FC2ブログ

プラシボー効果?

 以前、母が体調を崩した事を書いた時、たくさんの方からご心配を頂き、とても驚きました。また、ブログの中で書いていた事にご質問を頂くこともあり、あらためて色々な方が読んで下さっているんだと実感します。

 そんなこともあって、あんまりプライベートな事は書かないほうが良いという意見もあり、自粛していましたが、「プラシボー効果」について、感じたことがあったので書いてみようと思います。

 プラシボー効果とは、薬学の世界では「偽薬効果」といい、医学の世界でも広く認知されている現象なのだそうです。
たとえば、睡眠薬中毒の患者さんが、信頼する医師から「今度の薬は、前のよりもよく効きますよ」と言って睡眠薬ではなくブドウ糖の錠剤をもらって服用し、「よく眠れた」という結果が得られるといった現象です。

 言葉は悪いですが「信じるものは救われる」ってことですよね。
いくら高価な薬や、高度の医療を施しても、本人が「これは効く。」とか「これで治る。」または、「これで治りたい。」という気持ちにならなければ、その効果は半減するということではないでしょうか。

 で、私が何を感じたのか・・・。
またまた、高齢の母の話で恐縮です。お彼岸の頃だったでしょうか、「膝の裏側が痛い」と言いまして、整形外科の先生のお世話になり、レントゲンなども撮っていただきました。とりたてて骨に異常があるわけではありませでした。

 痛み止めの注射をして頂き、湿布剤、痛み止めの錠剤・・・が処方されました。一進一退の様子でした。数日間、アロマトリートメントで背面の緊張を緩め、クレイの湿布も試みてみました。

 本人が嫌がるかな・・・と、思いましたが(病院で頂いた湿布があったので)、すんなり受け入れたので1日~2日おきにやってみました。

 最初は、「ちっとも良くなった気がしない」と、辛口です。
2回目にした翌朝、「アレの効果・・ん~?」と、言っていましたが、午後になるとハリのある声で「楽になってきた・・」と、電話をしてきました。

 そして昨夜、3度目のクレイ湿布。自分の中に何か「コレをしたら良くなる・・」という思いがあったのでしょうか。

 「昨夜は、よく眠れたし、今日は凄く楽になった!」と、夕方電話がありました。

 一見すれば、お医者様に処方された湿布剤の方が効きそうですし、痛み止めを飲んだ方が早く楽になるような気がしますが・・。


 母にとっては、アロマトリートメントで心身の緊張を緩めたり、あるいはクレイパックで、炎症を吸い出したり・・・、それらの効果を実感できたようです。


 数年前に股関節を悪くした時も、病院や整体など随分あちこち行きましたが、「ちっとも良くなる気配がない!」と、生きることを諦めそうになったことがありました。歩けなくなったら・・・と、とても悲観しました。

 その時、「思いつくことで出来ることは何でもやってみよう!」と私がしたのがアロマトリートメントでした。2ヶ月余りで、母の股関節の痛みはなくなり、「私、去年の今頃より今年のほうが元気!」と、本人も驚く回復劇があり、その経験から母にとって、アロマトリートメントは何よりの治療だと思っているようです。

 心身両面に働きかけるアロマトリートメントの相乗効果をあらためて感じます。

 
 偽薬ではありませんが、今回の様子を見てふと、「プラシボー効果」という言葉が頭をよぎったのでした。




プロフィール

Aromain

Author:Aromain
ようこそ、Aromainのブログへ。
鳥取県米子市で、「一年中、元気で笑顔のお手伝い!」をモットーに活動しているアロマセラピストです。。
大地のエネルギー=クレイテラピー、植物の力=アロマテラピー、植物の魂=イドロラテラピーのほか、クラニオセイクラルセラピーのお手当ても取り入れたトリートメントをしています。
おひとりお一人の「今」に向き合い、寄り添うことを大切にしています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード