FC2ブログ

認知症とアロマ

こんにちは。



ご訪問、ありがとうございます。



Aromain(アロマイン)アロマセラピストの牧田聡江です。




今年2月から通って下さっている85歳の女性。



ニオイが分からないと言っておられた認知症の方です。



当初は、高齢者用住宅におられたのですが、途中からグループホームに移られました。



その後も、外出を楽しみにされるので、ご家族が定期的にお連れ下さっています。



今回、少し間があいたのですが、店の前まで来られると



「あら!ここは来たことあるわね。マッサージしてもらえるところだったかしら!?」



と。



クレイ足浴と、アロマトリートメント。




今までは、ハンドトリートメントだったりボディ背面だったりですが、今回はご家族から「フェイシャル」のオーダーを頂きました。




もともと、とてもおしゃれな方なので、キレイになるのはとても刺激になります。



そして、フェイシャルトリートメントはそれだけでなく、ココロにもカラダにも働きかけるものがたくさんあります。



いつものように、トリートメントオイルに入れる精油を私がご提案して、お客様の今にぴったりくるものを探ります。




なんと、昨日は、香りが少し感じられたようでした。




何の香りかを判別できるまでではありませんが、「チョット強い香り」とか「ぼんやりした香り」とか「ピンとこない」とか。




試行錯誤の末、選んだのは ・ ・ ・ ローズ・オットー、フランキンセンス、ラベンダー。




施術の途中は、しばらく寝息が聞こえていて、リラックスなさっていました。



施術後は




「何だか、しわが減ったみたい(笑)」




と、より一層柔らかな笑顔。




特効薬にはなりませんが、継続はやはり大切だと思いました。



そして、ご家族の優しさ、温かさ、大切に思う気持ちが、こういう形で伝わっていくことの尊さに、胸を打たれます。



それを託して頂けることに、感謝の気持ちでいっぱいです。







今日も、最後までお読みくださり、ありがとうございました。




♡心から感謝♡





テーマ : アロマテラピー
ジャンル : 心と身体

初めてのアロマトリートメント♡

こんにちは。


いつも読んでくださり、ありがとうございます。


Aromain(アロマイン)アロマセラピストの牧田聡江です。



今日は、私にとって特別な日でした。



2年間出張させて頂いていた方が昨年の3月にお亡くなりになったのですが、丁度一年前の今日が、最後の出張となりました。



次は二週間後に伺う予定でしたが、いきなりのお別れとなってしまいました。



そんな、私にとっては思い出深い日に、新たにご高齢の方とのお付き合いが始まりました。



それも、不思議なきっかけでした。



数週間前、以前、山歩きでご一緒したことのある方が、たまたまウチの前を通られた時に、店のなかに視線を向けられたその瞬間に、偶然、私と目があったんです。


私は店の中から手を振って「こんにちは~!」



そしたら、中に入ってこられて他愛のない立ち話。




それからしばらく経って



つい一週間ほど前に、通りがかりに思い出したように(お店に)入ってこられて



「私、この間、あなたとここでおしゃべりしたでしょ。あれで、ものすごく気持ちが楽になって、元気になったのよ。やっぱりあなたは癒し系だと、つくづく思ったわ。」



??????



私の中では、とりたてて深刻なお話ではなかったような印象ですが、そうおっしゃるのです。



そして、数年前からお世話されている86歳の叔母様を、ココに連れてきたいというご相談を頂きました。



認知症状が出てきているけど、杖もなく歩けるしトイレも行ける、食事も自分で出来るという事でした。



そして、今日、叔母様をお連れ下さいました。



背筋がしゃんと伸びておしゃれでとてもキレイな方で、予想をイイ意味で大きく裏切られました(笑)。



初めにクレイの足浴をして頂いたのですが、終わりに私が足を拭こうとしたら



「そんな、足まで拭いてもらうなんてもったいない。自分で拭きますから。」



と、おっしゃり、ちょっとあわてました。



色んな意味で厳しさを乗り越えて生きて来られた方なのかなあと思い、ちょっと胸が熱くもなりました。



今日は、初めてのアロマトリートメントなので、まずはハンドトリートメントを体験して頂きました。




最初は指先まで緊張していましたが、後半になると



「あら!気持ちイイわねぇ。マッサージって言うから痛いのかと思ってたら、こんなに気持ちイイマッサージがあるのね。何だか眠くなってきたわ(笑)。」



と、その頃には指先の緊張はとけて、まぶたを閉じて、ただただ気持ち良い肌の感触を味わっておられるようでした。



私の母も、初めてアロマトリートメントをした時



「世の中にこんな気持ちのイイ事があるなんて!?同級生の半分がもう死んでしまったけど、あの人たちはこんなことも知らずに死んでしまったんだ ・ ・ ・。」



としみじみ言った時の事が、重なりました。






もともとおしゃれさんで、美容院でのヘアカラーも先日受けられているので、次回はボディのトリートメントが出来ないかと、ご本人に伝えられると



「身体もやって貰えるの?こんな気持ち良いマッサージを!?それは楽しみねぇ~(笑)。」



と、とっても、意欲的でした。




不思議なご縁に守られて、サロンでの高齢者アロマが始まりました。




天国から見守って下さっているのだと思い、一緒に過ごした二年間を思い出し、あらためて感謝の気持ちでいっぱいです。






今日も、最後までお読みくださり、ありがとうございました。



♡心から感謝♡





    ハンドトリートメント交歓会2019

テーマ : アロマテラピー
ジャンル : 心と身体

母のトリートメント

こんにちは。



いつも、ご訪問、ありがとうございます。



Aromain(アロマイン)アロマセラピストの牧田聡江です。



少し、気温が下がってきたので、こたつを出して、実家の母の冬支度をしました。



季節の変り目なので、不調になる前にと思い、久しぶりに母のトリートメントもしました。



変な話ですが、母がもう少し元気な頃!?(杖がいらなかった頃)は、毎週、買い物や食事で連れ出して、帰宅後にはトリートメントをしていたのですが、最近、ここ2~3年は、出来ない事の方が多くなりました。


これは、母の問題というより、私の問題かもしれませんが ・ ・ ・ 。


母の行動が何事も時間がかかるようになり、物忘れも増えて、確かめたことを何度も何度も確認したり、動作のひとつひとつも時間がかかるようになってきました。



時々、クレイの足浴をすることはあっても、なかなかゆっくりトリートメントが出来ないでいたので、本当に久しぶりでした。




身体に触ってみると、行動が遅くなってきたのも納得の状態でした。



全体的に筋肉が減っています。



食欲もあって、自分の身の回りの事もなんとかできてはいますが、寄る年波には勝てませんね。



しばらしていなかったことを反省しながら、ボディ背面をゆっくり丁寧にトリートメントをしました。




ちなみに、トリートメントオイルは、生の椿油15ml、精油は、ローズオットー、パチュリ、スイートオレンジ各1滴でした。



トリートメントをする中で、身体の変化や状態を、目で観て肌で感じる事の大切さを改めて感じました。




1日でも長く、穏やかで幸せな暮らしが続くよう、トリートメントは必要だと思いました。



トリートメント後の母の様子を見て、ご高齢の方々に、こういったトリートメントがもっと行き届くと良いなあと、思いました。



 ・ ・ ・ ・ 。






出張施術のご相談がありましたら、お気軽にお問い合わせくださいね。






今日も、最後までお読みくださり、ありがとうございました。




♡心から感謝♡










お別れは突然に

こんにちは。



ご訪問、ありがとうございます。



Aromain(アロマイン)アロマセラピストの牧田聡江です。



今朝、思いがけない訃報が入ってきました。


出張アロマで2年間、お世話になったIさんが、お亡くなりになりました。



87歳でした。


ご家族だけで静かに送られるという事でしたが、できれば最後の顔を見て欲しいと連絡を頂きました。



「アロマをしてもらったおかげで、イイ顔しているから・・・。」


と・・・・・。



そういえば、今朝、起きた時から私、何だか変でした。


洗いかけのマグカップを落としたり、紅茶を入れようとティーポットに茶葉が入っているのに、お湯をマグカップに注いだり、普段しないようなミスが続いて、自分でも変な気分でした。



「変だな~、今日の私!?なんでだろう!?」



そんな時でした。



連絡を頂いたのは・・・・。



本来なら、来週の月曜日に伺う予定だったものですから、気持ちの整理がつかないままのお別れ・・・・。



出張アロマを始めた時から、この日が来ることは、心の奥で分かっていたはずですが、やはりお顔を拝見すると悲しくて悲しくて・・・・。



お経の最中、亡くなった方の身体をずっと擦りながら(イメージ)お別れの言葉を(心の中で)語りかけていました。



いつも、「今日が最後になっても、悔いを残さない仕事」を、心がけてきました。



仕事に限らず、常に、その時の自分に出来る一生懸命をモットーに生きてきました。



そういう意味では、後悔はありませんが、寂しさや悲しさはどうしようもないダメージであることには間違いないのです。



しばらく身体に力が入らず放心状態でした。



気を取り直してサロンに戻ると、タオルを見ても精油箱を見ても、色んな場面が思い出され・・・・・・。



なかでも、伺った時、必ず最初に、精油をティッシュに垂らしてお渡ししていた時の事がよみがえってきました。



そのティッシュを鼻の上に押し当てて、大きく大きく鼻から香りを吸い込まれる様子がとても印象的でした。



「むさぼるように食べる。」という表現を思い出すように、まさに香りを待って待っておられたようでした。



色んな香りを嗅いで頂きましたが、一番お好きなのは、ローズ・オットーでした。




そのことを思い出し、私も、ローズ・オットーをティッシュに垂らして、嗅いでみました。



その途端、悲しみがこみあげてきて嗚咽してしまいましたが・・・・・。




しばらくしたら、気持ちが落ち着いてきて、こうしてブログがかけるようになりました。



私が出張させて頂くに当たり、たくさんの方のご理解やご協力、ご支援に恵まれ、多くの学びと温かい出会いがあったことに、あらためて感謝の気持ちでいっぱいです。



Iさんの、ご冥福をお祈りいたしますと共に、関わって下さったすべての皆様、本当にありがとうございました。



ご高齢の方、介護が必要な方のための出張アロマ、今後も続けていきたいと思っています。



どうぞ、よろしくお願いします。






今日も、最後までお読みくださって、ありがとうございました。



♡心から感謝♡




テーマ : アロマテラピー
ジャンル : 心と身体

今年最後の出張アロマ

こんにちは。



いつも、ありがとうございます。



Aromain(アロマイン)アロマセラピストの牧田聡江です。



今日は、今年最後の出張アロマでした。



寝たきりになられた方(84歳女性)が、歩けるようになりたい・・・・・というお気持ちが、ご本人もご家族にもあって、もちろんそれだけが動機ではありませんが、出張アロマをご依頼頂いたのは、昨年の3月でした。


初めの半年は週1回、その後2週間に1回、お伺いしていました。


ハンドトリートメントから初めて、3か月目からは、足浴と足のトリートメントをメインに行うようになりました。



当初は、足浴をするために、座位を保つことさえ難しく、試行錯誤の日々でしたが、昨年の年末にはベッドの柵に摑まらなくても足浴が出来るようになられました。


それでも、「歩けるようになる!」には、ほど遠く複雑な思いがありました。



やせ細った身体は、骨の上に皮膚があるような状態で、筋肉や脂肪を取り戻すなどイメージさえなかなかできませんでした。



認知症状も徐々に色濃くなってきました。


そんななか、今年の秋口あたりから、トリートメントをしているふくらはぎあたりが、「あら!?少し肉付きが・・・・・!?」と、心もちふっくらされてきたように感じられ、少し光がさしたような気がしました。



①ベッドに寝た状態からベッドの柵に摑まって身体を起こし、座ってベッドから足を下ろして足浴をする。


②足浴のバケツから足を外して(拭いて)から、元の枕の位置に寝た状態に戻る。

これらの動きには、とても積極的で、ご自分で身体をずらして、足浴のポジションに行こうとされます。


起き上がるのにも元に戻るのにも、若干のお手伝いは必要ですが、最初の頃に比べると大きな変化だとも思えます。



歩けるようには難しいかもしれませんが、積極的に自分から身体を動かそうとされるようになったり、私の顔を見るなり柔らかな笑顔で迎えて下さるようになったり、きっと認知症状が出る前なら話されなかったような本音をこぼされたり・・・・・。



積み重ねた時間の中で紡いできた信頼関係なんだと、思います。



月2回のアロマトリートメントで、寝たきりの人を歩けるようには出来ないかもしれませんが、穏やかな笑顔を取り戻したり、こわばった身体を少なからず緩めたり、自分の事を思って訪ねてくる人がいる(たとえ仕事であっても)とか、身体を愛おしく擦ってくれる人がいるというのが、生きる栄養になったらいいなあと思います。




今年最後の出張は、とても柔らかな笑顔で迎えて頂き、田んぼの草取りでヒルが足についた時に、ちぎるように引っ張って取ったヒルをペッと投げるというジェスチャーをされたのが可笑しくて、二人で声を出して大笑いしました。



達成感というには程遠い思いはありますが、自分に出来ることを精一杯できたのかな・・・・・と、思います。



穏やかな日々が続くようにというと、やや消極的かもしれませんが、現実を受け止めればそれも大切な事なんだと思いながら帰ってきました。




出張アロマ、もっと広がればいいなあと思います。




今日も、最後まで読んで頂き、ありがとうございます。



♡心から♡感謝♡





テーマ : 生きること
ジャンル : 心と身体

プロフィール

Aromain

Author:Aromain
ようこそ、Aromainのブログへ。
鳥取県米子市で、「一年中、元気で笑顔のお手伝い!」をモットーに活動しているアロマセラピストです。。
大地のエネルギー=クレイテラピー、植物の力=アロマテラピー、植物の魂=イドロラテラピーのほか、クラニオセイクラルセラピーのお手当ても取り入れたトリートメントをしています。
おひとりお一人の「今」に向き合い、寄り添うことを大切にしています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード