FC2ブログ

入学式の服

 こんにちは。


 ご訪問、ありがとうございます。


 私がこの仕事を始めた(6年前に長女が出産した)頃、生まれた子が、この春小学一年生になります。


 彼女の成長と、私自身のセラピストとしての成長はいつも私のテーマです(苦笑)。


 6年前、長女にベビーマッサージの手ほどきをした時(お客様にも同じことをお話していますが)、何事も目的を自分で理解してから、子供に語りかけるように伝えました。


 ただ、「ダメ!」とか、「やめて!」とかではなく、何でダメなのか、何故、やめてほしいのかを言葉で説明する習慣を付けるように言いました。


 相手が赤ちゃんであっても・・・・。


 むしろ、赤ちゃんの時から始めると、その後の子育てが随分、楽になるし、自分の考えを整理して考えられるようになり、自分の気持ちにも余裕が出来ます。


 例えば、生まれて間もない頃・・・。


 「良い子でいてくれて、ありがとうね。〇〇ちゃんが良い子にしてくれてたから、みんなゆっくりご飯が食べられて、助かったわ。・・・・。」


 大人の食事時間に、寝てくれたり起きていても泣いたりしなかったら、こんなふうに声をかけていました。


 成長とともに、こうしたコミュニケーションの方法が親にも子にも備わってきていました。


 子供にも、自分の気持ちを言葉で伝える力がついてきていたので、たまに会う私は、ドキッとすることもありました。


 そんな彼女が、入学式にはピンクのヒラヒラした(アイドル歌手のような)洋服を着たいと思っていたようです。


 親としては、キチンとしたものを着せたいと考えていたようですが・・・・。


 一緒に買いに行けば、本人を説得するのは難しい・・・・・し、希望通りのものは買いたくないし・・・・。


 そんな時、私がちょっぴり出しゃばって、店頭で見つけた洋服(フォーマルな)をプレゼントしようと思い立ったのでした。


 しかし、どうせプレゼントするなら喜んでもらえるものが良いのですが、私が選んだ洋服はモノトーンでした。


 どうしたものかと思っていたら、娘から電話がありました。


 「本人と、話してみるから・・・・。」


 すると・・・・。


 「小学校に入学するっていうのは、ひとつ、大人になるってことなんだよ。その大事な日には、その場所にあったキチンとした洋服を着るっていうのも大切なことなんだよ。大切な時に、キチンとした洋服を選べる大人になって欲しいから、入学式には、キチンとした洋服を着て欲しいんだよ。パパもママも黒い服で、式に出るんだよ。赤ちゃん(9ヶ月の妹)にも、そういう服を着せようと思ってるよ。・・・・・。」

 そして、私がそれをプレゼントすることも伝えて・・・・


 親子3人で、話し合ったそうです。


 大人の話はもっともだと理解できるものの、ピンクの洋服を着たいという気持ちがなかなか整理できなかったようです。




 見ていて涙が出そうになったと、後で娘が言っていましたが、親も子もよく頑張ったな~と、私も胸が熱くなりました。



 6歳の成長ぶりに、頼もしささえ感じました。



 親も子も、勝ち負けではなくお互いに納得できる答えを出せたのは、大きな成長だと思います。


 人生の節目、身が引き締まる思いを服装とともに味わうのは、大切なことだとあらためて感じます。



 ・・・・・。



 今日も、最後まで読んでくださって、ありがとうございます。








 

大切にされるということ

 こんにちは。


 ご訪問ありがとうございます。


 先日の「子育てを考える」記事で、「感動した!」とか「泣けた!」とか、色々なお声を頂きました。


 実は内心、、登場人物の娘たちはあの記事をどういうふうに読むんだろうと、ちょっぴりドキドキしていました。


 彼女たちのプライバシーを公にすることに、自分の中に少し戸惑いもありました。


 が、彼女たちの反応は、いい意味で予想外と言いますか、書いた意図をくんでくれていて、まずは、胸をなでおろしました。


 長女は、

 「あんなことがあったっていうのは覚えてなかったけど、私のセリフ読んだら思い出した。あんなこと言ってた気がする・・・。」


 次女は、


 「全く覚えてなかったけど、読み進みながらあったかも・・・・と思ったよ。だんだん読み進んで言ったら泣きそうになって。電車の中で音楽聴きながら読んでたのに、その音楽が邪魔になるくらい感動した!」


 と。


 久しぶりに昔話に盛り上がりました(笑)。


 そして、ここは母として言っておかなければと思いまして、長女に・・・。


 「二人の子供が良い子に育ってるってことは、母親としてあなたが頑張ってるってことだと思うよ。」


 と言ったら、


 「恥ずかしいから一回しか言わないよ!それが出来ているとしたら、私が大切に育ててもらったからだと思うよ。私は、本当に、大切に育ててもらったって心底思ってるもん。」


 またまた、穴があったら入りたいくらいですが、もしそうであるならありがたい事だと思います。


 がむしゃらに、ただただ一生懸命な日々でしたが、”世界中を敵にまわしても最後までお母さんは味方だよ!”の思いで貫いた子育てでした。


 そして、その思いは母である限り変わることはありませんが、それだけの力が自分にあるかどうかは別です(笑)・・・。


 ・・・・・。


 今日も、最後まで読んで下さってありがとうございます。


 それでは、また。(*^-^*)ノ~~マタネー



 

わが子の全部を抱きしめていますか?

 こんにちは。


 ご訪問ありがとうございます。


 最近、若いママさんからのご相談が色々ありまして、ちょっとだけ子育てのことを書いてみようと思います。


 私には二人の娘がいます。


 もう二人とも成人してますし、長女は2児の母となりました。


 そんな私の子育ては、とんと昔のことになりますが・・・・。


 娘たちは小さい頃からスポーツをしていました。


 小学校、中学校、高校まで常に全国大会出場をかけた試合を経験し、全国大会にも出場してきました。インターハイや国体も経験しました。


 ですから、小さいうちから厳しい練習に明け暮れましたし、自分と向き合い、チームメイトと向き合い、沢山の人に支えられ見守られてきました。


 次女が小学校の中学年か高学年になる頃だったと思います。


 何かイライラするようなことがあったのでしょう。


 ある日、私に「うざい!クソババア!」と、言いました。


 その時、何故か私は気持ちに余裕があったのか、いつもそんな悪態をつかない子がそんなことを言ったのが面白かったのか、可愛く思えたのか・・・・。


 「私にそんな風に言って、ストレスが発散できるなら嬉しいわ!(笑)クソババアって言われるくらい何でもないわ!」



 言った本人は、怒られること覚悟で恐る恐る言ったら、予想外の展開に拍子抜け・・・・。



 でも、許されるならと気をよくして、夜になって長女がいるときに又「クソババア!」。


 ニコニコしている私に、長女がゲキを飛ばしました。


 「アンタ!お母さんに向かって何言っとるの!好きなことをやれとるのは誰のお陰だと思っとるの!親に感謝出来んような子は絶対に強くなれんよ!」


 何とも胸のすくような一喝でした。



 その時、長女は中学生だったと思いますが、その成長に驚いたものです。


 生意気盛りの勢いはあの時がピークでした(笑)。


 当時、子供たちに言っていたことは、「世界中を敵に回しても、お母さんは最後まで味方だよ。」ですが、それは今でも変わりません。


 悪態をつく子供の心の中には不安や寂しさが渦巻いていて、自分がどれだけ愛されているのかを確かめたい思いがあるのです。


 「親に向かって!」、などと腹を立てず、こんなことを言えるようになったのも成長の証だと微笑んではどうでしょう。


 背丈が変わらないほどに大きくなったお子さんを抱きしめるのが照れくさければ、こどもの話を真剣に聞いてあげましょう。


 それが心を抱きしめるということでしょう。


 どんな自分でも、まるごと抱きしめてくれるお母さんがいることは、こどもの生きる力を強くすると思います。


 子育ての途中は、迷うことがいっぱいです。


 何が正しいのか分からなくなることもあります。


 どこを目標に子育てをしたら良いのか・・・。
 


 私は、 長女が第一子を出産して、嫁ぎ先に戻る時に言った言葉にハットさせられました。


 「向こうに帰ってからも、分からないことや困ったこと、迷ったら電話するから教えてね。」


 そんな娘に、


 「いちいち、私に聞かなくても、(嫁ぎ先の)周りの人に聞いてやって!」


 と、私。


 「違う。自分の親だから聞きやすいから聞くんじゃないよ。私が育ててもらったようにこの子を育てたいから聞くんだよ!」


 母親冥利につきる言葉ですが、内心、山のような懺悔が頭をよぎり穴があったら入りたいくらいでした。


 でも、その時、思ったんです。


 子育てって、良い大学に行くとか、どういう仕事につくとかではなく、親として次の世代をどう育てられる人間になるかではないかと・・・。


 我が子が親になったとき、どんな子育てをする親になって欲しいのかを想像しながら子供と向き合ってみれば、すこし冷静に考えられるかもしれませんね。



 長々と、お付き合い頂きありがとうございます。


 最後まで読んで下さってありがとうございます。


 それでは、また。


 ヽ(*´∀`)ノ



 


 
プロフィール

Aromain

Author:Aromain
ようこそ、Aromainのブログへ。
鳥取県米子市で、「一年中、元気で笑顔のお手伝い!」をモットーに活動しているアロマセラピストです。。
大地のエネルギー=クレイテラピー、植物の力=アロマテラピー、植物の魂=イドロラテラピーのほか、クラニオセイクラルセラピーのお手当ても取り入れたトリートメントをしています。
おひとりお一人の「今」に向き合い、寄り添うことを大切にしています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード