FC2ブログ

16人に1人が体外受精

こんにちは。



ご訪問、ありがとうございます。




鳥取県米子市で、アロマテラピー、クレイテラピー、クラニオセイクラルセラピーをお伝えしていますAromain(アロマイン)牧田聡江です。




何と、2017年に生まれた赤ちゃんの16人に1人が体外受精なのだそうです。




私がサロンを始めて10年あまりになります。





その間、不妊治療をしながらトリートメントを受けに来られた方のうち7名の方が、待望の赤ちゃんを迎えられました。




その方々のほとんどが、体外受精でした。




出産後、数年たってから他のきっかけでご来店下さった方の中に、体外受精だったという方もいらっしゃいました。




こちらは、意外に多く、体外受精が身近になっているのを感じています。




それでも、何人に1人といわれるほどだとは思っていませんでしたが、ついに、16人に1人が体外受精というのは驚きです。



不妊治療は必要だと思いますし、体外受精によって授かる命も当然、尊いのは言うまでもありません。





ただ、体外受精に臨まれた方、それによって赤ちゃんを授かった方、授かれなかった方、それぞれとお話しする中で感じたことがありました。




赤ちゃんが欲しくても、なかなか結果が出ないという方の切ない思いを聞くうちに、妊娠する事や出産することそれ自体が目標になってしまっていることがありました。




そして、なかには




「欲しくて欲しくて子供を産んだのに、育て始めてみたら、私、こどものことあんまり好きじゃなかったです。」




といわれ、愕然としたことがありました。





よけいなお世話かもしれませんが、妊活中の方とは丁寧なカウンセリングも心がけています。





医療の分野だけではどうにもならない「自分の壁」を、軟らかく温かいお母さんの肌触りになって頂けるようお話しします。





こうしたカウンセリングとアロマトリートメントを受けられた方のうち、待望の赤ちゃんを授かられた方が、10年間に7人いらっしゃるのです。






もう一つ気になっていることは、夫婦のスキンシップです。




こどもの事を、夫婦の愛の結晶だと思えないと言われた方のお話しです。




赤ちゃんが出来た時から、夫婦は父母だけの関係になってしまったというのです。



ましてや二人目のお子さんは、先生(医師)につくってもらったようなもので、更に夫婦という実感がなくなったともおっしゃっていました。





そして、うつ状態になって病院に通いながらのご来店でした。





まったくスキンシップがない状態が苦しくて、心と身体のバランスが崩れてしまい、自分自身を見失ってしまわれたようでした。





こどもを設けることがゴールではないはずなのに、こどもが生まれたとたん夫婦がぎくしゃくしてしまうなんて、本末転倒です。




妊活をするにあたって、赤ちゃんを授かっても授かれなかったとしても、夫婦としてどう生きていくのかを夫婦で話し合って欲しいと思います。




子宝に恵まれようとそうでなかろうと、いずれ不妊治療は終わります。




その先を、どう生きるかについて語り合うことで、子宝には恵まれなかったけど、深く強く繋がれたと話された方もありました。





16人に1人 ・ ・ ・ もう珍しい事や、特別な事ではないのです。




新しい命を迎え、育むことは、どうやって生まれてきたのかが問題ではなく、人として、親として自分がどう生きるかなのだと思います。




かけがえのない命を愛おしみ、大切に育てられることが、次の世代に続いていくよう願っています。









今日も、最後までお読みくださり、ありがとうございました。




♡心から感謝♡
















テーマ : ひとりごと
ジャンル : 心と身体

またまた嬉しいニュース♡

こんにちは。



ご訪問、ありがとうございます。



Aromain(アロマイン)アロマセラピストの牧田聡江です。



年末あたりから気になっていたお客様がありました。



10月の末、二人目を授かりたいと妊活を始めたものの、お医者様から言われたことが受け止めきれず気持ちがついていかなくなったと言って来られた方。



初めての出産を前にマタニティアロマでお越し頂いたご縁ではじまったお付き合いです。



その時は、高齢出産や育児への不安も含め、授かりたい思いと不安がギリギリのせめぎあいの状態でした。



「ここで、ひとまずリセットしないと前に進めない気がします。今日は、心身ともに浄化してもらって、今後にそなえたいです。」



と、おっしゃっていました。



あれから ・ ・ ・



11月、12月と、沈黙。




ずっと気になっていました。




もしかしたら!?の思い。



最近、何だかよく分かりませんが命を宿されたような気がして、勝手に自分の中で嬉しい胸騒ぎがしていました。




すると




今日、お電話を頂きました。




私の胸騒ぎは、的中。



新しい命を宿されたという報告に、思わず「やっぱり!」(笑)。




昨年末に続き、新年早々、またまた嬉しいニュースが飛び込んできました。




妊活は始めてみると予想以上に過酷で、「赤ちゃんが欲しい!」と言う思いが強すぎて心も身体も緊張し、何とか早く結果を出したいというプレッシャーも目に見えないブロックになっているように感じる事があります。




そういう状態で来られた方の施術をしながら、何度か不思議な感覚を体験してきました。




アロマトリートメントだったりクレイの足浴やパック、クラニオセイクラルセラピーのお手当てなどしていると、心も身体も柔らかくなって、自分で自分を追い詰めるような考えや、人を責める気持ちや、プライド保持の思いなどが、すーっと溶けて抜けていくのを感じるような時があります。



施術後のカウンセリング時には、ご来店時に比べてかなり表情が変わり色々な気持ちが整理され、がむしゃらに頑張るというよりは「コウノトリのご機嫌に任せて ・ ・ ・」といった感じの、穏やかで前向きな言葉を多く口にされるようになります。




そういう体験をした数か月後、「妊娠しました。」とか「出産しました。」というご報告を頂く事が多いように思います。




妊活中の方に限りませんが、私は、お客様のお話をじっくり聴くことと「お客様自身が大切にされている」という感覚を持っていただけるよう心がけています。



そうすることで



人間関係で辛い時も、子育てで悩むときも、仕事がうまくいかない時も、そっと寄りそう人がいて、心の声を言葉にして話すことができれば、話すことで自分の気持ちが整理できることもあります。



アロマトリートメントをはじめとするボディワークで身体が緩み、心が緩んだ時だからこその大切なタイミングなのです。




そうした時間を大切にした活動を、あらためて振り返るとともに、温かい手をそっと添えるようなさりげなく寄り添えるアロマセラピストでいたいという思いを強くした今日でした。



今日も、最後までお読みくださりありがとうございました。



♡心から感謝♡





#米子アロマ
#妊活
#高齢出産
#クレイテラピー
#心のブロック
#そっと寄り添うセラピスト
#傾聴
#大切にされる思い











テーマ : セラピー&ヒーリング
ジャンル : 心と身体

感動の妊娠報告♡

こんにちは。


ご訪問、ありがとうございます。



Aromain(アロマイン)アロマセラピストの牧田聡江です。



昨日は、嬉しいご報告を頂きました。



昨年の夏、不妊治療、人工授精、タイミング法で妊活をされている方が、ある方のご紹介でトリートメントにいらっしゃいました。



もちろん、妊娠を希望されての事です。



その時の事は鮮明に、覚えています。



まるで鎧を着たような身体でした。



それは、ストレスなのか?プレッシャーなのか?・・・・・?



秋には、体外受精を考えているとおっしゃっていましたが、日程などはまだ決まっていませんでした。



どうされたのか、時々思い出しては気になっていました。



半年ほどして、予約のメールを頂いた時、お顔を思い出すことは出来ないのに、身体に触った感触が鮮明によみがえってきました。



目からの記憶よりも、手(手のひらの感触)の記憶の方が鮮明なのは、職業柄でしょうか!?



実は、昨年の秋、体外受精を試みたもののうまくいかず、それ以降はタイミング法を試しておられたようです。



年が明けて、再び体外受精に挑戦することになり、採卵の日程が決まった時点で、ご予約を頂きました。




「受精卵を母体に移植する前の大切なタイミングで、必ず牧田さんのトリートメントを受けようと決めていました。」



と、満を持してのトリートメントでした。



ホームページのご挨拶の最後にも書いていますが、今までに同様のタイミングでトリートメントをさせて頂いたお客様の4名の方が、受精卵の着床、妊娠を経てめでたく出産されています。



もともと、そういう症例自体がそれほど多いわけではありませんし、科学的な根拠はありません。



ただ、最先端医療の最たるもののひとつと言える体外受精ですら、確率はそれほど高くありません。



女性の社旗進出、晩婚化、高齢出産、環境問題など、ひと昔前に比べると様々なことが大きく変わってきています。



その一方で、医学の進歩がそれを埋め合わせるられるようになった感を持たれている方もあるかもしれません。



しかしながら、人間は、動物です。



妊娠できる年齢は、社会が進歩しても大きく変わることはないのです。



鎧を着て男性と肩を並べて戦っている女性に、母となるような柔らかな身体をもてというのは、厳しい事なのかもしれませんが・・・・。




お母さんになるにはというより、女性の健康を保つには、心も身体も軟らかさや温かさが大切なのではないかと、私は、考えています。



心と身体のバランスを整えられるよう、トリートメント前のコンサルテーションや、施術後のくつろぎタイムにも出来る限り丁寧にお話を聞くようにしています。



その中で、絡み合った糸をほどくように、ゆっくりゆっくり・・・・・必要に応じて。



今回は、妊娠することが最終目的ではないので、自分がお母さんになってどうなりたいかイメージしてもらいました。



母になれば、授かった命を、自分の命を懸けてでも守る覚悟が必要です。


ド~ンと構えて、小さなことで一喜一憂しない。

肝っ玉母ちゃんになる!

不安は、最大のストレスです。

心も身体も軟らかくして、「ドンと来い!受けて立つ!」という気持ちで!


そんなことを、お話しました。


以前、「Aromainの上空にコウノトリが旋回してますね。今日は、コウノトリの足、しっかりつかんで帰ります(笑)。」と、帰り際に言われた方が、半年後に、「やっぱり、コウノトリいましたね(笑)。」と、妊娠報告とマタニティアロマのご予約を頂いたことがありました。



そのことを昨年いらした時にお話していたの覚えておられたのでしょうか!?



「コウノトリの足、しっかりつかんで帰ります!」



と言って、帰って行かれたんですが、現実のものとなりました。


「移植の日も、どんと来い!という気持ちで臨みました。検査の日も不安はありましたが、牧田さんに言われた言葉を何度も何度も自分に言い聞かせて、大丈夫!と、肩の力を抜きました。無事着床。妊娠が確認されました。小さな心臓の動きも見れて、心音も聞けました。」



と、お電話を頂きました。



まだ、安定期では無いので、この場で披露することには、躊躇もありましたが、無事に赤ちゃんの成長と出産を、読んで下さった皆様と共に祈りたいと思います。



よろしくお願いします。





最後までお読みくださって、ありがとうございました。




♡心から感謝♡








テーマ : 癒しと占い
ジャンル : 心と身体

嬉しい便り♪

こんにちは。


いつもありがとうございます。


5月に入ってから、何となく落ち着かな日が続いていました。


 というのも、待ちに待った赤ちゃん誕生の日が待ち遠しかったから・・・・・です。


 不妊治療中の辛い時期に、始めていらしたお客様。


 40歳を過ぎています。


 治療開始と同時にわかった子宮筋腫。


 お医者様によって意見が違い、手術をしてから不妊治療をするのか手術は必要ないのか・・・・。


 様々なプレッシャーやストレスのなか、手探りの時間が過ぎていきました。


 それでもと、尋ねられた専門医からは、即手術。その後不妊治療という診断でした。


 やっと決心ができて手術・・・・・。なんと数十個の筋腫摘出手術・・・・・。


 ・・・・・・・。


 やっと治療を始められてしばらくした頃、報告がてらいらして下さいました。


 その頃には、明るい笑顔で「子作り宣言」されていましたが、どうなるのかは神のみぞ知るところであるのは、いうまでもありません。


 が、とにかくリラックスできるカラダでなければと、アロマトリートメントにいらして下さいました。


 そして、いよいよ受精卵を母体に戻す前日・・・・・。


 やはり、アロマトリートメントにいらっしゃいました。


 そ・れ・か・ら。


 こちらから、お聞きするわけにもいかず案じておりました・・・。


 吉報は、年賀状で頂きました。


 安定期に入ってからは、マタニティトリートメントに・・・・。


 予定日を伺ってからは、ホントにホントに待ち遠しくて待ち遠しくて・・・・・。


 そわそわしておりましたが、予定日の翌日、メールを頂きました。


 「昨日、無事に元気な男の子を出産しました!色々とご心配をおかけしました。これから子育て頑張ります。」


もう、嬉しくって嬉しくって、すぐにでも会いに行きたい気分ですが・・・・。


しばらくは、ママがお元気になられてから、お会いできるのを楽しみに待とうと思います。


あれから数日たち・・・。



ここにきて、やっと落ち着きました(。◕‿◕。) 。



 今日も、最後まで読んでくださって、ありがとうございます。

新年のビッグニュース!

 こんにちは。


 ご訪問ありがとうございます。


 仕事納めの後、体調を崩してしまい新年を迎えるには準備不足な感じでしたが・・・・。


 元旦、この年賀状に飛び上がりました!

    

 2年前、不妊治療に少し疲れた・・・・といらしたお客様です。


 不妊治療を始めたら、子宮筋腫がみつかり、即、手術の宣告を受けたもののなかなか受け入れられず・・・。


 別のお医者様の診察を受けたら、手術しなくてもタイミングで様子をみよう・・・と言われ・・・。


 その間、イイと聞けば数時間かけて鍼治療に通ったり漢方薬を飲んだり・・・・。


 もうどうして良いのか分からない・・・・疲れた状態でした。


 不妊治療に疲れていらっしゃる方に共通しているのは、誰にも言えない悩みを抱えていること・・・。


 夫婦間では、何度も何度も話し合い、同じ目的を持って頑張っているけれど、そんなご主人にも言えない悩みや不安に押しつぶされそうになる・・・。


 そういう方と、不妊治療を経験したことが無い私がお話する時、生意気かもしれませんがお伝えしていることがあります。


 それは・・・。


 赤ちゃんを授かっても授からなくても、必ず今後の方向性について決断する時が来る。それは、そんなに遠い将来ではないこと(肉体的、精神的、経済的負担に限界があるため)。


 そして、どんな決断であっても幸せにつながる決断だと思えるような準備が大切。


 赤ちゃんを授かる事が目標になっていると、子育てが辛くなる。(顕微授精で授かった子供を、愛の結晶と思えないと話された方もありました。)


 たとえ赤ちゃんを授かっても、どういう子に育てたいとか、どういう家庭にしたいとかというシミュレーションはあった方が良い。(辛い治療の末、生んでみたら、私、子ども好きじゃないかも・・・と、育児が辛くなっていらした方もありました。)


 たとえ、赤ちゃんを授からなかったとしても、夫婦としてこれからの人生をどう生きていくのかを話し合うべき。(不妊治療の過程で、共に励ましたり勞ったり、悲しんだりする中で、子どもはいなくても、私たちは深いところでつながっていられる夫婦になれたと思います・・・と、胸を張られた方もありました。)


 ちょっと厳しいかもしれませんが、お母さんになるということは誰かに守られていて、「辛い」とか「悲しい」とか言っていられないんです。命懸けで、命を守らなければいけないのです。


 ・・・。


 こんな私の荒療治!?に、今まで誰にも話せなかった思いを涙ながらに語り、「スッキリ!しました。」と帰って行かれた方はたくさんあります。


 今回、年賀状をくださった方もそのお一人です。


 「受精卵を母体に移植する日が決まったら、直前に、アロマトリートメントに来ます。」


 と言っていらした日・・・・。


 施術当日は、祈りを込めてお見送りしますが、その後どうなったのかはずっと気がかりのままでした。


  そして、今回、年賀状でのご報告を頂きました。


 この仕事をしていなければ、お会いすることもなかった方かもしれません。


 そして、この仕事をしていなければ味わうことの出来ない感動に感謝の気持ちでいっぱいです。


 ココロとカラダのバランスを整え、笑顔を応援する・・・。


 「一年中、元気とキレイのお手伝い!」


 自分が、大切にしてきた思いが伝わったという思いと、命の誕生に少しだけ関わられたような喜びです。



 最後まで読んで下さってありがとうございます。


 あなたの笑顔が、誰かの笑顔につながりますように!




 
プロフィール

Aromain

Author:Aromain
ようこそ、Aromainのブログへ。
鳥取県米子市で、「一年中、元気で笑顔のお手伝い!」をモットーに活動しているアロマセラピストです。。
大地のエネルギー=クレイテラピー、植物の力=アロマテラピー、植物の魂=イドロラテラピーのほか、クラニオセイクラルセラピーのお手当ても取り入れたトリートメントをしています。
おひとりお一人の「今」に向き合い、寄り添うことを大切にしています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード