FC2ブログ

久々のベビーマッサージ

 Aromain ベビーマッサージ最初のお客様。2月に長女が出産した菜々美です。分娩に立会い、出産直後から肌にふれた子です。生後2週間までは、私がベビーマッサージを毎日しました。

 生後2ヶ月近くまで、産後の静養のため私のそばにいましたが、この度およそ4ヶ月ぶりの再会だったので、どんな反応をするのか楽しみでした。さて、彼女は、私の事を覚えているのでしょうか?それとも、大泣きをするのでしょうか?。・・・?

 ところが、いきなり何の違和感もなく抱かれ、全く表情も変わりません。いったい、彼女は、私の何を覚えていたのでしょう?声?抱かれた感触?匂い?・・・・?再会と同時に抱っこして、何の不都合?(泣き出す事など・・)も無い様子に、娘夫婦も驚いていました。

 そして、夜は、久々のベビーマッサージ。
毎日、おうちでやっているようにしてみせてもらいました。

           

 今日一日あった出来事を、思いつきの鼻歌にのせて、顔や頭のマッサージ。そして、体へ・・・。
さすがに、この半年余り、一日も欠かさずやってきただけの事はありました。毎日やっている母親ならではの、スタイルで、親子の息も合っていて楽しそうでした。何より、二人ともマッサージの気持ち良さを存分に楽しんでいます。

090814-2.jpg

 肌も筋肉も、弾力があり、しっかりしています。
「続けなければ意味がない!」と、あらためて思います。本当に継続は力です。

    090814-3.jpg

 その実感は、「この子は本当に病気しない!」という、パパのひと言に集約された感じです。



認知症とアロマテラピー

 久々のハンドマッサージボランティア。今日は、医学部の学生さんと一緒に行きました。卒論の研究で、アロマテラピーハンドマッサージをテーマにされた方。
以前、ハンドマッサージの手技等、相談に来られた学生さんです。その時、このボランティアの事を話したら、是非、見学したい・・・との申し出があり、やっと、今日、実現しました。

 卒論の実験は、現在進行中で、ストレス値の変化などでその評価をされるようです。結果がとても興味深いですね。目的に向かって、真っ直ぐな感じ。若さがみなぎっています。

 今日は、利用者さんの8割がたが、認知症の方のようでした。施設長さんに、彼女にもハンドマッサージをしてもらう許可を頂きました。多少、戸惑いもありましたが、病院で出会う患者さんとはまた違った出会いではないかと、進めてみました。

 ちょっと驚いた様子でしたが、そこはなかなか立派なものでした。最初に名前を聞いてから自己紹介、そしてアロマテラピーの説明なども上手でした。

 4月から始めたボランティアも、そろそろ5ヶ月。職員さんに、認知症についてのお話を伺ったり、お年寄りのケアにアロマテラピーを活かす方法について相談を受けたり・・・そんな関係になってきました。特別なことをやってきたわけではありませんが、人と人のつながりや小さな積み重ねに、少しだけ手ごたえのようなものを感じます。

 およそ1時間、それぞれ3名の方のハンドマッサージを終えて、帰って来ました。卒論で忙しい中、彼女にとって、今日の経験がどんな風に消化されていくのかわかりません。でも、あの弾む声、一生懸命な眼差し。とても素敵でした。

 いつか、彼女が、医療の現場で患者さんと接する時、思い出してもらえる経験になっていれば嬉しく思います。

 そして、今日はもうひとつ興味深いお話。
職員さんと、認知症についておはなしをしていたんですが、最後に、「認知症の方は、同じ事を繰り返しすることで、覚えられるんですよ・・。いい香りで、自分だけのために、気持ち良いマッサージをしてもらって・・・。特に女性は、認知症であっても、美容などへの意識はもち続けておられます。そのうち、来られたら、分かるようになりますよ・・。」と。

 ひと月に2回程度しか、伺ってないので、私の顔を覚えていただけるようになるかどうかは・・・?でも、もし、そんな日が来たら・・・想像いや妄想するだけで、泣けてきます・・。

 ただ、職員さんのおっしゃった事が、もしかしたら・・・と思えるような事が、実は今日、あったんです。

 ハンドマッサージをするのは、今日が4回目の80代後半の女性。いつも、「手のマッサージなんて初めてです。こんな手をマッサージしてもらうなんて、恥ずかしい・・・」と、おっしゃいます。そして、マッサージが始まると、いつも同じお話をされます。実家が農家で、自分は長女だったから、大人と一緒に働いたこと。和裁をして娘さんを大学まで出したこと・・・など。前回までは、まるで同じストーリーの繰り返しでした。

 が、今日は、ところどころはしょった話し方でした。今まで話されていたことは、あらすじ程度、さらにその中のエピソードを付け加える感じ。私も、先日話したことを忘れて、同じ人に同じ事を話してしまうことがあるんですが、そんな時、途中でそのことに気が付いて、「この間、話したけど・・・」なんて、言い訳したりしながら、簡単に概略を話して、まだ話していないことを付け足して話します・・。

 何だか、今日はそんな印象を受けたんですよね。実際はどうなのか分かりませんが、香りの刺激と、タッチングの触覚刺激により、そういうことが起きていたとも考えられます。

 今後、職員さんと連携をとりながら、変化を見守って行きたいと思っています。



嬉しいお便り

 今朝、素敵なポストカードが届きました。
マタニティケアでご来店頂いていたお客様から、お宮参りの写真をプリントしたお便りです。

 どうしておられるかな・・・・と、気になっていたんですが、こんなお便りを頂くと本当に嬉しいですね。

 開店以来、マタニティケアでいらっしゃっていた方が、次々と出産予定日を迎えられているので、カルテを見るにつけ、気になります。

 無事に出産されたかしら?産後の調子はどうなのかしら?赤ちゃんは順調?・・・・。おひとりおひとりの顔が浮かんできます。足の浮腫みや、背中の痛み、肩こりや頭痛、出産や子育てへの不安など・・・無事、クリアできたんでしょうか?
 何か困った事はないかしら・・・と、気にしています。(よけいなお世話ですけど・・笑)

 困った事があったら、遠慮なく相談して頂けたら・・・と思っています。お力になれないかもしれないけど、誰かに話すだけでも楽になれる事ってありますから・・・。

 そして、今日は、もうひとつ嬉しいことが・・・。

 マタニティケアのお客様が、無事、出産(里帰り出産)を終え、愛知県へ帰られる前に、アロマトリートメントを受けに来てくださいました。
 すっかりお元気に、そしてキレイなママになっておられました。一瞬、誰だか分からない位・・・。

 施術後、頭から、首、肩そして目まで、スッキリして・・と、喜んでくださいました。

「年末、帰省したら、また来ます・・・」と。笑顔で帰っていかれました。こんな時の嬉しさ、何ものにもかえられません。

 嬉しいこと続きの一日でした。明日からの元気を頂きました。感謝!感謝!です。


アロマテラピーアドバイザーコース

 いよいよ、アロマテラピーアドバイザーコースを開講します。
(社)日本アロマ環境協会の、アドバイザー認定教室としてのスタートです。

 9月15日(火)から、全5回で、アロマテラピーの基本を一緒に学びましょう!これは、11月1日、全国27都市で開催されるアロマテラピー検定(山陰では、松江)に対応しています。
Aromainで、この講座を受講された方が、アロマテラピー検定1級に合格され、アドバイザー認定を希望された場合、日本アロマ環境協会主催の、認定講習会(全国14都市で開催)の受講が免除されます。

 最近、医療や介護などの分野からも、熱い視線が送られているアロマテラピーです。その基本を学ぶ事は、日々のセルフケアだけにとどまらず、家族の健康管理、そして、様々な仕事の分野でもいかされる機会が増えています。

 自分の体に向き合うきっかけにもなります。そして、快適な生活空間のデザインにより、QOLの向上を実感されるのでは・・・。

 検定試験に対応したカリキュラムですが、実際に香りを体験しながら、暮らしに役立つ講座にしていこうと思っています。

 アロマテラピーに興味をお持ちの方、アロマテラピーの勉強がしたいけど何処に行っていいか分からなかった方、アロマテラピーの基本が分かっていれば今の仕事に活かせるのに・・・と、お考えの方。

 理由は、それぞれでしょうが、ご一緒に・・・どうぞ。

 講座の日程は、9月15日、29日、10月6日、13日、20日 ですが、別の曜日でなければ受講が難しい・・・方は、お気軽にご相談ください。できる限り日程調整をして、個人レッスンも承ります。

 米子の地で、AEAJの認定教室がスタートすることを、たくさんの方に応援していただいています。
認知症予防の香りが話題になるなど、シニア世代の方、今まで無縁だと思っておられた方も、是非、この講座はおススメです。


認知症予防の香り・・・

 先日の山陰中央新報に、こんな記事がでていました。
「・・・・アロマインをハイパーブレインの代理店化して・・・。」

 「認知症予防の香り」が、新聞各社に取り上げられて以来、鳥取大学に問合せが殺到しているらしいのですが、残念ながら商品がまだ出来上がってないんですね。
皆さんからの要望に早くお応えしたいという、社長の思いで話されたことが、ついつい・・・記事になってしまったようで、謝罪のお電話を頂きました。

 これに関しては、現在、その方向で検討中です。皆さんの興味が集中しているのは実感していますが、やはり、正しく使ってこそ、その効果が期待できるのです。商品を扱うにあたっては、アロマテラピーの専門的知識や技術をもった人が説明したり、指導したり・・・ということが重要だと思います。
その責任を果たせる人材として、ご指名いただいたことに感謝しています。

 現在、精油は薬品でも食品でもなく、「雑貨」の扱いですから、色々なところで購入できますが、商品のクオリティーは、かなり幅があります。

 今回の商品は、大学の臨床実験の結果をもとにプロデュースされています。「メディカルアロマ」の見地にたった商品ですので、成分分析表なども付けて販売されると思います。

 Aromainでも、精油はメディカルグレードのプラナロム社精油を、使用しています。

 今回販売予定の商品は、吸引(嗅覚刺激)にその効果を絞ったもののようですが、アロマテラピーのその効果をより一層実感していただくには、アロマトリートメントのタッチング効果は、外せないと私は考えています。

 香りによって、認知症の予防、あるいは発症後の進行を遅らせることに加えて、肌からの心地よい触覚刺激は、心を落ち着かせ、不安や気持ちの落ち込みにも働きかけていきます。
認知症予防に興味をお持ちの方、是非、アロマトリートメントを受けてみられることをおススメします。

 ただし、その際、アロマテラピーの知識や技術、人の体の成り立ちなどを理解したアロマセラピストをお選びください。そこは大きなポイントですので、慎重にお探しください。
そうすれば、必ずや、その素晴らしさを実感して頂けると思います。

 

 
プロフィール

Aromain

Author:Aromain
ようこそ、Aromainのブログへ。
鳥取県米子市で、「一年中、元気で笑顔のお手伝い!」をモットーに活動しているアロマセラピストです。。
大地のエネルギー=クレイテラピー、植物の力=アロマテラピー、植物の魂=イドロラテラピーのほか、クラニオセイクラルセラピーのお手当ても取り入れたトリートメントをしています。
おひとりお一人の「今」に向き合い、寄り添うことを大切にしています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード