FC2ブログ

髪の悩み

 髪のお悩みをお持ちの方は、ありませんか?
女性は、出産を機に、髪とか歯とかに「ガタ」がくるとか、よく言いますよね。それだけではなく、やはり年齢的なものもありますよね。髪は、お肌と同じですからね。
 髪にコシが無くなったとか、細くなった・・等はよくある話です。かくいう私も、その一人。ひとたび帽子をかぶると、人前でとれなくなる・・・。髪がぺしゃんこになって、どこをどうあがいても、シャンプーして、ブローしなおさない限り復活の道はありませんでした。「・・でした。」
そう、それが、このシャンプーに出会って、大丈夫になったんです。
シャンプー(小)
元々は、アロマの本に、「無香料のシャンプーに、精油を・・・」と書いてあるけれど、それに適した基材として使えるシャンプーを探していました。ですから、ローズマリーとか、イランイランとか、カモマイルローマンとか・・・、お好みの精油を垂らしてお使いになるのも、もちろんOK!
 石油系のものと違い、アミノ系のシャンプーで、リンスもトリートメントも要らない。ちょっと、お値段は高め?(200ミリ 1575円)。でも、使ったら、そんなの何でもない感じです。中には、無香料のものを、お探しの方もあるかと思います。これは、絶対におススメ!・・・と、いうわけで、お店におく事にしました。
それならと、お買い求め頂いたお客様から、早速、メールを頂きました。「シャンプーにはびっくり!パサつきも少なく、髪にコシが出る感じ!」と。
 こんな瞬間、本当に嬉しいです。自分が納得して、イイと思うものしか、お客様におススメしないと決めた自分にちょっとだけ拍手です。

テーマ : 健康&美容とくとく情報
ジャンル : 心と身体

アロマトリートメント

 アロマトリートメントというと、若い人のモノ?とかエステでしょ?とか、よく言われます。
アロマトリートメントは、植物のチカラ(精油や植物油など)を使って、人間の手で体の中にそれを浸透させていくとともに、人の手でしか感じる事のできない優しさも心の奥に届けます。
 私の母は、元々、体が丈夫な方ではなかった事もあって、何かあると、すぐにお医者様に行く人でした。病院に行くと、カメラだのCTだのと、次々に検査を勧められてはそれを受けてきました。たいていの場合は、「特に異常なし」です。周りから見ていると、「やっぱり!」ですが、当の本人は、「何でもないといわれたらそれで安心・・。」と、言っていました。一時は、病院に行くのが仕事のような時期もありました。が、高齢になるほどに検査によって体力を奪われるのがよく分かります。
 5年位前でしょうか、股関節の調子が悪くなり、病院も整体もあちこち行きましたが、「どこに行ってもよくなってくる気がしない。」と言って、生きる事も諦めてしまいそうになったことがあります。そんな時、思いつくことで出来る事はやってみようと、私は、母のアロマトリートメントを始めました。
 最初は、一日おきに2週間。それから、週に2回、週に1回、2週間に1回と、間隔を広げていきました。2ヶ月が過ぎた頃、調子を崩す前よりも元気になり、「去年の今頃より、今年の方がずっと元気だわ!」と言うほどになりました。その後も、「夜、床に入ると咳が出る」とか「便秘する」等など。その度に、アロマトリートメントで、元気を取り戻しつつ暮らしています。
 気がつけば、あれほど病院に行っていた母が、病院に行かなくなっています。そして、あの頃よりも肌の色艶も良く元気です。
 

テーマ : 医療・病気・治療
ジャンル : 心と身体

ココロとカラダ

 実は、昨年の11月から、毎朝、5km位歩いています。アロマセラピストとして、独立を決意し、心の準備の第一歩?でした。もう一つは食生活の管理。何はともあれ、身体が資本!という訳です。
 元々、料理は大好きなので、特別、苦になることはありません。三度の食事だけで、間食禁止!にするのではなく、おやつというかティータイムも、それなりに楽しく、ココロとカラダのバランスを考えて・・。好天続きの昨秋は、干し柿も美味しく作れて、周りの人に差し上げて喜ばれたり、お抹茶と干し柿のティータイムで充実感を味わったり・・。何となく、余裕がありました。
 ところが年が明け、そのうち、お店の準備が本格化し、忙しくなると「ココロの健康」と言いながら、結構、ケーキやお団子、お饅頭、それにチョコレート等、ウオーキングを始める前の、ほとんど間食をしなかった生活が一変してしまいました。これって、プラス?マイナス?プラマイゼロ?一時は、身体が締まってきたような(自分にしか分からない程度)気がしていましたが、今のところ、体重に大きな変化なし。
 あれもこれもガマン!となると、ストレスもたまります。カラダが喜ぶ適度な運動(毎日5キロのウオーキング)と、ココロ(脳?)が喜ぶスイーツで、意外にバランスがとれているのでしょうね。
カラダの気持ちと、ココロの声を聞きながら、バランスを保つ暮らし方って、必要じゃないでしょうか?
自分流ってのも「有り」ってことで・・・・。

テーマ : 楽しく生きる
ジャンル : ライフ

フジバカマ

唐突ですが、「フジバカマ」って、ご存知ですか?
キク科の多年草で、秋の七草の一つです。「源氏物語」の中にも登場しますし、万葉集の中にも詠われています。そのフジバカマ、生草の時には、ほぼ無臭なのに、生乾きの状態になると、桜餅のような、ほのかないい香りがするというのです。平安時代の女性は、これの干した茎や葉を水につけて髪を洗ったり、体を拭いたりしたとか。また、干して刻んだものを匂い袋にしたとか。
ますます、どんな香りかと、興味が湧いてきます。
 私が子どもの頃には、よく見かけていたはずの「フジバカマ」。そう思って、探してみるともう、そこかしこにあるという植物では無くなっていました。やっと見つけたのは、ハーブ園でした。
 そんな折、昨年11月、ハーブを使ったイタリア料理の集い(大阪)に参加したところ、隣に座られた方(岐阜県羽島市からご参加)と親しくお話することとなりました。その方は、60歳前後の女性で、植物(特にハーブ)の知識が豊富で、随分たくさん育てていらっしゃるようでした。また、ご自分で、セントジョーンズワートのインフューズドオイルを何度も失敗を重ねて、やっと成功したとか、ホップのスリーピングピロウは、スゴイとか・・ハーバルライフを素敵に楽しんでいらっしゃるようでした。私が、フジバカマの話をすると、小さな紙切れを出して、「ここに、住所と名前を書きなさい。春が着たら、フジバカマの株を送ってあげます。・・・覚えていたら・・(笑)」。それ以来、心待ちにしながらも、どこか半信半疑でした。
 ところが、本当に春がきました。先日、白と、紫色のフジバカマの株が届いたんです。踊りだしそうな嬉しさです。桜の便りより、春を実感させられる出来事でした。

テーマ : 気になるモノ
ジャンル : その他

植物のチカラ~オイル~

 冬から春先にかけてお肌の乾燥は気になりませんか?少々のカサつきなら、ちょっとクリームを塗るくらいで大丈夫かもしれません。でも、空気の乾燥だけが、お肌の乾燥の原因ではありませんよね。寝不足やストレス、食生活、ホルモンバランス等々。
 森林療法など自然療法を積極的に取り入れておられる赤坂溜池クリニックの、降矢英成院長にお会いした時のことです。ちょうどその頃、仕事のストレスから、顔や首などがざらざらになって「アトピー性皮膚炎」だと診断され皮膚科を何箇所も受診して悩んでいる人から相談を受けていました。「アロマで何とかならないか?」と。なかなか、良いアドバイスが思い浮かばなくて困っていました。
 思い切って、私に向けられていた質問を降矢先生にぶつけてみました。すると、先生は「アロマテラピーは精油を使うことが特徴の自然療法だけど、アロマトリートメントに使う植物オイルのチカラはスゴイですよ!」。
 そこで、精油を使わないで、お風呂上りにホホバオイルを塗るようにおススメしてみました。この方法は、お風呂から上がって、濡れたままの状態でオイルを塗ります。その後、タオルで押さえるようにして水滴をふきとります。それから、2ヶ月後、何事もなかったように、キレイな肌がよみがえりました。
 肌がよみがえったことの喜びもさることながら、治ったことへの自信が持てた事が大きかったようです。仕事が忙しく無理が続くと、今もそういう症状が出そうになるそうですが、早めのケアでこの冬は大事に至らず春を迎えられそうだ・・・との事。乾燥肌のセルフケア、是非おススメの方法ですよ。お試しください。
 ちなみに、オイルは、ホホバが一押し!マカデミアナッツも、パルミトレイン酸が多く含まれているからイイですよ。お好きなオイルで試してみてはいかが?

テーマ : 心と体にいいことはじめよう!
ジャンル : 心と身体

プロフィール

Aromain

Author:Aromain
ようこそ、Aromainのブログへ。
鳥取県米子市で、「一年中、元気で笑顔のお手伝い!」をモットーに活動しているアロマセラピストです。。
大地のエネルギー=クレイテラピー、植物の力=アロマテラピー、植物の魂=イドロラテラピーのほか、クラニオセイクラルセラピーのお手当ても取り入れたトリートメントをしています。
おひとりお一人の「今」に向き合い、寄り添うことを大切にしています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード