FC2ブログ

タトゥーの意味

 9月のある日、お店の前に置いた告知記事を貼ったボードを、じーっと見ている女性。半そでのTシャツに長めのスカート。

 全部目を通したとしても・・・そんなに時間は掛からないのに・・・・、何度も何度も読んでいるんでしょうか?

 少し迷ったんですが、ガラス越しに「どうぞ!」と声をかけました。彼女は、初めてこちらを向き、ガラス越しに「入ってもいいですか?」と。そして「どうぞ!」ともう一度。


 そして、入ってきた彼女の 右手上腕に・・・ん?タトゥー?!

 香りについて本格的に勉強した経験をもつという女性で、アロマにはとても興味があるようでした。繊細で複雑な様々な香りの話で初対面とは思えないほど盛り上がりました。

 そのうち彼女は自分のことをポツリポツリと話し始め、タトゥーについても・・・。それはそれは壮絶な人生の末、行き着いた決意だったのです。

 一時は死の淵を歩くような日々が続き、左手にはおびただしい数のリストカットの痕・・・・。そして、しっかりと自分の足で立ち上がり歩む決意をしたとき、そのタトゥーに行きついたのです。

 確かに、ぱっと見てイイ印象を持つかどうかといえば、大多数の人が好印象ではないと思います。が、そこには外側から見ただけでは想像もつかない、苦しみや悲しみの中から這い上がってきた魂のチカラを秘めたストーリーがありました。


 若い人が、ファッションと称して安易に彫るタトゥーとは違います。どちらにしても、タトゥーに変わりはないかもしれませんが、それを背負って生きる覚悟が違うように感じました。仕事だって限られ思うようにはいきません。好きな温泉だって、断られます。

 
 そんな彼女が、香りに助けられて今があると言い、意気投合してしまいました。

 私の好奇心?いや、チャンスさえあれば、本物には触ってみる・・・・という本物志向?で、タトゥーの彫られた腕を触らせてもらいました。マッチョな腕で、ドキドキしましたが、ホンモノでした。

 その日は、「あ~この香り!あ~いい香り~!」と気に入った精油を注文し、後日、商品を受取りに来店して以来お目に掛かっていません。


 何だか、時々彼女のことが思い出され気になっています。



  


ハンドマッサージ講習会

 「ハンドマッサージ講習会をやろうと思っています・・・。」と、書いたら思わぬ反響を頂き少々驚いています。

 皆さんはどんなハンドマッサージ講習会をイメージされたのでしょうか?

 今まで、いつかやろう・・・と思っていました(今はやらないという事です・・)が、ここに来て、今やろう!に変わったのにはそれなりに思うところがあったからなんですが・・・。(何を思ったかについては、また別の機会にしますね)


 ともあれ、何故ハンドマッサージなのか、そもそもハンドマッサージとは?ハンドマッサージをするのには何が必要なのか?・・・・・。

 人それぞれ、目的は必ずしも同じではないと思います。が、何かにつけ理論と実技を一体として学ぶ機会が少ないように感じています。

 ハンドマッサージといえども人の身体に触るのですから、ただただ右手三回、左手三回・・・・といった工程だけを覚えるのでは意味が無いと思います。

 セオリーとスキルが一体となって初めてできるハンドマッサージをご紹介したいと思います。にわか仕立ての、手順を教えて終わりの講習会にはしたくないのです。

 何をする時も、目的を明らかにすることは大切です。目的を理解したうえで動くことは、全ての基本だと思っているからです。

 アロマテラピーの基礎知識やタッチング理論などのセオリーと、実技は実習で心と身体で感じてもらえる「ハンドマッサージ講習会」にしようと考えています。

 ただ、ハンドマッサージは、ストレスケアが目的で、症状の改善を直接的に促す治療的マッサージではありません。そこをご理解頂いた上で、ご参加くださいね。


 

メディカルハーブ基礎講座 11月29日から

 只今、メディカルハーブ基礎講座 受講申込みを承っております。

 米子でのメディカルハーブ基礎講座は、今回で二度目となります。メディカルハーブという考え方は、まだまだ一般的には知られていないかもしれませんが、今後、とても注目される分野になると思います。

 実際に、認知症へのアプローチにアロマテラピーやメディカルハーブが用いられています。特にメディカルハーブでいえば、ギンコ(イチョウ葉)の効果が認められいます。ドイツのコミッションEモノグラフでは、1994年にイチョウ葉の標準化エキスが認知症の治療薬として認下されています。

 そういえば、10数年前、韓国に行ったとき慶州のイチョウ葉を薬の原料としてドイツの製薬会社が輸入していると聞いたことがあります。すでに、そういうことになっていたんですね。

 また、ドイツの小児科では胃の不調にペパーミントとジャーマンカモミールのブレンドティーが処方されているそうです。

 
 そんなメディカルハーブの基礎を、実習を交えて5回に渡って行う講座です。メディカルハーブ検定も視野に入れておりますので受験対策ももちろん行います。

 第一期を受講された方は、これを機に新たな目標を掲げ、さらなる挑戦に奮闘中です。そんなきっかけになれたことは、私にとってこの上ない幸せであり、とても励みになります。

 メディカルハーブ検定合格後、日本メディカルハーブ協会主催の講習を受講されれば、メディカルハーブコーディネーターに認定されます。専門家としての第一歩でもあります。

 資格取得の目標をお持ちの方も、そうでない方もきっと、それぞれのシーンで活かされる知識と技術になると思います。

 講座は少人数制ですので、お早めにお申込み下さい。お待ちしています。







 
 

幸せの香り玉・・・その後

 アロマウィークのイベント「幸せの香り玉作り」から、早2週間が経ちました。

 参加してくださった皆さんのポマンダーは、順調に幸せの香り玉になっているでしょうか?日々、心配しています。

 1週間後位に「部屋に置いているといい香りがするので、その香りを楽しんでいたらカビが生え始めました・・・・。もう、ダメでしょうか?」と、いらした方がありました。

 ん~~~~。
見ていないので何んとも言えないのですが、気休めかもしれませんがもう一度、ポマンダーパウダーをまぶしてから、乾燥したところにぶら下げてみられては・・・と、パウダーを少しお分けしたんですが、その後、どうなったんでしょうか?

 そして、先週末、「温かいところがイイと思い、物干し場にぶら下げていたらカビが生えてきました・・・。初めから作り直さないとダメでしょうか?・・・・・・。」と。

 ん?物干し場って、風通しがいいはずなのに・・・・、今の時期温かい?と不思議な感じ。よくよく聞いてみると、その物干し場は、屋上の密室で、気温は高いけど風は通らないのだそうです。

 言ってみれば高温多湿?な訳ですからカビが生えても当然です。でも、「幸せの香り玉」のネーミングが、心を痛めます。

 気持ちを切り替えて再挑戦されることになり、クローブとパウダー。(実費 500円)をお分けしました。

 今のところこんな状況ですが、他のみなさんのはどうなんでしょう?あれから2週間以上たち、レモンやユズ(もちろん、キンカンは既に完成)で作ったものは、イイ感じに仕上がってくる頃です。

 「幸せの香り玉」を作っている時は、とてもイイ香りに包まれて本当に幸せな気分を皆さんに味わって頂けたんですが、その後がとても気になっています。

 もしも「やり直したい」「もう一度作りたい」「やってみたい」という方、クローブとパウダーがもう少し手元にありますので、クローブとポマンダーパウダーをセットにして、500円でお分けします。お気軽にどうぞ。

 何とか、「幸せの香り玉」になりますように・・・・。(合掌)




 

心の扉がひらく時

 アロマセラピストをしていて日々驚かされるのは、「自分の知らないことって、たくさんあるな~」という事です。

 お客様との出会いの中で学ぶ事が本当に多いのです。それは、身体のこと、病気のこと、心のこと・・・人それぞれみんな違う。だからこそ、オーダーメイドのアロマトリートメントが意味深いのです。
 
アロマトリートメントの効用は、色々あります。

 もちろん精油による薬理作用(心理作用や生理作用)。また、皮膚から触覚刺激をあたえる事で心へのアプローチ。

 血液循環やリンパの流れを促進し、緊張した身体を緩め、浮腫みなども緩和します。

 適度な刺激を繰り返しあたえる事で、筋肉を強化したり、スポーツなどで生じた乳酸などの疲労物質や痛み物質を早く除去します。

 マッサージによる皮膚への快い刺激は深いリラクセーションへと導き、免疫力が高められるといわれています。

 これらのことは、一般的によく知られていることですが、それによって起こる変化に驚かされることがあります。

 それは、「心の扉がひらく時」。

 総じて、施術前と施術後は、みなさん身体も楽になり、気分も良くなって表情は明るくなります。

 が、時として想像を超える瞬間があります。

 もちろん、アロマセラピストとして最も幸せを感じる時です。

 今まで何度も書いてきましたが、認知症の方の場合、顕著です。確かに香りによる嗅覚刺激が脳に与える影響は大きいと思いますが、タッチングはそれと比べられない変化をもたらすと私は感じています。

 触られる心地よさの中に、自分が大切にされていると感じる時、心の扉がふわっと開くのです。自分で扉を開く感じではなく、どこからとも無く吹いてきた風がふわっと・・・・とても軽やかに開く感じです。

 あの瞬間を是非たくさんの方に体験して頂きたいと考えています。介護をしていらっしゃる方をはじめ、家族間の人間関係にお悩みの方などなど・・・・。

 大人の方を対象に、ハンドマッサージの講習会を開こうと思っています。詳しくは、追ってアップしていきますので、チェックしてくださいね。






 
 

プロフィール

Aromain

Author:Aromain
ようこそ、Aromainのブログへ。
鳥取県米子市で、「一年中、元気で笑顔のお手伝い!」をモットーに活動しているアロマセラピストです。。
大地のエネルギー=クレイテラピー、植物の力=アロマテラピー、植物の魂=イドロラテラピーのほか、クラニオセイクラルセラピーのお手当ても取り入れたトリートメントをしています。
おひとりお一人の「今」に向き合い、寄り添うことを大切にしています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード