FC2ブログ

ハンドマッサージとは?

                11-dryherb-4.gif

 ハンドマッサージと聞くと、みなさんはどんなイメージなんでしょう?
私は、「気持ちイイ」とか「心地良い」とか・・・。ハンドマッサージをする時も、してもらう時もイメージは同様です。

 先日、看護師の卵さんからお電話を頂きました。アロマトリートメントのご予約を頂いたんですが、それとは別に、ハンドマッサージを習得したい・・・という目的があったようです。できれば、施術のなかで体験して、それを持ち帰りたい?!・・というような。
フルボディの場合は、ハンドも入っていますが、ご予約いただいた「ボディ背面コース」にはありません。
お話を伺うと、ハンドトリートメントの効果について臨床実験をしたいんだそうですが、以前、化粧品会社の方に習ったハンドマッサージを、学生間でためしてみても、反応が芳しくないというのです。

 ん?ハンドマッサージで、気持ちよくない?
最初は、そんなことあるのかな・・・と、不思議でした。
ただ、「心地よさ」を感じられないハンドマッサージならば、臨床実験の意味がありません。あまりの熱意に押されて、施術後、少し時間をとって、やってみることにしました。

 まずは、卵さんのハンドマッサージを受けてみることに。・・・。なるほど、最初から全く心地よさを感じません。それどころか、グイグイと押したりする手技が多くて、とてもリラクセーションなどとは程遠いものでした。途中をはしょりながら、最後までひと通りやってもらいました。

 そこで、聞いてみました。「何のためにハンドマッサージをやるんですか?」
「・・・・・・・・・・・・・・・・。いわゆる医療だけでは、病気は治せないと思うんです。患者さんに寄り添って、緩和ケアなどの勉強もやっていきたい。」など、一生懸命な思いや、立派な志には、頭が下がります。

 リラックスが目的ならば、そんなにグイグイ押さえなくてもいいはずです。ましてや、病気の方であったり、お年寄りが対象ならばなおさらです。「やさしく撫でられるだけで、心が安らぎ、温かさが伝わりませんか?」といって、私が、ハンドマッサージをやってみました。やりながら、「ここを、こんな風に触られたらどんな気持ちになりますか?」などと聞きながら・・・。
「そばにいてくれる感じ」「見守られている感じ」「1人じゃないよって感じ」「・・・・」
触覚刺激がどんな心理作用をもたらすのかを、試してみました。

 卵さんは、ハンドマッサージの手技のみならず、足浴中もメモをとられるなど、その熱心な姿勢には心打たれるものがありました。
やっぱり、頑張っている人は応援したくなります。私の中の「ムシ?」が騒ぎます。(笑)

 こんな看護師さんが、ハンドマッサージをして元気付けてくれたら、たとえ、先が見えない病気と闘っていたとしても、どれほど慰めになるでしょう。

 臨床実験、そして論文。その道のりは、まだ始まったばかりですが、応援したいと思っています。
自分に出来る事で、社会のお役に立てるとしたら、人として、最高の幸せじゃないですか?
生きる力になります。やっぱり、「一生懸命は勝つ!」ですよね。
頑張っている姿は、人の心を動かします。

プロフィール

Aromain

Author:Aromain
ようこそ、Aromainのブログへ。
鳥取県米子市で、「一年中、元気で笑顔のお手伝い!」をモットーに活動しているアロマセラピストです。。
大地のエネルギー=クレイテラピー、植物の力=アロマテラピー、植物の魂=イドロラテラピーのほか、クラニオセイクラルセラピーのお手当ても取り入れたトリートメントをしています。
おひとりお一人の「今」に向き合い、寄り添うことを大切にしています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード