうです。

 これらを踏まえてのハンドマッサージ講習会です。
クリームは手軽ですが、植物オイルと精油を使用するアロマトリートメントの方がすべりも良く、精油の薬理作用も加わって更なる効果が考えられます。

 ハンドマッサージには自分でするセルフマッサージと人にしてもらうタイプがあり、どちらにも利点があります。

 いずれにしても、アロマテラピーの基礎を踏まえたうえで行えたらイイと思いませんか?
 基本の理論を理解したうえでの実技である事が重要です。ましてや医療や介護の現場、あるいはサロン等のサービスであればなおさらですがそうでなくても、質の高いハンドマッサージが提供できたほうが良いですよね。

 「なんとなく」「たぶん」「・・・」ではなく、知識の裏付けをもって行えば、それは自信につながります。これは、私の経験の中で強く感じている事です。

 (社)日本アロマ環境協会では、ハンドマッサージといえどもそれを教えるのは、アロマセラピスト資格認定者であることが望ましいという見解をだしています。5~6年前までは、アロマテラピーインストラクターの人を講師に、ハンドマッサージの講習会を開いた時期もありました。

 その後、第三者にアロマテラピーを実践するために適した資格としての「アロマセラピスト」の定義にそって、ひとの身体に触るからにはそれなりの知識と技術、経験が重視されるようになった経緯があります。


 ハンドマッサージ講習会は、これらの思いと私自身、認知症の方々にハンドマッサージをさせて頂く中で実感する経験が原動力となって企画しました。

 是非、ご参加ください。大げさですが、たくさんのハンドマッサージセラピストが増えれば誰かの喜ぶ笑顔が増える・・・、それは社会貢献になると信じています。






環境カオリスタ

 
 この度、(社)日本アロマ環境協会の第1期環境カオリスタ検定を受検し、本日、結果通知が届きました。



 内容は、テキストを読めば普通に満点合格だと思いますが、試験結果が採点票とともに送られてくる事は稀なので不思議な気分です。

 この検定は、まずチームマイナス6%(環境省が推進)のチーム員となって、「私のチャレンジ宣言」をするところから始まります。

 地球温暖化防止に向けて、自分には何ができるのか?何をやらなければならないのかをあらためて考えるきっかけになりました。

 一つ一つは僅かなようですが、毎日の事であり、これがたくさんの人たちの実践となれば大きな成果になっていくのだと思います。そして何より、地球規模の環境について考えさせられました。

                 kaorisuta-card_20091130125524.jpg
これが、認定カードです。

 環境カオリスタとは、植物やその香りに親しみ、自然と環境を大切にする人・・・・のことだそうです。
Aroma(アロマ)、Green(グリーン)、Eco(エコ)を学び実践するきっかけに、カオリスタ検定を受けてみられませんか?

 地球に、環境にやさしいライフスタイルって、ガマンとか辛抱、義務とは違って、五感をつかった豊かなライフスタイルではないかと思いますが、いかがでしょう?



           

第三次救急

 新型インフルエンザで危篤状態の女の子(小6)が、まだまだ予断を許さぬ状況ではあるものの、ICU(集中治療室)から、個室に移されました。

 昨夜は遅くまで何度も電話をかけましたが、結局つながらず朝を迎えました。やっと、今朝電話で状況を聞くことができました。が、想像以上でした。

 最初に近所のクリニックを受診した時は、熱も36代前半で咳が少し出る程度。身体はしんどかったようですが、親子ともにこんな事になるなんて思いもよらなかったそうです。

 ただ、そこのクリニックの先生は肺の音を聞いた時点でただ事ではないと判断、すぐに救急車を手配。あれよあれよという間に総合病院の小児科へ搬送。そこで治療を受けている2~3時間のうちに熱が高くなり、時を同じくして「新型インフルエンザ」の陽性反応が確認されたそうです。

 みるみる呼吸が苦しくなり、意識も遠のきはじめ第三次救急と判断され更に救命センターへ救急車で搬送。なんと、その間、45分もかかり、一時は心停止に陥り強心剤の注射をされたといいます。

 救命センターでは、10人くらいのお医者さんが待っていて、すぐに処置。親が対面した時は、すでに人工呼吸器が付けられ、たくさんのチュウブや点滴などを装着した姿だったといいます。
肌の色は蒼白で冷たく、人工呼吸器をもってしてもガス交換がうまくいかず、「今夜が山かも・・・」と。

 しかし、そんな状態でも家族が側にいる場所や時間には厳しい制限があり、そんな状態の娘を残して救命センターから帰宅するしかなかったそうです。眠れぬ夜が明けても、面会は午後2時から6時までの間、1時間に20分以内。

 まだ12年しか生きてないのに・・・。今まで病院に行くような病気もした事の無い元気な子なのに・・・。何で・・・なんで・・・・。

 そして昨夜、自分でガス交換ができる兆しが見えてきたとの連絡で駆けつけ深夜まで・・・。呼吸の方に少し明るさが見えてきたかと思うと、たくさんの強い薬を投与しているため肝臓や腎臓への負担が出血などの症状で現れ、不安の種はつきません。

 こんな時、親さえも本当に無力です。何もできない・・・。ただ、ただ祈るだけです。それでもやっぱり、ここは親も頑張りどころです。一歩も引けません。何があっても守らなければ・・・。色んな思いが交錯していて、苦しい胸の内が他人事ではありません。

 そして今日の午後、ICUから個室に移ったとの連絡がありました。もちろん、まだまだ予断は許しませんが、わずかながら明りが見え始めたような気がします。

 彼女の生命力を信じ、今後の回復を見守りたいと思います。


新型インフルエンザ

 新型インフルエンザの感染拡大は止まるところを知らず、データが発表されるたびに「かからないようにしなければ・・・」と思う日々です。

 そんな折、県外に住む親戚の子(小学6年生女子)が、新型インフルエンザで危篤状態という連絡が入ってきました。

 風邪かな・・・という症状で近くのクリニックにかかった翌日、熱が出始め再度受診。みるみる症状が悪化し、総合病院に救急車で搬送。わずか2~3時間の急変に、更に救命センターへ移され、人工呼吸で、ここ2,3日が山だというのです。

 救命センターのICUなので、面会もままならず不安と心配で、両親は声をつまらせるばかりです。

 お見舞いの電話をした私も、かける言葉が見つかりません。「頑張れ!」というのも違うし・・・。
「面会に行ったら、出来るだけ手足をさすって上げて・・!」と言うのが精一杯でした。

 今は、彼女の生還を祈りながら、「頑張れ!頑張れ!」と、心の中で叫び続けています。

 
 

インフルエンザ予防

 新型インフルエンザの感染は拡大するばかりですね。鳥取県は全国レベルに比べるとやや緩やかなようですが・・・。

 新型インフルエンザは、ワクチン接種の優先順位が決められ、おまけにそれも足りるのかどうか・・・、はたまた輸入予定のワクチンの副作用問題がここに来てまたもや浮上。

 季節性のインフルエンザワクチンも軒並みキャンセル待ち・・・。

 もちろん、「手洗い」「うがい」「マスク」、栄養、休養、睡眠・・・などは常識的な予防策ですが、これ以外の方法はないのでしょうか?

 あります!

 アロマテラピーに使用される精油には、抗菌、抗ウイルス、殺菌、消毒、抗感染、去痰、解熱・・・・・などなど様々な作用があるといわれています。

 特に、抗ウイルス作用などインフルエンザ対策として有効と考えられる精油をご紹介しましょう。

 ティートリー、ユーカリ(ユーカリ・グロブルス、ユーカリ・ラディアータ、ユーカリ・スミティー、レモンユーカリなど)、ペパーミント、ローズマリー、ラベンダー、ラベンサラ、パルマローザ、レモンなど。

 これらの精油を、芳香浴として使用すれば、部屋全体の空気を浄化することができます。病院や施設によってはすでに取り組んでいるところもあります。待合室などにディフューザーが置いてあったりしますよね。

 実際に、お年寄りの施設や病院などで芳香浴による対策を講じた場合、しなかった年に比べて風邪やインフルエンザの感染を抑えることが出来たというデータもあります。

 たくさんの人が集まる空間は、ウイルスも集まる場所ですから、是非、様々な施設でアロマテラピーをして欲しいものです・・・。

 が、なかなか思うようには行かないのが現実ですから、自己防衛がまず第一でしょう。

 自宅などでは、加湿機能のあるディフューザーで芳香浴をするのが望ましいでしょう。外出の折には、ティッシュやハンカチに精油を1~2滴垂らしたものを持ち歩く。マスクの外側に1滴・・・という方法もありますが、これは結構しんどいと思います。

 鼻先に精油をつけたら、もの凄い強烈な匂いで、人によったら気分が悪くなるかもしれません。そんな時におススメなのは、スプレーです。このスプレーは、洋服にシューっとするのもいいですよ。

 さらに「うがい」は、いつでもどこでもしたいこの季節。みなさんはどうしておられますか?そこで、こんな方法はいかがでしょうか?ペットボトル(500ml)に小さじ一杯のウオッカかホワイトリカーを入れ、ティートリー精油を2滴、これを振って混ぜ合わせたのちお水をいれる。これは、なかなかの優れものですよ。

 ウオッカやホワイトリカーが無ければその都度よく振って使用すればよいのですが、あったほうが使用感はイイと思います。家族のために、朝作って洗面所に置いておくのもイイですね。

 そして、風邪にしてもインフルエンザにしても身体を冷やさない事が大切です。寒さ対策もインフルエンザ対策にはかかせません。

 そこで・・・・。最近、ポット(水筒)を持ち歩く方が増えています。エコだったり節約だったり。そんなポットの中身は何が入っているのでしょう?珈琲?お茶?

 是非、温かいハーブティーを入れて持ち歩かれる事をおススメしたいと思います。インフルエンザ予防には、「エキナセア」です。でも、ほっと一息できる飲み物であることも重要なので、エキナセア、カモミール・ジャーマン、レモングラス(あるいはペパーミント)などのブレンドがおススメです。

 飲み易く色もキレイ、お味も優しいハーブティーです。冷めたら、ウガイに使用してもいいですよ。

 運良く?ワクチンを接種できたとしても、インフルエンザにかからないわけではありません。重症化を防ぐのが目的です。

 何といっても掛からないための予防を、日頃からやっていくのが得策だと思います。

 是非、アロマ&ハーブで、インフルエンザ予防を実践しましょう!







プロフィール

Aromain

Author:Aromain
ようこそ、Aromainのブログへ。
鳥取県米子市で、「一年中、元気で笑顔のお手伝い!」をモットーに活動しているアロマセラピストです。。
大地のエネルギー=クレイテラピー、植物の力=アロマテラピー、植物の魂=イドロラテラピーのほか、クラニオセイクラルセラピーのお手当ても取り入れたトリートメントをしています。
おひとりお一人の「今」に向き合い、寄り添うことを大切にしています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード