FC2ブログ

高原の風に溶け込む

 こんにちは。




 ご訪問、ありがとうございます。




Aromain(アロマイン)牧田聡江です。





 先日、蒜山ハーブガーデン・ハービルさんから津黒高原へ向かいました。




 この日の一番の目的は、津黒高原で奥野先生の草木染講座に参加すること。





 心配とは裏腹に迷うことなく、予定の時間に滑り込み。





 この日の草木染は、先生がご用意くださった3種の植物です。


 まずは、桐(キリ科)。最後に、実が出てきました。


       IMG_20200708_130354.jpg 

 染液を作るため、ハサミで小さくカットしていきます。

       IMG_20200708_130357.jpg

 次に、赤麻(イラクサ科)。イラクサ科なのでネトルをイメージしますが、とても柔らかくて棘毛もなく、扱いやすかったですよ。

       IMG_20200708_130432.jpg

 赤麻は、私が担当でした。後で、他の鍋を見たらもっとザックリ切ってありました(笑)。濃く染まってほしい思いが、強かったのでしょうか!?

       IMG_20200708_130413.jpg


 そして、水目(カバノキ科)

       IMG_20200708_130455.jpg


 ほとんど、葉っぱがカットされず、枝から離しただけのような状態ですね。もう少し、細かくしたほうが良いかも。どうやら、初めての方だったようです。

       IMG_20200708_130459.jpg


 今回は、染めたいものを持参された方が多く、しかも初めてだったり、2~3回目という方たちでした。





 米子の教室では、絞りにも、染めにも細部までこだわってされる先輩ばかりだったので、絞りなどの準備の時間がワクワクする楽しい時間でした。




 今回は、チョット違いました。





 何だかイメージがまとまらないまま、見切り発車になってしまいました ・ ・ ・ 。




 どんな仕上がりになるのでしょう?




 アベノマスクをお持ちになった方。



 着古したパーカーをお持ちになった方。




 生成りのカフェカーテンをお持ちになった方。



 そして、手拭いやストールなど、それぞれの思いを染めました。





 私は、麻のストールと小さめのトートバッグを染めました。




 草木染の工程は、



 まず、染めたいものを水洗いして、水分をしっかり絞ってから



 染液(15分)→水洗い→媒染(15分)→水洗い→染液(5分)→水洗い→媒染(5分)→水洗い


      IMG_20200708_142907.jpg





 の順に作業を進めていきますが、ひとつのものを違う媒染にすると、更に工程は長くなります。




 私は、ストールは桐で染めて、銅媒染にしました。




 トートバッグは、赤麻で染めて、アルミ媒染と鉄媒染でコントラストを付けました。



 出来上がったものを広げて、テラスに干します。


       00000PORTRAIT_00000_BURST20200708153056071.jpg  


       00100lrPORTRAIT_00100_BURST20200708153104297_COVER.jpg


 緑の風を含んで揺れる作品が、周囲の景色に溶け込んで、何とも言えない風景です。





 高原の風が、最後の仕上げしているような、そこにいてそれを見ているだけで癒される時間でした。





 こういうロケーションでしてこその草木染なのだとも思いました。






  今日も、最後までお読みくださり、ありがとうございました。






  💛心から感謝💛








    

テーマ : 幸せに生きる
ジャンル : 心と身体

蒜山高原の風

こんにちは。




ご訪問、ありがとうございます。




Aromain(アロマイン)牧田聡江です。




先日、雨の止み間に、蒜山高原へ。





ラベンダー摘みも出来たらいいな♪




なんて思いながら、久しぶりに蒜山ハーブガーデン・ハービルさんへ出かけました。



テラスから蒜山三座を臨む絶景スポット。


DSC_0638.jpg


たくさん雨が降った後の止み間なので、ラベンダー摘みはできませんでしたが、たくさんの植物に癒されました。

DSC_0647.jpg




ラベンダー畑の上の展望台からの蒜山三座は、更に絶景です。

DSC_0648.jpg


雨の止み間に、虫たちも大忙し。



 蝶々や蜂も ・ ・ ・ 。

DSC_0643.jpg


DSC_0666.jpg



DSC_0665.jpg




大きなギボウシも見ごたえがありましたよ。

DSC_0668.jpg

DSC_0642.jpg




水滴を抱え込んだ植物たちに、ついついシャッターを切ってしまいました(笑)。

DSC_0645.jpg


DSC_0650.jpg


DSC_0652.jpg







     
しっとりとしたハーブガーデンも、良いですね。







今日も、最後までお読みくださり、ありがとうございました。




💛心から感謝💛










     

        

テーマ : 癒し
ジャンル : 心と身体

藍染体験

こんにちは。




ご訪問、ありがとうございます。




鳥取県米子市で、アロマテラピー、クレイテラピー、クラニオセイクラルセラピーをお伝えしていますAromain(アロマイン)牧田聡江です。



お客様のご厚意で、かねてからの念願かなって、藍染体験させてもらいました。




しかも、




「手持ちの染めたいものがあったら、お持ちください。」




とのこと。




下処理の方法まで ・ ・ ・ 。




体験用に、おしぼりやハンカチは準備してあるという事でした。




直前まで迷いましたが、オーガニックコットンのガーゼ地ブラウスと、シルクのストールを持って行くことにしました。




ブラウスは肌触りが柔らかくて気に入っているものですが、白いので襟元にファンデーションの汚れが気になっていたものでした。





ストールは、前回の草木染の時に山葡萄で染めたモノです。





葡萄色を夢見て染めたのですが、葡萄色というよりグレイっぽい仕上がりになってしまったので、この際、藍色にしたらどうかと思い持参しました。




ところが、ご一緒させて頂いた先輩方が口をそろえて





「もったいない!これは、とっても素敵な色だから、このままの方がイイ!」




と、おっしゃるので、ストールをひっこめて、ブラウスを染めることにしました。




もうお一方、シルクの白いブラウスをお持ちの方がありましたが、そのブラウスは織柄が美しいので、そのまま染められました。




私は、いつもの思いつくままに絞りを施してみました(笑)。




それから、ハンカチも。




藍の状態がとてもよく、想像以上に色濃く染まり感動しました。




最後に水洗いして、絞りをほどいて、広げると



 ・ ・ ・ 



     IMG_20191030_114719.jpg




家に持ち帰って、掛けてみると



     IMG_20191030_124148.jpg




ハンカチは




     IMG_20191030_124617.jpg





こんな感じです。





想像以上の出来に、大満足(笑)。






自己満足?!





(笑)





藍染に癒され、パワフルな先輩方に勇気をもらい、人の繋がりとご縁に感謝です。





癒しの藍染体験でした。





今日も最後までお読みくださり、ありがとうございました。




♡心から感謝♡











テーマ : 人生を豊かに生きる
ジャンル : 心と身体

久しぶりの草木染

こんにちは。



ご訪問、ありがとうございます。



Aromain(アロマイン)アロマセラピストの牧田聡江です。



先日、久しぶりに、草木染講座に参加してきました。




今回は、フランス菊と大金鶏菊(いずれもキク科植物)の花が付いた地上部、全草を使いました。

   19-06-12-07-45-36-178_deco.jpg


   



草木染めは、同じ植物でも、その時々で色合いが違い、染める布の素材や織、糸の太さや撚りの強弱などによっても発色が違う、とても奥深い世界です。




染める前の手仕事も、工夫を凝らして楽しい時間です。

   19-06-12-07-47-49-319_deco.jpg



ビー玉を輪ゴムでとめたり、紐で絞ったり、洗濯バサミでとめたり ・ ・ ・ 。




今回、私は、大金鶏菊でタオルを染めました。

   19-06-12-18-15-43-867_deco.jpg




フランス菊では、コットンストールを畳み方を少し変えて2枚、アルミ媒染と鉄媒染で濃淡をつけてみました。

   19-06-12-18-20-37-316_deco.jpg




最後の最後ま、水洗いして広げるまでは、どんな出来栄えなの分からないドキドキ感も醍醐味のひとつです。





他のお仲間の作品を見せて頂くのも、楽しいひと時です。


   19-06-12-18-25-05-643_deco.jpg


   19-06-12-18-23-52-419_deco.jpg


   19-06-12-18-26-20-059_deco.jpg



 いつも、あんなふうにすれば、ああなるんだと感心するのですが、その学びがなかなか次に生かせないのが現実です(笑)。





草木染は、誰でも体験できる間口の広さと、やればやるほどそれぞれの工程での考察や工夫が豊かな時間になっていき、自分の中の色々なものが引き出されていくような気がします。





今回も、そんな豊かな草木染に ・ ・ ・ 癒されました。






今日も、最後までお読みくださり、ありがとうございました。




♡心から感謝♡










テーマ : 癒し・ヒーリング
ジャンル : 心と身体

新年の草木染

こんにちは。



ご訪問、ありがとうございます。



Aromain(アロマイン)アロマセラピストの牧田聡江です。



ちょっと、遅くなりましたが ・ ・ ・ 。



植物からの様々な恵みに助けられている日常ですが、昨年春より「草木染」のお仲間に入れて頂き、その奥深さに感動したり、癒されたりしています。



いつもは先生が準備して下さる植物を、小さくカットして大鍋でグツグツ煮て、染液を作るところから始まります。



冬になると、調達できる植物、特に草類は少なくなります。



新年は、クスノキの木くず(木工細工をされた時に出た)と欅の小枝と樹皮をご準備下さいました。



クスノキは、染液を煮ていると、とてもイイ香りがして頭がクリアになっていく感じでした。



いわゆる「樟脳」の香りですが、タンスに入れる樟脳とか精油のように凝縮された香りではなく、優しくふんわり包み込むようなクリアな香りでした。


これだけ香るという事は、精油成分をたくさん含んでいるという事ですが、使用後の鍋はかなりベトベトしていてそれを実感しました。




以前、ヒノキ精油を蒸留される方から、芯材の部分に最も精油成分が含まれると聞いたのを思い出しました。




クスノキは、先生の見本作品がとても優しい淡いオレンジ色だったので、安眠を夢見て枕カバーを染めることにしました。



あえて絞りなどの細工をせずに・ ・ ・ 。



ところが、想像以上に色濃く染まり、イメージとは違う仕上がりになり、何も細工をしなかったことを少しばかり後悔しました(笑)。


    19-01-09-15-43-24-638_deco.jpg




ケヤキは、思ったよりもキレイな色に染まりました。

   19-01-09-15-44-21-449_deco.jpg


今回は、どちらもアルミ媒染のみで仕上げました。



先輩方は、媒染を変えてグラデーションが美しいおしゃれな力作ぞろいです。

   19-01-09-15-45-30-446_deco.jpg

   19-01-09-15-47-34-168_deco.jpg


草木染をはじめて1年経っていないのもあり、同じ植物で染めたことはありませんが、同じ時期に同じ植物で染めても、決して同じものはできないという神秘。



植物それぞれに効用があるようですが、それはまた別の機会に書こうと思います。




最後に、絞りをほどいて水洗いして広げる瞬間まで、どんなものが出来たか誰にも分からないのも魅力の一つで、かけがえのない癒しの時間です。




大地と繋がった植物から頂く恵みに、感謝です。





今日も最後までお読みくださり、ありがとうございました。




♡心から感謝♡





テーマ : 健康で元気に暮らすために
ジャンル : 心と身体

プロフィール

Aromain

Author:Aromain
ようこそ、Aromainのブログへ。
鳥取県米子市で、「一年中、元気で笑顔のお手伝い!」をモットーに活動しているアロマセラピストです。。
大地のエネルギー=クレイテラピー、植物の力=アロマテラピー、植物の魂=イドロラテラピーのほか、クラニオセイクラルセラピーのお手当ても取り入れたトリートメントをしています。
おひとりお一人の「今」に向き合い、寄り添うことを大切にしています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード