FC2ブログ

クレイセラピー

 今年に入ってからでしょうか、「クレイセラピー」という言葉がとても気になっていました。もちろん、クレイは、アロマテラピーで使用する基材のひとつですが、キャリアオイルなどに比べると、さらっとふれる程度でしか勉強していませんでした。

 が、その事がずっとひっかかっていて、色々調べたり、本を読んだり・・でも、それだけではなく専門家のお話を聞きたいと思うようになりました。自分の出来る範囲での勉強はしていましたが、本当にそれだけで良いのか・・・と葛藤の末、初めての臨時休業を決めました。

 そんな事を考えていた矢先のことです。「失敗は成功の基」と、いうのでしょうか。それは与えられるべくして与えられた試練だったのでしょうか?

 実は、お盆明けの休みを利用して山登りをしてきました。山は、すでに秋の気配。ススキや吾亦紅なども観察できました。その日は、とても良いお天気で、快晴。真っ青な空と山の稜線のコントラストを楽しみながら、足元の小さな草花に励まされ、慰められながら、それはそれは楽しい一日でした。

 ところが、不覚にも日焼け対策が中途半端で・・・・。大反省です。日焼け止めを塗るくらいのことは当然しました。首の後ろが日焼けしないように、襟のあるもの(半そでのポロシャツ)を着て、首にはバンダナを巻いて、手袋も長いのをして・・・・。本当は、この上に長袖をもう一枚着るつもりでした。
山についてみると、風は爽やかだし、手を普通に伸ばした状態だと、ポロシャツの袖と長い手袋で腕をカバーできたので、今日はこれでOK!かも・・・と。

 これが、間違いでした。結果、ハムのような太い私の二の腕中央部あたり5センチ位の幅で、クッキリ日焼けです。

 そこは、アロマセラピストとしての応急処置で、ラベンダー入りのバームを下山してすぐに塗りました。お陰さまで、ヒリヒリしたり皮がむけるようなことはありませんでした。それに加えて、クレイパックです。日焼けから二週間ほど経ちますすが、その間、5~6回クレイパックをしていますが、クッキリとしていた日焼け痕が、ぼやけてきました。

 これは実験になるかもと直感。日焼け直後、その腕の写真を撮っておこうと思ったんですが、「そんなハムみたいな腕の日焼け写真なんて・・・。どうせならタコ糸まいたら・・・」などと冷やかされ、その言葉に妙に説得力を感じ、断念。今となっては、貴重な実験記録だったのに・・と、少々後悔しています(笑)

 クレイパックを通して、クレイのもつ「皮膚の再生賦活・治癒力の促進」といった力を、自分の肌で感じているところです。
これは夏の紫外線にいじめられた肌のお手入れに、絶対!おススメです。自信をもっておススメできます。もちろん、知識としては知っていましたが、実体験が加わると、一気にパワーアップです。ガット・フォセのエピソードを思い出しながら、少々ほくそ笑んでいる私です。(気持ち悪いかも)
 

 クレイについては、折を見て講習会を開こうと思っています。
 クレイセラピー講習会に、乞うご期待!


プロフィール

Aromain

Author:Aromain
ようこそ、Aromainのブログへ。
鳥取県米子市で、「一年中、元気で笑顔のお手伝い!」をモットーに活動しているアロマセラピストです。。
大地のエネルギー=クレイテラピー、植物の力=アロマテラピー、植物の魂=イドロラテラピーのほか、クラニオセイクラルセラピーのお手当ても取り入れたトリートメントをしています。
おひとりお一人の「今」に向き合い、寄り添うことを大切にしています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード