FC2ブログ

関節リウマチの基礎知識

こんにちは。


いつもありがとうございます。


先日、仕事の合間をぬって「公益社団法人日本リウマチ友の会 鳥取支部大会」の医療講演を聞きに行ってきました。


講師は、鳥取大学医学部付属病院整形外科 助教 柳楽慶太先生と、同リウマチケア看護師 浅井敦子先生のお二人でした。


仕事の都合で、最後までお話を聞くことができなかったのが残念です。


リウマチといえば、 自己免疫疾患。


関節リウマチは、関節の骨膜に炎症が生じて、多くの関節に痛みや腫れがおこり、炎症が長期間続くと関節が変形し日常生活に支障をきたす病気です。

関節リウマチの症状は、いわゆる関節炎だけにとどまらず、内臓、血管、皮膚といった関節以外にも症状が現れます。


有病率は、100人に1人程度で、男性の4倍と圧倒的に女性が多いのだそうです。


原因は、遺伝や環境が複合的に関与して発症すると考えられており、体内の炎症性物質(炎症性サイトカイン・抗炎症性サイトカイン)のバランスが崩れた状態です。


関節リウマチの関節は、炎症を起こし徐々に壊れていく「関節破壊」をひきおこします。この関節破壊が進行すると、日常生活に支障をきたします。



関節リウマチの治療は長期にわたり、QOLの向上を目標に進められるのだそうです。


治療は、基礎療法、薬物療法、手術療法、リハビリテーションの4本柱ですすめられます。


最近では、関節破壊は、従来考えられていた以上に進行が速いことが分かってきましたが、近年、生物学的製剤が登場し、関節症状が劇的に改善されたと、およそ9割の患者さん(鳥取大学医学部付属病院で受診中の患者)が実感しているという調査結果も報告されました。


患者さん向けに、日常生活の注意点など具体的な話が盛り込まれ、聞かなければ気が付かなかったことがいくつもありました。



お客様の中にも、リウマチの患者さんがいらっしゃいますが、こういう勉強会に参加することで、より理解を深め、寄り添えるセラピストでいたいと思いました。


重ね重ね、最後までいられなかったのが、心残りです・・・・。



今日も、最後まで読んでくださって、ありがとうございます。


益々奥深いクレイテラピー

 こんにちは。


 いつもありがとうございます。


 クレイのホントの事が知りたい一心で探し、たどり着いたアロマフランスのドミニック先生。


 ドミニック先生のもとに通い始めて、まる3年になります。


 クレイテラピストを目指した「クレイ完全講座」。


 イドロラ(芳香蒸留水)講座をはさんで、アロマフランス認定クレイテラピー講師の講座を受講。


 伊豆で開催された「癒しフェスタ」に、アロマフランスチームでドミニック先生と9人のクレイテラピストが参加しました。


 講座での学びに加えて、全国各地で活躍中のテラピスト仲間との活動は、刺激もあり学びもありとても充実した体験でした。


 クレイテラピーでは、身体をどのように見ていくのか・・・・。


 基本的には、西洋医学的な、解剖・生理学からですが・・・・。


 心身両面から看ていくと、陰陽五行説という方法もありますよね。


 東洋医学的なアプローチ・・・・。


 昨年、新たに開講された「ブラッシュアップ講座」では、さらにそれらを違った視点から読み解いたり、深めたりということをしてきました。


 経絡、チャクラ、エネルギー、波動・・・・などなど。


 身体に表れている症状を、心と身体の両面から読み解きながら、ホリスティックにアプローチしていきます。


 経絡やチャクラからのアプローチや、クレイの選び方など、目からうろこの事がいっぱいでした。


 クレイテラピストで学んだことが基本となりますが、ブラッシュアップ講座を終えて、益々、クレイテラピーの奥深さに興味津々です。


 ものは試しとばかり、このところの変な腰痛というか違和感が、チャクラからのアプローチでクレイパックをしてみたら・・・・。


 え~~~~!ホントに?


 という・・・・・ウソみたいになくなりました。


 ・・・・・。


 クレイの新しい使い方に出会ったような衝撃でした。



 講座最終回の日、同期の皆さんとドミニック先生を囲んで記念撮影!


 こんなことも、いつもいつもあることではないんですよね。

     DSC_1004.jpg

 また、素敵な仲間ができました。


 クレイテラピーの素晴らしさを、是非、お伝えしたいという思いを強くして帰ってきました。


 米子で、この春から、アロマフランス認定クレイテラピスト(受験資格)への講座を開講しますよ~。春から新しいことを始めようとお考えの方、是非、ご検討下さ~い(^^)/。



 今日も最後まで読んでくださって、ありがとうございます。


 よい一日になさってくださいね。


       


 

ご縁で繋がった経絡

 こんにちは。


 いつもありがとうございます。


 昨日は、経絡の勉強会に参加してきました。


 鳥取まちゼミ2015のイベントでオーガニックスタイル水越屋さんが開催されました。



久しぶりに鳥取市に出かけるということで、駐車場やランチのお店を前日、少しだけ調べていたんですが、結局、カーナビを使うことなくカン?だけでたどり着くという、いつものパターンです。


 迷うことなく、近くの駐車場をすぐに見つけて、すんなり入庫。



 水越屋さんに、先ずはご挨拶・・・・・。



 と、その時、一足先に入って、お店の方と一言二言交えて出て行かれた方がありました。



 それに続くように、お店の方にご挨拶をして、講座までの時間にランチ・・・・と、外へ。


 すぐ前に・・・・。

        DSC_0743.jpg

        DSC_0744.jpg

 すみませんm(_ _)m


 テレビを見てなくて・・・。


 どうやらケンミンショーで紹介された、鳥取の名店だそうです。



 そんなことを知らずに入ったら、テーブルがひとつだけ空いていて、一足先に入られた男性がどこに座ればいいか?お店の方とアイコンタクト?中。


 タイミングがタイミングなだけに


 「お二人ですか?」


 と、聞かれ、二人同時に


 「いえ、一人です。」


 「それじゃあ、相席でお願いします。」



 と、言われて座ったのですが、何と、この方、先ほど水越屋さんでニアミスした方のよう・・・。


 「さっき・・・・。米子からっておっしゃっていましたよね(水越屋さんで)。僕、今日の講師です!」


 と、ミラクルなご縁で、ランチをご一緒することになり・・・・。


 いきなり、世間話ではなく、経絡のお話が始まりました。


 惜しげもなく、気さくに次から次へと・・・・・。

 テレビでも紹介された、オムライスカレーを頂きながら・・・・(´~`)モグモグ。

        DSC_0741.jpg  


 私が7割くらい食べたあたりで先生のお皿に目をやると、まだ半分も食べてない・・・・くらい、お話をしてくださっていました。
     

 実はこの方、自然食品会社のキャリア30年越えの営業マン。


 ご自身が病気をされたのをきっかけに、5~6年かけて独学で勉強されたのだそうです。


 そして、お仕事柄、自然食品を扱われているので、食と健康はライフワークでもあり、お話は多岐にわたります。


 そのお話は、分かりやすくて楽しくて、とっても具体的でした。


 講座が始まると、更にパワーアップ!



 たとえば・・・。



 冷えは万病の元ということから(体温と免疫力の関係)・・・・。


 人のパワーを電気で表すと、子供は9ボルト、大人は5ボルト、年齢を重ねたり病気になったりするとそれは小さくなっていき、「死=0(ゼロ)」となる。


 それではどうすれば良いのでしょう・・・・。(温めるのが一番ですが・・・)


 子供(体温が高い)を抱くと良いというのです。


 昔は家族が多くて、子守はお年寄りの役割だった・・・・・。


 お年寄りは、そうして子供からパワーをもらって充電していた。


 子供がいなかったら・・・・?


 ・・・・猫を抱く!?



 猫の体温は39度前後あるんだそうです。(「ウチの猫の体温測ったんです。うちの猫は測らせてくれるんですよ~」と、おっしゃっていました。)


 爆笑 (^0^)) 爆笑



 20人近い受講生は身を乗り出して、時にツボの場所を話されると、その場所にマジックで書いてもらおうと、腕を出し、足を出し・・・・される方があり、その度に盛り上がりました(笑)。



 先生も、自分の身体を使って、経脈や経穴を熱心に説明され・・・・。



 気が付けば、講座が終わる頃には、こんな感じ・・・・。


        DSC_0745.jpg


 2時間の予定が、2時間半を過ぎても終わらないほどの盛況ぶりでした。



 身も心もほぐされて、家路につきました。



 
 今日も最後まで読んで下さって、ありがとうございます。



 またのお越しを、お待ちしております。


 ヽ(^^)(^^)ノ


レユニオン島に魅せられて

 こんにちは。

 ご訪問、ありがとうございます。


 昨日は、アロマ・フランスの春セミナーに参加してきました。


 昨年に続いて、レユニオン島から来日中のロハンス・プルシュ先生と、ドミニック先生のコラボです。


 ドミニック先生は、もちろんクレイのお話ですが、今までにない切り口で、あっという間の2時間半でした。


 ロハンス先生は、レユニオン島大学保健衛生教育・研究部助教授であり、植物学や民俗学の権威でもあります。


 そもそもレユニオン島というのは、アフリカ大陸の東に位置するマダガスカルの更に東およそ1000キロに浮かぶ島です。


 アロマテラピーで使うゼラニウム精油の中で、「ゼラニウム・ブルボン」と、名乗れるのはこのレユニオン島産のものだけ・・・・といわれる貴重な精油の産地です。


 そう、憧れのゼラニウム・ブルボンの島なのです。



 昨年、レユニオン島からいらっしゃると聞いて、勝手に正真正銘のゼラニウム・ブルボンに会える・・・・と、思い込んでいました。


 が、実は、自然豊かなレユニオン島でも、精油は高価なものであり、植物を使った伝統医学が重んじられる島では植物は煎じ薬などの形で用いられることが一般的だと知りました。


 ちょっと、残念でしたが、数百年かけて独自の伝統医学が構築された歴史などをお聞きし、自然とともに生きてきた人々の暮らしを知ることができました。


 今年は、ゼラニウム・ブルボンの香りを期待することなく、純粋に、ロハンス先生のお話をとても楽しみにしていました。


 昨年のお話を聞いていたからこそ、深く理解でき、また、レユニオン島を近くに感じられるセミナーでした。


 まだ、東京会場での開催がありますので、セミナーの内容は詳しく書くことはできませんが、自然との営みの中で、人は癒されてきたことが、ドミニック先生のお話の中からも説かれていました。

     DSC_0025[1]


 今後、クレイのお話をするにつけ、人の心と身体の事を語るにつけ、とても深いお話を聞くことができ充実した研修と、クレイテラピスト仲間との久々の再会に、楽しい時間を過ごすことができました。



 
 臨時休業により、お客様には大変ご迷惑をお掛けして、申し訳ありませんでした。たくさんの問い合わせのお電話を頂いており、嬉しさと申し訳なさでいっぱいです。


 昨日、お電話下さったお客様からは、今日の夕方までに全て、ご予約のお電話を頂きました。


 ご理解とご協力、本当にありがとうございました。



 今日も、最後まで読んでくださって、ありがとうございます。


ブラッシュアップ!

 こんにちは。


 ようこそAromainのブログへ。



お店を初めて、早4年。5年目になりました。


 開店当初から、常にブラッシュアップを心がけてはきましたが、どうしても短期集中か、単発の形になってしまい、ずっと「これでいいのか?」の思いを抱えてきました。



 そこで、ここらで腰を据えてじっくり時間をかけて掘り下げていく勉強をしてみようと・・・・思います。



 内容については、おいおいに・・・・。



 そんなわけで、久々の大阪通いが始まりました。




 定休日以外にお休みさせて頂く日もあり、ご迷惑をおかけしますがよろしくお願いします。



 さしあたっては、5月3日(金)~5日(日)は休業させていただきますので、どうぞよろしくお願いします。



 5月2日が木曜日なので、2日~5日まで休業となります。


 
 更なるサービスの向上で、よりご満足頂けるよう頑張ります。



 どうぞよろしくお願いします。





 
プロフィール

Aromain

Author:Aromain
ようこそ、Aromainのブログへ。
鳥取県米子市で、「一年中、元気で笑顔のお手伝い!」をモットーに活動しているアロマセラピストです。。
大地のエネルギー=クレイテラピー、植物の力=アロマテラピー、植物の魂=イドロラテラピーのほか、クラニオセイクラルセラピーのお手当ても取り入れたトリートメントをしています。
おひとりお一人の「今」に向き合い、寄り添うことを大切にしています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード