FC2ブログ

癒しのローズウォーター♡

こんにちは。



ご訪問、ありがとうございます。



Aromain(アロマイン)アロマセラピストの牧田聡江です。


連休前半、いかがお過ごしですか?



良いお天気が続きましたから、各地のイベントなどはにぎわったんでしょうね。。



一方で、鳥取県では、大気汚染物質PM2.5の濃度が環境基準値をこえるという注意喚起もされていました。


アレルギーなどのある方には、ちょっと心配なこともあったかもしれませんね。



サロンには、年度初めの環境変化などでお疲れの方が



「とにかく、疲れています・・・・。」



と、やっとたどり着いたようにいらしたり・・・・。



ゴールデンウィーク後半のためにエネルギーチャージだったり・・・・・。


以前は、前者のような感じで来られることの多かった方が、今年に入ってからアロマフランス社製のローズウォーターを使い始められたところ・・・・。



「すごくイイ!」



と、後者でいらっしゃいました。



化粧水として使うのはもちろんの事、スプレー容器に入れて常に持ち歩くように・・・・。




すると、「チョット、いやだな。」というところに行っても、自分の顔の周りにシュッシュっと、スプレーをするだけで楽になるんだそうです。




仕事帰りにも、車の中にシュッシュとすれば、疲れも吹っ飛んで夕食の支度も億劫じゃなくなるとか・・・・。




「とにかく、すっごくイイですよ。」



と、話される表情がはつらつとされていて、聞きながら嬉しくなりました。




ローズウォーターには、清涼作用、抗菌作用、抗痙攣作用、抗不安作用、神経強壮作用などのほか、ホルモンバランスを整えたり食欲を調節したり、多幸感を与えたり、気持ちを穏やかにする作用や特性があります。



乾燥肌の収斂や強壮、皮膚アレルギーの緩和、湿疹や目の炎症、赤ちゃんのケアにも使えます。




そんなローズウォーターですが、どれも同じではありません。



あえてアロマフランス社製と、書いたのには意味があります。



多くの場合、ハーブウォーターは精油を抽出した時の副産物扱いですが、アロマフランス社製のローズウォーター(アロマフランス社製のハーブウォーターは全て)、ハーブウォーターのためだけに蒸留されています。



そして、アロマテラピーのテキストなどにも、ほとんどの場合、ハーブウォーターは精油抽出時の副産物とされています。



実際に、蒸留されている業者さんも精油の抽出に主眼をおいた蒸留をされているところがほとんどです。



そうすると、より多くの精油を抽出するために高温や高圧力を加えることになり、ハーブウォーターの品質は二の次となるわけです。



ハーブウォーターのためだけに蒸留するということは、植物にストレスがかからないように細心の注意を払い、植物の魂を頂くという事なのです。



欲張ることなく、1kgの植物から抽出するハーブウォ―ターは1kg。



常に、1:1なので、一般に出回っているものに比べると濃度も純度も違うのです。



添加物もなければ、精油を入れて香りを調整したりもしていません。




だからこそ、人の心にも身体にもす~っと、浸み込むように働きかけてくれるのだと思います。




癒しのローズウォーター、ゴールデンウィークも大活躍です。




最後までお読みくださって、ありがとうございました。




♡心から感謝♡



テーマ : 癒し・ヒーリング
ジャンル : 心と身体

ローズウォーターの効能!?

こんにちは。



ご訪問、ありがとうございます。


Aromain(アロマイン)アロマセラピストの牧田聡江です。



以前から使っていたローズウォーター(アロマフランス社製)ですが、最近、新たな効果を感じています。

DSC_0672.jpg

ローズウォーターには、清涼作用、抗菌作用、抗痙攣作用、食欲調節、抗不安作用、神経強壮作用などのほか、ホルモンバランスや感情と精神のバランスを整える、あるいは、多幸感をもたらすといった特性があるとされています。

乾燥肌の収斂や強壮、皮膚アレルギーの緩和、湿疹、目の炎症や痛み・疲れ、乳児ケアなど美容のみならず、広範に有用と考えられています。

電磁波の影響を受けやすい人は、ローズウォーターをスプレーするだけでも、随分楽になったりします。



今の季節、花粉症などアレルギー症状でお悩みの方には、ローズウォーター(ヤグルマソウウォーターも)で目のコットンパックが、お勧めです。


そんなローズウォーター、ここまでは通り一遍の知識だと思いますが、最近、これに加えて感じている事があります。



それは、92歳になった母の事です。



認知症ではないものの、物忘れが多くなって、お医者様によれば年相応で病気ではないと言われたのですが、不都合なこともちょいちょいおきてきました。



何かを聞いても



「わからん。」


とか


「しらん。」



とか言うことが多くなってきて、どうしたものかと思っていました。



何か新しいものを、毎日の暮らしに加えることはなかなか難しく、一人暮らしでも継続できるものはないかと考えていたところ・・・・。



化粧水をローズウォーターに代える。



ただそれだけのことですが、使い始めて2週間余りですが、少し会話の内容が変わってきたように感じています。



「睡眠中にローズの香りを嗅ぐと記憶が定着しやすい」という記事が、話題になったことがありますが、そういうことなんでしょうか・・・・。



いずれにしても、表情も声のトーンもしっかりしてきたように思います。



化粧水なら、朝晩、必ず使うものですから一石二鳥ですね。



母が一人で出来て、なおかつ継続できること、そして何より、本人がローズの香りを好んで使っているところが、功を奏しているようです。



そんなことを友人に話したら



「そういうことなの!?私も、化粧水をローズウォーターに代えてから、計算を間違えなくなったと思っていたんだけど・・・。」



と意外な反応にビックリ!



ローズウォーターのこういう効果を、すでに感じておられた方がありました(笑)。



あらためて、やっぱりそうなんだ・・・・・という思いです。






今日も、最後までお読みくださって、ありがとうございました。



♡心から感謝♡









テーマ : 心と体にいいことはじめよう!
ジャンル : 心と身体

国産ベチバー蒸留体験

こんにちは。


いつも、ありがとうございます。



Aromain(アロマイン)アロマセラピストの牧田聡江です。


先週は念願かなって、国産ベチバー蒸留体験に、福岡県八女市星野村に行ってきました。



ベチバーといえば、インドなどの熱帯地方原産のイネ科の植物ですが、同じイネ科のレモングラスやパルマローザとは異なる独特で濃厚な香りです。


香り成分は根っこを蒸留して抽出します。


濃厚で豊かな芳香は、土を思わせるようなスモーキーな香りで、ベースノートとして有名な香水にも利用されています。


そのベチバーを「国産ベチバー」として栽培、研究、蒸留、商品化・・・・と、まさしくベチバーの根っこのようにしっかり地域に根を張る活動をされているのがSA no SAの、片山恵理さんです。


地域を巻き込んでの蒸留会企画も、その一端だと思います。



福岡県八女市星野村。



到着したのは、築260年という茅葺きの家屋に隣接する古民家。



庭で火を焚き、こんにゃく作りの真っ最中。

   DSCPDC_0002_BURST20171117104353475_COVER.jpg


   DSCPDC.jpg


ウエルカムドリンクではなく、ウエルカムこんにゃく(笑)。


出来立てのこんにゃくにお醤油と唐辛子で頂きましたが、あまりの美味しさにおかわり続出でした(笑)。



こんにゃくで和んだあとは、ベチバーの畑へ・・・。

   DSC_0268.jpg

   DSC_0267-1.jpg



深くぎっしりと張った根は、地上部を刈ってから機械で掘り出され、泥を落として洗って、乾燥させてから、蒸留されます。



細く密集した根っこは、洗いすぎると大切な成分が水に溶けだしてしまうので、とても繊細な職人技なのだそうです。



そうして、やっと蒸留です。

   DSCPDC_0001_BURST20171117130119348_COVER.jpg



   DSC_0280.jpg


真空状態で加熱する減圧蒸留法をされていて、素材を痛めることなく精製したベチバーウォーターは優しくとてもふくよかな香りに仕上がっています。



高い温度と加圧して蒸留したモノのとは、まったく別物です。



ベチバーの栽培から、掘り起し、洗いまでされている方にもお会いしました。


ベチバーが育っているところは、空気も水も清らかで、そこに住む方々も穏やかで優しくて、お互い助け合って、自然な笑い声の中に暮らしておられました。



風の音も風の匂いも、鳥の声もせせらぎの音も、こんにゃくをゆでる匂いも、ストーブにかけたおでんの鍋から上がる湯気も、何もかもが、訪れた者たちを自然に迎え入れ、もてなして頂きました。



こうした自然に囲まれた環境の中で、しっかりと根を張って助け合いながら生きる方々との出会いが、国産ベチバーのベースを作っているのだと思いました。


「おもてなし」という言葉が、流行語のように使われたりもしましたが、おもてなしの真髄を見た思いです。



1泊2日のリトリートは、まだまだ続きますが、この続きは、また次回。




今日も、最後まで読んで下さって、ありがとうございました。




♡心から感謝します。♡






テーマ : 幸せに生きる
ジャンル : 心と身体

国産ベチバーとの出会い

こんにちは。


ご訪問、ありがとうございます。


鳥取県米子市Aromain(アロマイン)アロマセラピストの牧田聡江です。



先日、アロマフランスで開催された、夏季セミナーに参加してきました。


今回の講師は、福岡県八女市でベチバーの蒸留をされているSAnoSAの、片山恵理先生。


片山先生は、バッチ博士のフラワーレメディでおなじみの、バッチ財団認定プラクティショナーでもあり、今回の講義はフラワーレメディを中心に、八女でのベチバーの栽培から蒸留までのいきさつ、試行錯誤の中で様々な考察と研究、開発により商品化へのエピソードまで、とても興味深いお話をたっぷりお聞きすることができました。


講義と並行して、そのそばでは4台の蒸留器で、ドミニック先生が4種類のハーブ(ベチバー、プチバーム、ローズゼラニウム、アオモジ)の蒸留を同時進行。


  DSC_3503.jpg


  DSC_3504.jpg



時間と共にハーブを蒸留する香りが、部屋の中に広がり、その場に居る、ただそれだけで、幸せな時間・・・・。



芳香蒸留水をとるために、優しく優しくゆっくり蒸留した後の植物は、絞った後のカスのような感じではなく、エネルギーを次に
渡して仕事を終えたようなたたずまいに見えました。

  DSC_3500.jpg


  DSC_3501.jpg


蒸留後のプチバームの葉っぱをみたら、思わず1枚、手のひらに載せて、「ありがとう!」という気持ちになりました。。



いつもドミニック先生が、アロマフランスのイドロラの生産者の方々を、一人一人が、植物への敬意と感謝をもって、植物と共に生きる素晴らしい人たちだとおっしゃっているのが、よくわかりました。




フラワーレメディの講義の後は、自分のためのレメディ作り、更に、出来立ての芳香蒸留水でジェル作りなどなど・・・・盛りだくさんのワークショップタイム。

  


蒸留のお話は、今まで自分の中で疑問に思っていたことが、ひとつひとつ紐解かれていき、点と点がつながって線になり、面になり、全体像に出会えたような瞬間でした。


そして、何よりも国産ベチバーの実物に触れ、蒸留の過程に立ち会い、出来上がった芳香蒸留水を体感できたことは、何物にも代えがたい体験でした。



ベチバーウォーターは、精油の香りよりも軽やかで、やさしく心にもお肌にも、す~っと入っていく感じでした。


蒸留した後のベチバーの根も、サンダルウッドを連想するような、とてもいい香りでした。



イドロラ(芳香蒸留水)は、ほとんど禁忌なく使えるので、精油が強すぎて使えない人にも安心して使える素材ですが、今回、あらためて、それを裏付ける各種試験データも紹介され、「赤ちゃんや、免疫力のおちた病気の方や、お年寄りにも安心して使うことが出来る」ことを証明されている姿勢にも、感銘を受けました。



そして、イドロラを買い求める際には、phを確認することも大切だとおっしゃっていました。



その片山先生が、アロマフランスのイドロラは、「本当に素晴らしい!」と、おっしゃったのも、ドミニック先生が、片山さんのベチバーに惚れこまれたのも、納得のセミナーでした。



片山先生の国産ベチバーウォーターの消臭能力は、病院や介護施設などで認められる実力で、ジワジワと広がりをみせているようですし、殺菌・保湿といった効果は、ニキビやアトピーといったお悩みのスキンケアとしての実力を発揮しています。



植物と真摯に向き合い、根気強く研鑽を重ねて来られた片山先生のお人柄が、商品のひとつひとつに表れていて、感動の出会いでした。



ベチバーのハーブティも、今回、初めて頂きました。


  DSC_3508.jpg



昨日から、ゆっくり水出ししたベチバーティーを楽しみながら、セミナーの余韻を楽しんでいます(笑)。




植物への敬意と感謝を、あらためて心に誓う一日でもありました。






今日も、最後までお読みいただき、ありがとうございました。



♡心から感謝♡




テーマ : 感謝をこめて
ジャンル : 心と身体

クレイ足浴にも洗顔にもユズウォーター

 こんにちは。


 いつも、ご訪問ありがとうございます。


 急に寒くなってきましたが、お変わりありませんか?


 先日来ご紹介しています、ユズウォーターをおすそ分けした方から、ご感想を頂きましたのでご紹介します。


 ユズが大好きな小学生の女の子。


 ユズをぷかぷか浮かばせるユズ風呂が大好きだと聞いていましたが、お裾わけのユズウォーターを入れた柚子湯も


 「良かった~。温まるし、イイ香りだし~!」


 とのこと(*゚▽゚*)。


 そして、クレイテラピストのお一人は・・・・。


 「クレイパックにも足浴にも、牧田さんに聞いたように使ってみたけど、ホント、良かったわ~~~~。思った以上にイイ香り~・・・。」


 また、別のクレイテラピストさんは


 「早速、イエローイライトとユズウォーターで洗顔してみました。しっとりして、キメが細かくなって美白!香りもイイし、最高です!」


 などなど。


 サロンのお客様は、足浴にもパックにも使用させて頂いていますが、ことのほか好評です。


 チャイルドマッサージのお客様まで、


 「あの足浴がした~い!」


 と言い、エンヴェロップメントをしてからの足浴(もちろんユズウォーターを使ったクレイペーストです)の心地よさにすっかりリラックス・・・・。


 実は、チャイルドマッサージの待ち時間を利用して、お母様はクレイ足浴・・・・というのを見てたんです。


 ユズの香りも良いし、気持ち良かったんでしょうね。


 「今日も、アレしたい!」


 と、クレイ足浴&足首・足裏パック&チャイルドマッサージ・・・・のスペシャルメニューをオーダー。


 まさに極上チャイルドコース・・・・です。


 柔らかな柚子の香りのリラックス効果も、かなり実感していますね・・・。


 このユズウォーターは、減圧水蒸気蒸留法で抽出されているので、沸点が低く抑えられていて、熱の影響が少なく、香りがピュアなものに近いように感じます。


 蒸留されている赤松産業さんが、試行錯誤を重ねてこられた賜物です。


 飲みたくなるような香りです。


 個人的には、うがいの時に少しいれてみようかな・・・・と、今、考えています。


 自然からの贈り物・・・・大切に使わせて頂いています。



 今日も、最後まで読んで下さってありがとうございます。





プロフィール

Aromain

Author:Aromain
ようこそ、Aromainのブログへ。
鳥取県米子市で、「一年中、元気で笑顔のお手伝い!」をモットーに活動しているアロマセラピストです。。
大地のエネルギー=クレイテラピー、植物の力=アロマテラピー、植物の魂=イドロラテラピーのほか、クラニオセイクラルセラピーのお手当ても取り入れたトリートメントをしています。
おひとりお一人の「今」に向き合い、寄り添うことを大切にしています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード