FC2ブログ

ガイドヘルプ講座

 こんにちは。


 いつもありがとうございます。


 昨日は、ガイドヘルプ講習会に行ってきました。


 20数年前、日本赤十字社鳥取県支部主催の「点訳・朗読奉仕員養成講座」の、朗読部門を受講したのがきっかけで、読み聞かせの活動を始めました。


 
 視覚障害者のための朗読ボランティアを養成するという名目の講座ですが、視覚障害とはどういうことなのかを知らなければ・・・・・ということで、当時も、実技講習を受けました。


 その後も、「点訳・朗読奉仕員養成講座」は毎年開催されていますが、今回、ガイドヘルプ講習会をされると聞いて、参加させて頂きました。



 20数年前に受けたときは、座学よりも実技が主だったように記憶しています。


 あの時は、トイレ介助の実習に戸惑い、見えないことの現実に衝撃を受けました。


 それ以来、視覚障害の方が困っておられるような場面に出くわせば、なるべく声をかけたり、聴覚障害の方と近くになれば手話でお話したりということに、心がけてきました。



 昨日の講習会は、改めて視覚障害とは・・・というところから、情報を提供する目的や順序、移動をサポートする場合の安全と効率性など、具体的でとても分かりやすいお話でした。


 たとえば、どこかの窓口で何かを訪ねたい、手続きをする、あるいは支払いをする・・・・そんな時、相手の方と視覚障害の方が正面に向き合うような位置になるようにして、ガイドは少し下がって見守る。または、直接、声をかけやすくするように、ガイドは相手の人と視線を合わせないようにする。


 代筆、代読、食事介助、トイレ介助・・・・・などなど。


 様々な場面での支援方法を学びました。



 そして、二人ひと組での実習は・・・・。


 アイマスクをした人(視覚障害者役)に、1枚のチラシを伝える・・・・のですが、ここで、伝える情報の内容とその順序を考えながら、写真説明などを交えながら1分間で行うというもの・・・・。


 私は、女子会プランのチラシでした。


 情報を順序よく組み立てて分かりやすく、金額や時間、料理の内容や品数、サービスポイントなど・・・・。


 普段、なにげに見ている広告も、いざやってみると、なかなか骨が折れます。


 視覚障害の様々な状態を擬似的に作った眼鏡をかけて、視野狭窄や、明かりだけを感じる状態などを体験しました。



 私たちは視覚から入ってくる膨大な情報によって、当たり前だと思っている生活をしているのだということをあらためて実感しました。


 何となく分かっているような気持ちで生活するのではなく、現実を知り、社会の一員として自分にできることを考え、行動しなければ・・・という思いを強くした講習会でした。



 困っている人を見て、どうしていいか分からず何もできないなんてことのないよう、かといって気負わず、自然に声をかけ、寄り添いお手伝い出来る大人でありたいと思います。



 当たり前のことですが・・・・。




 今日も、最後まで読んでくださって、ありがとうございます。




ボランティアいろいろ・・・

 こんにちは。


 ご訪問、ありがとうございます。



 慌ただしく時間がすぎてしまい、気がつけがもう立冬を過ぎ、冬の足音に耳をすませる頃に・・・。



 先月は、台風で大きな被害の出た伊豆大島から目が離せない日が続きましたが、その後の様子が気になります。



 そこで、いつも「生の椿油」でお世話になっている株式会社椿さんのブログ、伊豆大島カメリアちゃん日記をのぞいてみました。



 自衛隊の方々も、徐々に少なくなり非常事態からは抜け出したものの、やはりそこに暮らされる方の生活が元通りになるには、当然のことながら、まだまだ時間がかかります。



 地元の中学生がボランティアに参加して、かなりの戦力になっている様子が書かれていて、胸が熱くなりました。



 彼らの行動が、人手としてだけでなく島を支える大きなパワーになっているようで、頼もしく感じました。



 ボランティア・・・・。



 さまざまなボランティアがありますよね。




 ふと、自分に何ができるのかを、問うてみる・・・。



 今まで、自分が関わってきたボランティア活動はどうだったのだろう・・・。



 読み聞かせ、手話通訳、車椅子介助、お年寄りの方へのアロマトリートメント、交通安全の広報活動・・・・・などなど。




 今でも忘れられないボランティアは、介護保険などまだなかった頃(障害のある方の施設では、ショートステイが始まっていました)、ある施設の文化祭で、車椅子介助(車椅子を押して、移動をお手伝いする)をした時の事です。



 私が担当したのは、60代後半の男性でした。



 その日は、文化祭が開かれていて、建物の内外で、催し物や展示などが行われていました。入所されている方のご家族もたくさん来られ、賑やかな秋の日、ちょうど今頃だったと思います。



 「どこに行ってみましょうか?」とか、「あそこで面白そうなゲームやってますから見に行ってみましょうか?」「・・・・・?」



 いろいろ誘っても、その方は、



 「どこにも行かなくていい。」



 と、沈んだ声。うつむいたまま、自分の部屋に戻るとおっしゃるのです。



 せっかくだからともう一度誘ってみると・・・。


 「俺なんか、家族のお荷物だから・・・。どうぜ・・・・俺なんかいない方がいいんだ・・・。」



 と、泣き出されてしまいました。



 今のように、介護保険もなく、デーケアとかショートステイといった言葉も一般的ではなかったと思います。



 ご家族は、何か留守をしなければいけない用事があったのかもしれませんし、もしかしたら、いつも家にばかり居るから文化祭を見せてあげたかったのかもしれません。



 が、彼にとっては家族から見放されたような寂さや心細さでいっぱいだったのでしょう。



 その時・・・。



 私がしたことは、ただただ背中をさするだけでした。それしかできませんでした。



 自分の無力さ、未熟さにどうしようもない思いでした。



 20年近く前の事ですが、いまだにあの時の事を思い出すと、人の心に寄り添うとか相手の気持ちになって考えるって本当に難しい事だと考えさせられます。



 あらためて、伊豆大島の中学生の皆さんが、眩しく見えます。





 今日も、最後まで読んで下さってありがとうございます。



 それでは、また・・・・。




(*^。^*)




プロフィール

Aromain

Author:Aromain
ようこそ、Aromainのブログへ。
鳥取県米子市で、「一年中、元気で笑顔のお手伝い!」をモットーに活動しているアロマセラピストです。。
大地のエネルギー=クレイテラピー、植物の力=アロマテラピー、植物の魂=イドロラテラピーのほか、クラニオセイクラルセラピーのお手当ても取り入れたトリートメントをしています。
おひとりお一人の「今」に向き合い、寄り添うことを大切にしています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード