FC2ブログ

やっぱり、べビマは、ホントにスゴイ!?

 ホントに、べビマはスゴイのか・・・。多分、昨日の記事を読まれた方は、半信半疑な感じしませんでしたか?
 ひとまず、お腹のマッサージで、落着きは取り戻したものの・・・、やっぱり、夜は興奮して眠れなくなったり・・・、夜泣きだったり・・・。
 確かに、私の中にも、若干の不安はありました。ありましたが、多分、大丈夫だろうと思ってました。

 そして、今日、娘からの・・・。
「寝てくれないかなぁって、覚悟してたんだけど・・・やっぱりべビマのお陰かなぁ いつも通り寝てくれたし、今日は、朝から 機嫌イイしヨカッタ」との事。

 やれやれ・・。ひとまず、安心です。
でも、赤ちゃんがいたら、こんな事よくあることだし、こんな風に、対処できたら、お互いに楽ですよね

 さてさて、昨日の、大騒ぎの発端、「今まで嗅いだことの無い臭い」に、戻りますが、赤ちゃんの嗅覚は、大人の100倍以上とも言われています。
だから、生まれたての赤ちゃんは、ママのにおいを嗅ぐだけで、ママを区別する事が出来ると言われています。赤ちゃんは、食べ物(おっぱい)、心地よさ、温かさ、安全を自分のママの、特殊な匂いで、理解していくんだそうです。
 日頃、ママのそばで穏やかに、過ごしている赤ちゃんにとって、大人ですらストレスを感じるような臭いの中に入ったのですから、それはそれは、もの凄いストレスだったんでしょうね。
おまけに、ママ以外の人に抱っこされて、益々、「安心・安全」な、ママの匂いから遠ざけられて、不安だったんだろうと思います。

 香りの記憶は、様々な体験を思い起こさせると、言われていますが、実は、今回の、騒動の?娘。
1歳にもならないような頃、眠くなると、指しゃぶりしながら、私のハンカチを顔の近くでいじっていました。そのために、破れたハンカチも何枚かありましたが・・・。
 その娘が、ローズの精油の香りを嗅いだ時、「あっ、これ、私が小さい頃の、お母さんの匂い!」と、いいました。そう、彼女が、母になる少し前ですから、つい、最近のことです。
 「えっ?」。私は、その時、もの凄く驚きました。確かに、その頃、ローズの香水を使っていました。(今、あるかどうか分かりませんが、資生堂のホワイトローズナチュラルという香水です。その頃、お店の方のお話では、バラの花びらを、4トントラックいっぱいで、たったの1リットルしか採れないという、説明を聞いたのを覚えています)もちろん、香水ですから、100%精油のみではありませんが、その頃、大好きな香りでした。ハンカチに、香水を付けた記憶はありませんが、わずかな移り香程度だったものを、その頃の、娘は嗅ぎ取る事ができたんでしょうね。

 そして、やっぱり、今も、ローズの香りは大好きです・・・。
ローズの香りが、ママの香りだったなんて、素敵・・・というよりも、その香り体験が、記憶を呼び覚ますというのが、こういうことなんだと、実感した次第です。

 教科書の中のことが、現実に起こるのは、実に楽しく、そして、とても勉強になります。
いわゆる、「・・・・と、いわれています」ではなく、「・・・・なんですよ。」と、お話出来るんですから・・。

プロフィール

Aromain

Author:Aromain
ようこそ、Aromainのブログへ。
鳥取県米子市で、「一年中、元気で笑顔のお手伝い!」をモットーに活動しているアロマセラピストです。。
大地のエネルギー=クレイテラピー、植物の力=アロマテラピー、植物の魂=イドロラテラピーのほか、クラニオセイクラルセラピーのお手当ても取り入れたトリートメントをしています。
おひとりお一人の「今」に向き合い、寄り添うことを大切にしています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード